他薦リンクス(他薦Links)の画期的な事業戦略とは?

こんにちは。

皆さんは、スカウトヘッドハンティングという仕事をご存知でしょうか?
ヘッドハンティングとは、会社で現在活躍している方を、他の会社へお引き合わせする仕事です。
今回は、そのお引き合わせの手伝いを一般人ができるサービス、他薦リンクスについて記載していきます。

このサービスの事例に興味がある方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

他薦リンクス株式会社とそのサービスとは?

他薦リンクスは、他薦リンクス株式会社が運営しているサービスです。
このサービスは、一般ユーザーが才能を持つ第三者を他社に推薦できるサービスになっております。

例えば、あなたの知人で、今とは違う仕事がやりたい人、経験を活かして新しいことにチャレンジしたい人、持っている才能が活用できる仕事を探している人などがいれば、他薦リンクスを通じて他社に紹介できます。

推薦するためには紹介したい第三者の許可が必要ですが、
企業と被紹介者を繋ぐ方との個別面談や被紹介者に関心を示す企業への移籍が成立すれば謝礼がもらえる仕組みとなっています。
弁護士監修のもとで運営しているサービスなので、法律上に問題なく、また厚生労働省の確認も済んでいるので、安心して利用できます。

 

 

他薦リンクスの事例

他薦リンクスの実績や評判はどうなっているのでしょうか?
この項目では他薦リンクスの事例をピックアップしてご紹介します。

Y.Yさんの事例

Y.Yさんは一般商業施設やエンターテイメント施設において、デジタルサイネージや内装施工、照明などの企画、クライアントへの提案、納品までワンストップで行ってきた方でした。

営業では売上トップとMVPを獲得しております。

前職でデジタルサイネージの市場開拓を進める中、その分野が空間創造に活用できると考え、新しい価値を創造したいと考えて転職を決意します。

そこでエージェントより映像制作を手掛ける会社の案件を紹介してもらいました。
先方の求める人物像にY.Yさんは適しており、また彼も面談を重ねるうちに魅力を感じ、社長の描くビジョンに共感して移籍を決意します。

現在はプロデューサーの立場で企画の推進・管理、チームマネジメントなど多忙でありながら、充実した仕事を実現しているようです。

K.Iさんの事例

K.Iさんは経理部の部長と経営企画室の室長を兼任していました。
そんなK.Iさんが転職を決めたきっかけは、熱心に準備と続けていた韓国市場KOSDAQへの上場が承認されなかったことです。

ここで自分のキャリアに一区切りついたと思い、この先も見据えて企業を裏方で支える立場を目指すことを決意します。
そこで紹介されたのが「株式会社シュクレイ」で、今では有名なお菓子ブランドですが、当時は単体ではスタートアップ企業でした。

K.Iさんは自分のスキルが活かせるか不安であったものの、社長と面談したことで不安が消え、魅力に惹かれて移転を決めます。

移籍後は経営管理部長となり、バッグオフィスの全てを担っているそうです。

 

総括

ここまで他薦リンクスの概要、そして実績・事例をご紹介してきました。
他薦リンクスを通じた転職は、会社にとってだけでなく、スカウトを受けた人物にとっても良い影響をもたらしていると事例から感じました。

転職することで業務内容や年収が変わったりする点もありますが、それ以上に自分のやりたかったことや、やりがいを感じる仕事に巡り合えた人が多いようです。
このサービスは、人を紹介すれば必ずその被紹介者へ連絡がくるわけではございません。
また移籍についても、当然ですが強制する行為ではないのでじっくり検討して決定できそうです。

身近で転職に悩む人がいれば、許可を取って他薦リンクスで推奨してみてはいかがでしょうか?
その行動が一つの企業を救うキッカケになるかもしれません。