ソフトバンクの情報革命!世界中の人々から最も必要とされる企業グループへ

こんにちは!私のサイトを訪問して下さり、ありがとうございます。本日は、ソフトバンクグループ株式会社の口コミを調査したいと思います。「情報革命で人々を幸せに」「世界中の人々から最も必要とされる企業グループへ」という目標を持って世界を視野に活躍する日本屈指の大企業です。

 

会社概要

ソフトバンクグループ株式会社は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社です。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つに選ばれる日本の大手企業です。プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の親会社でもあります。

ソフトバンクグループ株式会社は、元々はソフトバンクという名前の会社ではなかったので会社概要を端的に表すことは難しいです。正しく言うと、いくつもの会社がグループとなってソフトバンクになったので、沿革については歴史を遡って行くと1984年に旧日本テレコムが創立されたのが全ての始まりになるのですが、携帯電話会社としての実績は1991年に東京デジタルホンが携帯電話事に参入して創り上げていったものになります。その他にも様々な会社が合併したり、社名の変更をしたりして、今のソフトバンクとしての形態が完成したのは2004年になります。現在では様々な活動を続けるとともにロボット産業も手掛けています。

 

事業内容

ソフトバンクはインターネットを基盤にして成長してきた会社なので現在では様々な事業や活動を展開できるのが強みです。事業内容には通信事業、ヤフー事業、流通事業、ソフトバンク・ビジョン・ファンドなど多岐にわたります。身近なもので例えるなら携帯電話や通信回線の事業というとわかりやすいかと思います。また、ソフトバンクの活動内容の中にはCSR活動というものがあります。これはインターネット事業を通して社会貢献や環境の保護を行っていく活動です。災害に強い通信ネットワークの構築や災害が起きてしまった地域の一刻も早い普及や、次世代育成、高齢化社会への対応など様々なことを行っています。

 

職場環境

ソフトバンクの給与体制には賛否両論あるようです。なぜかというと年収に大きく関わっているのが基本給ではなく賞与の効果が大きいからです。ボーナスがあることによって結果的には高い年収にはなるものの、基本給が上がりにくいのでモチベーションが保つことが出来ないという人もいます。ですが、営業部門だと評価によるふり幅が大きく1.5倍増のボーナスが狙えるので、その給与体制に満足しているという人もいるので働く部門や何によってモチベーションが保たれるのかが鍵になってくるようです。

新卒での入社と中途での入社の待遇の差ですが、新卒よりも中途社員に優しい会社だという口コミが見られました。ここはいかに円滑なコミュニケーションを取れるかが重要になってきているようです。ソフトバンクはグレード制になっていて、2までは真面目に勤務していれば比較的誰でも上がれるようですが、さらに上のグレードを目指すためには仕事に対する評価はもちろん重要ですが、それに加えて上司からの評価も必要になります。上手く上司とのコミュニケーションが取れていない場合は優秀でも上のグレードに上がることが出来ないとの声もあります。そのため、コミュニケーション能力がある中途社員に優しく感じるのではないでしょうか。

残業や休日や有給休暇に対しては理解があると評判です。残業抑制に非常に前向きな姿勢で取り組んでいるため、社員の残業時間が増えないように意識しているようです。

また、ソフトバンクはプレミアムフライデーなどの取り組みにも積極的で、より良い働き方を目指して改革を続けています。有給休暇も取得しやすい環境を作るようにしているので、業務に支障がない範囲であれば自由に有給を使えるのでワークバランスが取りやすいと実感している人も多いようです。

そのような体制なので、ソフトバンクは女性にもとても働きやすく産休育休で1年休職しても復帰ができるうえ、子供が小学生になるまで1日5時間の時短勤務で働くことが可能です。内勤であれば週に一度は在宅勤務も可能なのも大きなメリットのようです。上司に理解がありこの制度を利用して働く人が多いということは周りを気にして制度はあるものの利用が出来ないなどという状況にならないので大変良いことだと思われます。しかし、営業職から営業職に復帰は少なく内勤での復帰が多いようなので、出産後も営業職を続けたい場合にはしっかりと上司に相談するなどの対策が必要かもしれません。

 

利用者の評価

ソフトバンクといえば毎週金曜日に牛丼やアイスがもらえるキャンペーンが話題になり、そのユニークな試みはユーザーからも高い評価を得ています。もちろんそれだけではなく携帯電話会社としても人気です。昔はイメージ戦略ばかりに力を入れていてユーザー満足度を上げようとしない、通信速度が遅かったり圏外の場所が多いので使いづらいと言われたりしていました。しかし現在では、通信速度も高速で自宅の固定回線より早くて素晴らしい、地下でも電波が入る場所が増えてきているので地下鉄で使用することができるなど満足する声も多いです。都心部の混雑するエリアでは速度が遅いからと言われたりはしますが、よほどのことではない限り使用に支障がでることはないようなので実用面に問題はないでしょう。

また、ソフトバンクのショップでの接客には、説明不足で何を言っているのか分からなかった、旅行先でスマートフォンが故障して困っていたが柔軟に対応してくれて助かったなど賛否両論あります。その中でも良い接客で満足したと答えている人や、あそこの店舗がおすすめだと特定の店舗を勧めたり他の店舗よりも満足度が高かったりする場合があります。それはソフトバンクがプレミアムショップと定めている店舗かそうでないかが関係しているようです。プレミアムショップは経験豊富なスタッフが対応してくれるショップで、高いサービス品質基準をクリアしていると認められた店舗のみがプレミアムと名乗ることができます。これは一般に公表されているので、ホームページのショップを探す際に参考にすることができます。そのため、最寄りの店舗より遠くても、その丁寧な接客や柔軟な対応を求めてプレミアムショップを選んで足を運ぶ人もいるようです。

ソフトバンク株式会社で忘れてはいけないのが通信事業、インターネット回線についてです。こちらも昔はあまり評判が高くありませんでしたが、現在では顧客満足度1位を獲得したこともあるほど人気や評判が高くなっています。その理由としては月々の支払いが他の会社より安い、通信速度が高いなどインターネット回線を使うには基本的でありながら重要な事項での満足度が高くなっているようです。このことからソフトバンク株式会社はイメージ戦略だけではなく、商品サービスの品質も上昇はもちろんアフターサービスにも力が入っているので、ここまで大きな会社に成長することができたのだと考えられます。

 

まとめ

ソフトバンクは様々な会社が集まってできたからこそ幅広いインターネット事業を行っており、それを活かした社会活動が行えることが分かりました。インターネット事業の社会活動というとピンときませんが、携帯電話や通信に関することやロボットを利用することで人を助けていき社会に貢献していっているんだというと非常に役に立つことをしているのだと分かります。

この会社が働く側からも利用する側からも支持を得ているのは、改革を恐れず、より良くするためにはどうすればいいかを第一に考えていることでしょう。利用者からの声も過去には酷評が多かったにもかかわらず誠意を持って耳を傾けたことが、現在の満足度が高く人気な理由に繋がっています。また、近年では、休みに関することや労働時間に関する問題が山積みになっていますが見て見ぬふりをされることが少なくないのが現状です。それもそのはずで新しいことを取り入れたり始めることは会社が大きくなればなるほどリスクが伴い難しくなっていくものです。それでも社員のことを考えて環境を改善していけるのは、ソフトバンクの大きな強みであると考えられますし、この会社で働きたい人が絶えないのにも納得できます。