リフォームするならホームテック!テレアポについての口コミや評判を検証

ホームテック(リフォームプライス)という会社をご存知でしょうか?

ホームテック(リフォームプライス)は東京や神奈川、埼玉地域に特化したリフォーム専門店であり、地域最大級の実績を誇っています。
しかし、同じ会社名がいくつかあることで勘違いしやすい状況に陥ることがあります。

今回はリフォーム専門店であるホームテック(リフォームプライス)に関する口コミや評判、迷惑電話や勧誘電話・テレアポを行っているかなどの情報をご紹介します。

また、同じ会社名の「ホームテック」に関しての情報もご紹介し、相違点などをまとめていきます。
関東エリアでリフォーム実績数や口コミ評価トップクラスのホームテック(リフォームプライス)について知りたい方は参考にしてください。

ホームテック(リフォームプライス)について

東京・神奈川・埼玉地域限定でリフォームを行っているホームテックは、1993年に創業しました。
住宅及び店舗の修繕や内装、増改築などの請負や設計などリフォームに関する業務を中心に行っていますが、他にも建築工事の請負や家具、インテリアや住宅設備の販売なども行っています。
耐震リフォームも行っているため、基礎から安心した住まいへと変えていくリフォームができるでしょう。
従業員の中には一級建築士や二級建築士、インテリアコーディネーターや福祉住環境コーディネーター、一級建築施工管理技師などの有資格者も多く在籍しているので、家族に合わせたリフォームが可能であり、心から癒せる家づくりが可能です。
11店舗あるショールームではキッチンやバスルームなどを展示しているため、実際の商品を確認することもできます。

テレアポはしてない?ホームテックに関する口コミや評判って?

ホームテック

ライフスタイルに合わせたリフォームが実現できるホームテック(リフォームプライス)では、消費者のニーズに合わせたリフォーム相談を行っています。
消費者からの要望にきちんと応えるために来店予約を行ってから対面で相談していますが、ネット上では「ホームテック」からの勧誘電話や迷惑電話に困っているという内容が多く掲載されています。
ホームテック(リフォームプライス)から勧誘したり、迷惑に感じる程電話かけたり、テレアポをしたりしているのでしょうか?

結論から言いますと、ホームテック(リフォームプライス)はそのような行為を行っていません。
では、なぜ、このような口コミ・評判があるのでしょうか。
勧誘電話やテレアポの実態、口コミや評判の内容などをご紹介します。

ホームテックの口コミや評判について

「ホームテック」の口コミや評判の中には、良い口コミもあれば悪い口コミもあります。
特に悪い口コミのほとんどが電話勧誘に関してですが、どのような内容になっているのでしょうか?

外壁塗装の勧誘。
前にも断ったのにまた電話。
ええ加減にせえよ! って言うたらいきなりガチャ切り
最低の会社

営業電話とテープを連動。
よっぽどアコギで定着しているのだろう。
だれも相手にしないからテープで
引っかかったやつだけやられる算段

何度断っても、番号を変えて、かけてきます。今日も夕食の時間に、かけてきました。
とにかく、執念深いです。電話営業で、発注する人なんて、今どき居ないでしょ!

屋根とか外壁の塗装の電話で、、と言われ、結構です。と返答すると、可愛くないくそババアだね。と悪態をつかれました。
低レベルの会社すぎて笑えます。

借りてるアパートリフォームとかありえなぁーいww糞電話
機械音声だけど「誠に勝手ながら云々」とか勝手すぎんだろ
もうちょっと頭使おうか

悪い口コミのほとんどが、電話でのやりとりや時間帯に不満を感じている「勧誘電話」や「テレアポ」に関する内容でした。
会社名が「ホームテック」であるため、系列店や同じ会社だと間違われてしまっているようです。
しかし、ホームテック(リフォームプライス)では積極的な電話営業、勧誘電話、テレアポをしていないため、全く別会社であることがわかります。

実際はテレアポをしていない?

ホームテック(リフォームプライス)に関しての口コミでは、悪い口コミの多くが電話勧誘に関するものでした。
電話勧誘で不満に感じた方が、電話口で相手が名乗った企業名を調べて口コミを書いているようですが、ホームテック(リフォームプライス)では電話勧誘やテレアポを一切行っていません。
ホームテック(リフォームプライス)では外壁塗装を行っていないため、外壁塗装を行っているホームテックの口コミを間違えて書いている可能性があります。
同じ会社名を名乗られれば同じ会社だと思うのは当然でしょう。
しかし、実際には同じ会社名であっても行っている内容が異なったり、全く関係なかったりする場合もあります。
口コミだけに惑わされずに”ホームテック”が何を行っている会社なのか、ホームページで確認したり実際に店舗に連絡したりするなど、正しい情報を知って判断すると良いでしょう。

勘違いしやすい「ホームテック」

ホームテック

口コミや評判が、同じ会社名の「ホームテック」と混同されていることが分かりました。
電話で「ホームテック」と名乗られると、どこの「ホームテック」なのか聞く前に電話でのインパクトが強く残ってしまい、気分が悪くなった内容をそのまま口コミにぶつける方もいるでしょう。
「ホームテック」という会社は全国にどのくらいあるのでしょうか?

外壁と屋根の葺き替えを中心に行うホームテック

本社を福岡に構え、総合住宅リフォーム事業を行っているホームテック株式会社は塗装を中心とした施工を行っています。
九州や四国地方、関西や中部、関東地方などに支店を構え、レーシングドライバーやゴルファー、ボクシングジムの応援なども積極的に行っている会社です。
電話での営業も積極的に行っています。

大阪を中心に施工しているホームテック

大阪を中心に外壁や屋根のリフォームを行っている株式会社ホームテックは、住まいづくりを通じて快適な生活を提供しているリフォーム会社です。
LIXILリフォームネット加盟店になっているため、LIXILを中心とした施工が可能です。

東京都のホームテック

東京都品川区に事務所や倉庫を構えている株式会社品川ホームテックサービスは、従業員数4名でフローリングなどの内装工事や水道などの設備、電気配線などの電気工事などのリフォーム業を中心に行っています。
人との繋がりを大切にして、きめ細やかなサービスを目指している会社です。

東京と神奈川のホームテック

東京都町田市と神奈川県藤沢市に支店を構えている株式会社ホームテックは、注文住宅の施工を中心に行っている会社です。
2×4ビルダーとして20年以上、合計1,000棟以上の実績があり、設計からアフターメンテナンスに至るまでを一貫体制で行っていることが特徴です。

リフォーム業界で生き抜くホームテック


同じ「ホームテック」という会社名であっても、様々な事業内容の「ホームテック」があることが分かりましたが、リフォーム業界で生き抜いているホームテック(リフォームプライス)は、なぜ厳しいリフォーム業界で多くの実績を残せているのでしょうか?
ホームテックの取り組みについてご紹介します。

ホームテック(リフォームプライス)の特徴とは?

・定期的なセミナーで悩みを解決

ホームテックでは、一人ひとりの住まいに関する悩みを解決できる相談を行っていますが、ほとんどが住宅の間取りや設計に関することです。
しかし定期的に開催されるセミナーでは、住宅やリフォーム関連の内容ではなく、収納やクローゼットの活用方法など快適な生活になるための情報を提供しています。

・人気のクラフトセミナーでインテリアを充実

ホームテックでは、各業界で人気の講師を招いて定期的にクラフトセミナーを開催しています。
自分だけのインテリアを作ることで、自宅をより自分好みの空間に仕上げられるでしょう。
ホームテックでは他にも不動産や住宅ローン、保険などの講習をイベント時に開催し、住宅に関する全ての内容をサポートできるセミナーが受講できる点が魅力です。
ホームテックが業界で生き抜いているのは様々なセミナーで多くの知識や情報が得られるだけでなく、信頼や支持を得ているということでしょう。

・水回りリフォームが得意

水回りのリフォームを得意としているため、リーズナブルかつ効率的に水回りリフォームが可能です。
水廻り機器(キッチン・浴室・トイレ・洗面所)を揃えるならば、中古住替え専用「水廻り4点パック」がおススメ。
他社にはないコストパフォーマンスを実現しています。

・テレアポや勧誘電話はしない

ホームテック(リフォームプライス)では積極的な電話営業をしません。
基本的には反響による営業を行っており、不必要にお客様を追いかけません。

まとめ


今回はホームテックに関しての情報だけでなく、ネット上に出回っているテレアポについての口コミや評判を検証してみました。
結果的に勧誘電話やテレアポに関する口コミは同じ「ホームテック」という名前の会社のものということが分かり、安心した方も多いでしょう。
全国には同じ「ホームテック」という会社があり、同じ会社名であってもそれぞれには関連性がないだけでなく、似たような事業を行っている会社があることから、口コミにおいて情報が混同していたようです。
ホームテック(リフォームプライス)は東京と神奈川、埼玉エリアのみのリフォームを行っていて電話勧誘は一切行っていません。
また、強みとしているのは外壁塗装ではなく大型リフォームや水回りリフォームです。

名前だけでは情報が混乱しがちですが、不安に感じたらホームページで確認してみましょう。