【企業分析】太陽光発電ファンドのソライチファンド、RSアセットマネジメント 、リオナス

こんにちは!
本日は、太陽光発電ファンドの企業分析を行っていきたいと思います。
皆さんは太陽光発電ファンドというとどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?
太陽光発電を活用した投資ファンドになりますが、どこも一緒というイメージを持っている方も多いかと思います。
しかし、それぞれの企業によって事業内容などに違いが見られるのです。
そこで今回は、太陽光発電ファンドの中でもソライチファンド、RSアセットマネジメント、リオナスの3社について事業内容や綺語規模・経営理念を比較し、今後の成長性について各社分析してみました。
太陽光発電ファンドに興味があるが、どんな違いがあるのか知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

①事業内容比較

ソライチファンド、RSアセットマネジメント、リオナスの3社は、主に太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーファンドを行っています。
具体的にどんな事業を行っているのか、事業内容を比較してみました。

■ソライチファンドの事業内容

ソライチファンドは、TK出資(匿名出資)を活用した事業型太陽光発電ファンドを実施しています。
TK出資とは匿名組合員となる複数人の投資家が事業者に出資し、その資金で営業や運用を行って発生する利益を分配するファンドです。
ソライチファンドは売電事業を行うためだけに、公認会計士を社員としたSPC(特別目的会社)を合同会社として設立し、特定の太陽光発電設備への出資を募ります。
投資された太陽光発電設備はSPCに譲渡され、パートナー会社となる株式会社ALLアセットパートナーズに貸し付け運用してもらいます。
その賃料収入から運営費用を差し引かれた利益が投資家に分配される流れでファンドを実施しています。
自ら運用する必要がないので知識がなくても投資することが可能です。
また、最低保証賃料と実績連動賃料をセットにしており、大部分を最低保証賃料に設定して安定化を図っているので、発電値が予想よりも下回っても原則賃料が支払われる契約となっています。
自ら年金を作る自分年金や、20年の長さを活用した教育資金の準備、環境改善など社会貢献投資として活用できます。

■RSアセットマネジメントの事業内容

RSアセットマネジメントはファンドストラクチャーの構築や運営管理を担うアレジメント事業と、TK出資を行うインベストメント事業を中心に事業を展開しています。
アレジメント事業では投資家の最大限の出資リターンを実現するために、社外弁護士・会計士のアドバイスとシミュレーション、投資家との協議により適切なストラクチャーを構築しています。
太陽光発電設備の設置候補地選びから設置、運用期中のメンテナンスは提携会社に委託されるので、売電事業を行うSPCは低コストかつ手間なく運用できます。
資産運用や設備メンテナンスなどの状況は透明性の高いレポートが作成されるので、投資家は常時提供されたレポートで状況確認が可能です。
インベストメント事業は太陽光発電設備を持つSPCにTK出資を行う事業で、ソライチファンドのように投資家は特定の案件に出資し、運用利益から分配金を獲得できます。
RSアセットマネジメントは上記の事業以外に、各再生可能エネルギー発電の用地交渉から運用までトータルでサポートしています。
また、市場調査や新規環境事業のスタートアップを支援するコンサルティング、アジアの環境・エネルギー問題の解決に向けた環境ビジネス、様々なエネルギー事業を展開しています。

■リオナスの事業内容

リオナスは太陽光発電設備を取得し、ファンドや太陽光発電設備に詳しい外部の法務・税務の専門家と連携し、適切なスムーキや税務戦略が立てられます。
設備の常時監視や定期検査はリオナスが実施し、管理状況は定期的に投資家へ伝えられます。
ファンドの性質に応じて売却戦略を立て、利益の最大化に適したタイミングで売却して投資家は利益を得るという仕組みのようです。
リオナスでは太陽光発電だけでなく、不動産ファンドも行っています。

それぞれの事業内容をご紹介しましたが、事業の幅やファンドの仕組みに違いがみられました。
ソライチファンドはTK出資となるので、太陽光発電設備を保有しない投資家が対象となっています。
一方、RSアセットマネジメントとリオナスは太陽光発電設備を保有して運用したいSPCが対象なのでしょう。
ソライチファンドとリオナスはファンドやアセットマネジメントに集中していますが、RSアセットマネジメントは再生可能エネルギー事業全般という点も大きな違いと言えます。
RSアセットマネジメントもメインはファンドやアセットマネジメントですが、発電所の開発や環境ビジネスのコンサルティングと、再生可能エネルギーの普及を促す事業も手掛けていることが分かりました。

②企業規模、経営理念比較

企業規模の大きさには違いはあるのでしょうか?
また、企業ごとに経営理念は異なるので、企業規模と一緒に3社を比較してみました。

■会社規模の比較

ソライチファンド、RSアセットマネジメント、リオナスの所在地はいずれもビルの1フロアとなっています。
自社の本社ビルを保有しているわけではないので、中小組織であると言えるでしょう。
資本金に関してはソライチファンドとリオナスは1億円、RSアセットマネジメントは2社の劣り5000万円となっています。
そうなるとRSアセットマネジメントが一番小さいと思うかもしれませんが、そうとは限りません。
それぞれの設立年を確認してみるとソライチファンドは2015年、リオナスは2018年となっており、RSアセットマネジメントは2013年なので3社の中では古株と言えます。
そうなると実績に大きな違いがあると言えるでしょう。
ソライチファンドは現時点で運用しているファンド案件は2件で、どちらも本社のある広島となっています。
リオナスは設立が直近ということもあり、現時点では運用実績は公開されていません。
一方、RSアセットマネジメントは現時点で全国78箇所に太陽光発電、風力発電、バイオマス発電の設備を設置している実績があります。
今まで北海道から九州まで広範囲で実績があるので、全国に対応できる会社と提携して事業を展開しているのだと考えられます。

■経営理念の比較

ソライチファンドは不動産投資の発展や信頼性向上を主な目的に事業を展開しています。
リオナスは良質なアセットマネジメントを提供することを経営理念にしていました。
どちらもファンドに特化した理念となっていますが、RSアセットマネジメントは少し違うようです。
RSアセットマネジメントの場合は「安全かつ安定した電力供給への貢献」を理念としており、あくまでも日本のインフラ改革に貢献することを目的にしています。
目先の利益だけを考えたアセットマネジメントではなく、安全な電力供給につなげていくことを考えて幅広く事業を手掛けているのでしょう。

③今後の成長性について各社を分析

企業規模の大きさには違いはあるのでしょうか?
また、企業ごとに経営理念は異なるので、企業規模と一緒に3社を比較してみました。

■会社規模の比較

ソライチファンド、RSアセットマネジメント、リオナスの所在地はいずれもビルの1フロアとなっています。
自社の本社ビルを保有しているわけではないので、中小組織であると言えるでしょう。
資本金に関してはソライチファンドとリオナスは1億円、RSアセットマネジメントは2社の劣り5000万円となっています。
そうなるとRSアセットマネジメントが一番小さいと思うかもしれませんが、そうとは限りません。
それぞれの設立年を確認してみるとソライチファンドは2015年、リオナスは2018年となっており、RSアセットマネジメントは2013年なので3社の中では古株と言えます。
そうなると実績に大きな違いがあると言えるでしょう。
ソライチファンドは現時点で運用しているファンド案件は2件で、どちらも本社のある広島となっています。
リオナスは設立が直近ということもあり、現時点では運用実績は公開されていません。
一方、RSアセットマネジメントは現時点で全国78箇所に太陽光発電、風力発電、バイオマス発電の設備を設置している実績があります。
今まで北海道から九州まで広範囲で実績があるので、全国に対応できる会社と提携して事業を展開しているのだと考えられます。

■経営理念の比較

ソライチファンドは不動産投資の発展や信頼性向上を主な目的に事業を展開しています。
リオナスは良質なアセットマネジメントを提供することを経営理念にしていました。
どちらもファンドに特化した理念となっていますが、RSアセットマネジメントは少し違うようです。
RSアセットマネジメントの場合は「安全かつ安定した電力供給への貢献」を理念としており、あくまでも日本のインフラ改革に貢献することを目的にしています。
目先の利益だけを考えたアセットマネジメントではなく、安全な電力供給につなげていくことを考えて幅広く事業を手掛けているのでしょう。