ベンチャー企業

市民住まい向上委員会|豊富な講座実績で防災防犯の正しい情報を広める一般社団法人に注目!

住宅には、泥棒や地震など、日々多くの危険が潜んでいます。

しかし、こうした危険に怯えながら過ごす住宅であっては、決して住み心地の良い家だとは言えないでしょう。

市民住まい向上委員会では、住宅に関する様々なサービスを手掛けており、今までにも多くの方の生活の向上を図ってきました。

 

住宅関連で困り事がある方は、市民住まい向上委員会へ相談してみてはいかがでしょう?

 

今回は活動内容や実績などを詳しくご紹介していきます。

 

 

市民住まい向上委員会の会社概要と活動内容について

安心安全な暮らしをサポートする市民住まい向上委員会ですが、一体どんな団体なのか疑問に思うことでしょう。 まずは、会社概要と活動内容について説明していきます。 市民住まい向上委員会は、「一般社団法人市民住まい向上委員会」というのが正式な名称です。 所在地は東京都府中市府中町に位置しており、代表理事は矢野克己氏が務めています。 矢野克己氏は建設業界に勤めて30年以上にもなるベテランであり、今までに建物を診断してきた数は約7,000棟以上もあるとされています。 そんな矢野克己氏が代表となる市民住まい向上委員会は、主な活動として

  • 住宅を安心安全にするための啓発活動
  • セミナー講演やイベント

を多く開催しているのです。 活動理念は「防犯・防災・住宅性能の向上等を一般市民に対し普及、支援活動を行う」となっています。

  • 住まいの防犯講座
  • 住まいの防災講座
  • 住まいのメンテナンス講座

などを行い、防犯・防災・快適性の3つを向上させることで、より良い住宅や地域になるように手掛けています。 また、地域のコミュニティーにもつながるように活動しており、地域の団体でセミナーを行うことに加えて、メールや電話相談なども行っています。 暮らしに役立つように様々な情報や知識を届け、安心安全な毎日の暮らしを実現させようと日々奮闘しているのです。

市民住まい向上委員会で防犯、防災、施工トラブル問題を防ごう

市民住まい向上委員会では住宅問題としてよく見られる3つの問題について、セミナー講義を行っています。 ここではその3つの問題について深く迫っていきます。

住まいの防犯問題

都内における住宅への侵入窃盗はここ5年で減少傾向にありますが、まだまだ多いのが現状です。 2018年時点での都内の窃盗件数は4,500件以上もあり、1日に起きた回数として換算すると約13件もの窃盗が起きてしまっています。 このことから、誰もが安心して暮らせるとは言い難い状況と言えるでしょう。 また、侵入窃盗の手口は圧倒的に空き巣が多く、中高層住宅などのマンションよりも一戸建て住宅の方が狙われやすい傾向にあります。 賃貸よりもセキュリティが優れていると思っていても狙われてしまうことは多くあるのです。 多くの人が自分の家に泥棒が入るとは思わないのではないでしょうか? そのため、防犯対策といっても家や窓に鍵をかけて外出するだけの方が多いのでしょう。 基本的に泥棒は侵入しやすい家を狙って入ってきます。防犯対策をしっかりするためには、泥棒に狙われない強い家にしなくてはいけないのです。 市民住まい向上委員会の講座では、狙われてしまう家の特徴を詳しく説明しながら、対処法等をわかりやすく学べます。 窃盗も巧妙化している傾向にあるので、講座を通じてしっかりと対策することは自身の命を守ることにもつながります。

住まいの防災問題

現在の各家庭の防災状況というのは防災グッズを備えるだけに終わってしまっている家庭が多いとされています。 災害時に自分の身を守るための行動を、隅から隅までしっかりと知っておかなければ大事な命は守れません。 防災には専門用語があり、小さな子どもだけでは避難をする必要性があるかどうかを判断できません。 また、大人でも避難準備や避難勧告、避難指示、注意報、警報、特別注意報、警戒レベルなどを詳しく明確に答えられる人はなかなかいないでしょう。 災害はいつ起こるか分からないので、一人ひとりが多くの人の命を守れるように、知識を入れておく必要性があるのです。 市民住まい向上委員会では、災害ごとに適した避難タイミング、避難する場所、災害時の備えなどを詳しく説明してくれます。 知識と意識を高めておくことで、防災時という慌ただしい状況でも適切な判断ができるようになります。

住まいの施工トラブル問題

リフォーム工事というのは既に劣化が始まっている箇所を修復するため、劣化原因や劣化の進行状況を確認し、どのような修理や使用材料、施工方法が適切なのかを判断する必要があります。 リフォーム工事は経験が必要なのです。 しかし、経験や知識が乏しく診断ミスにより、思ったより傷が酷く塗装できない場合や、特殊な下処理剤等を用いないと塗装できないといった場合等があり、リフォームにかかる費用が増えることがあります。 市民住まい向上委員会ではこのような事態にならないために、屋根と外壁のメンテナンス講座というものを用意しています。 リフォーム診断時に一般の方が施工業者に確認する事や、施工会社の選び方など様々なことを学べるでしょう。 最後にトラブル情報をまとめます。

防犯・防災トラブル
・侵入や窃盗 ・特殊詐欺 ・子どもの被害
施工トラブル
・屋根/外壁などの不良施工 ・土地売買や空き家問題 ・雨漏り等のトラブル ・相続関係 ・土地売買や空き家問題 ・不動産屋や大家さんとのトラブル

内容は細かく分かれるため、挙げればきりがありません。 しかしこれらは知識をつけておくことで予防することができます。万が一被害にあっても冷静に行動することができるのです。 たとえば侵入や窃盗では、泥棒に家を狙われないための方法があります。 なぜ自分の家が狙われてしまうのか、泥棒がその家に入るのには理由があるのです。防犯講座ではその家の特徴や、最近頻発している特殊詐欺の情報・対策をお伝えしています。 施工トラブルもできれば起きてほしくないものです。 しかしトラブルはいつ起きるかわかりません。相続などは今すぐ必要でなくても、いずれ必ず話さなければならないことです。知識を身につけ、有事に備えておきましょう。

セミナー講座の種類と運営サイトから見られる実績

ホームテック 先ほどご紹介した項目以外にも数多くのセミナー講座を開いている市民住まい向上委員会は、多くの問題を解決していけるように幅広いジャンルに精通しています。 ここからは、セミナー講座の種類と概要についてご紹介していきます。

セミナー講座の種類

セミナー講座には住宅に関する様々な内容があり、ジャンルごとにたくさんの種類に分けられています。

住まいの防犯・防災講座

防犯対策として狙われにくい家にする方法や防災対策として用意するべき防災グッズ、知識を身に付けていく講座です。

住まいのメンテナンス講座

住まいのメンテナンス工事で失敗しないために、必要な知識を身に付ける講座です。

ビル・マンションメンテナンス講座

見積もり書の確認方法や確認ポイントなどをわかりやすく教えている講座です。

戸建て住宅耐震講座

耐震診断の受け方と耐震補強工事の必要性を学ぶ講座です。

賃貸住宅大家さん勉強会

不動産投資で利益を上げるために必要とされる、住宅の安全性の高め方やメンテナンスの基礎知識を学ぶ講座です。

町内会・自治会セミナー

地域住民と協力し合いながら防犯性や防災性を高めていくための講座です。 上記のようなセミナー講座を開催しており、多くの人の暮らしを向上させる活動を行っています。

その他の活動内容

代表の矢野氏は「住まいのトラブルバスター」というラジオ番組 のパーソナリティを務めております。 このラジオで、一般の方が抱える住まいの悩みを解決へと導いております。下記に活動の一例を紹介いたします。 2019年8月 「横浜防災フェア2019」にて公開収録が行われました。 このイベントは横浜市とラジオ日本が共催しているもので、2019年で43回目と歴史あるイベントになっております。 応急処置の実演や地震体験など防災意識を高め、災害に対して正しい知識を身につけることができるイベントです。 ・2019年9月22日 「災害と自動車」というテーマで自賠責保険の内容を分かりやすく説明したり、浸水や強風に直面した際、自動車はどのような状況に陥ってしまうのかといった内容を説明しております。 ・2019年9月1日 消費税が10%になった場合、何が変わるのかについて説明しております。 例えば「経過措置」とその例についての説明や、「軽減税率」の対象となる種類や状況に関する説明などをまとめております。 ・2019年8月18日 「オリンピックと住宅」というテーマで、2020年東京オリンピック選手村の跡地で話題の「ハルミフラッグ」を取り上げております。防災士から見たハルミフラッグに潜む問題点、懸念点などを説明しております。 ・2019年8月11日 7月に発生した京都アニメーション事件、茨城県のアルミ工場火災事件などから、火災報知器の設置や消化器の準備といった火災予防と消化する際の注意点や逃げる知識などの火災発生後の正しい対応について解説しております。

運営サイトから見られる実績

市民住まい向上委員会の運営サイトを詳しく見ていくと画像付きのコラムを掲載しており、そのどれもが注意点として分かりやすく書かれているので、少し読むだけでも役立つ情報が見つかります。 自身の団体を詳しく説明している市民住まい向上委員会は、事業内容をオープンに知らせているので信頼できる団体と言えるのではないでしょうか。 セミナー講座の種類も多く、事細かに知識や情報を教えているため、セミナーの質も高いと言えます。 ぜひ住宅に関することで悩みがある方は相談してみましょう。  

ラジオ日本「住まいのトラブルバスター」

ラジオ日本「住まいのトラブルバスター」では、住まいは「衣食住」と呼ばれる生活の三基本の1つと捉えております。 そんな住まいの問題を一発解決してしまおうという番組が「住まいのトラブルバスター」です。 放送時間は毎週日曜日の8:10〜8:30です。 住まいについて便利な知識を身につけたいという方は、一度聴いてみてはいかがでしょうか。

過去の放送内容:2019年10月20日【ZEH(ゼッチ)】

「ZEH(ゼッチ)」とはゼロエネルギー住宅のことです。ゼロエネルギーと聞いて皆様が連想するのは太陽光発電ではないでしょうか? 但し、太陽光発電だけではゼロエネルギー住宅は実現しません。 ゼロエネルギー住宅にするためには、太陽光発電で消費しない電力を貯めておく「蓄電」が必要です。また消費電力を減らすためには照明をLEDにしたり、ガスをオール電化にしてガス消費を減らす等の省エネも考慮する必要があります。 またゼロエネルギー住宅の実現は災害時であっても電力会社に頼らずに済むため停電の心配も考慮されます。 省エネ・創エネ・畜エネの複合的なエネルギーの活用がZEH(ゼッチ)の特徴です。

過去の放送内容:2019年12月15日【IPカメラ】

この回では、年末年始の防犯について紹介されていました。 知っとこワードの「IPカメラ」は、ネットワークカメラのことです。 ネットワークカメラとは撮影した映像をパソコンやスマートフォン、タブレット端末などに送信して見ることができるカメラのことで、今後防犯カメラの主流になると言われています。 また、付属機能として遠隔操作でLEDライトを点滅したり、音声を出したりもできます。 もし不審者が出たらその機能を使って威嚇することができ、警察に通報することもできるのです。万が一の時を考え、IPカメラをぜひ検討してみてください。 カメラの種類によっては、高画質で暗視も可能、逆光やノイズの対応、有線・無線対応など多機能なものがあるようです。他にも様々な機能を持つカメラがあるので、いくつかのメーカーを比較検討してみると良いでしょう。 いつ何が起きても適切な対応ができるよう、多機能防犯カメラをつけておくことは大切だと思います。 本編では、住まいの防犯について様々な情報を提供しておりました。空き巣の認知件数など、数を知るだけでも防犯への意識が高まると思います。決して他人ごとではないので、こうした情報から防犯意識を高めていくことも大切だと思います。

過去の放送内容:2020年1月12日【毒親】

成人式が近いことから2020年の若者について考える回でした。 知っとこワードの「毒親」とは、過干渉・暴言・暴力等で子どもを思い通りに支配しようとしたり、自分を優先して子どもを放置したりするなどで、その子供の人生にとって有害な影響を与える親を指す俗語です。 親は子どもにとって絶対の存在であり、毒親かどうかを判断できない子どもも多くいるようです。いくら親とはいえ、人としての尊厳を奪うのは違います。 また、教育や雇用についてもお話しをしていました。センター試験が「大学入学共通テスト」に移行しますが、大学の記述式のテストも先送りになりました。そして今、大学は倒産する時代になりました。 私立大学の3分の1以上が定員割れし、2000年以降、すでに14校が倒産している状況です。 一専門家の意見では、新卒大学生に就職氷河期が来るとも言われています。 人手不足のため良い人材を確保しようとしてもそれすら難しい状況のようです。 そのため企業は優秀な人材を中国などの人口の多い国で募集し若い優秀な社員を確保して教育するといった方法をとっているところが増えているようです。 日本でも終身雇用などが崩壊した今、欧米と同じ道をたどることになるのかもしれません。 できるだけ早く自分の将来を考える必要がありそうです。

過去の放送内容:2020年2月2日【居住支援を考える】

年度末が近いため、引っ越しなどの居住支援に関する話題の回でした。 引越を考えている方や、引越したいけれど物件を借りるのに条件が足りず借りることができない方におすすめの回となっています。 放送後多くの問い合わせがあったそうです。特に多かったのは「UR賃貸住宅」に関しての問い合わせです。 バスター矢野さんも福岡にいた時には、公団住宅を利用していた時があったようです。 福岡では当時、公団は家賃が安かったため、多くの方が利用していました。まずは家賃が安いところでお金を貯めて自分の家を買う、という人も大勢いました。 自分の家を持ちたいという人にはお勧めです。 公団というと古い、デザイン性がないというイメージを持つ方もいるかもしれませんが、今UR賃貸住宅では、IKEAや無印良品とのコラボなどでおしゃれな物件も沢山あるそうです。 又UR賃貸住宅では仲介手数料なし、更新料無し、保証人なし、で入居審査が明確なので借りやすいと思います。 近居割、U35割、そのママ割、子育て割、等の割引等もありますので不動産会社の物件と比べてみても良いのではと思います。 矢野さんの考えでは、今後は貸す側と借りる側それぞれの不安要素を取り除きマッチングの促進に向けた仕組みをしっかり整備していってほしいと思っているそうです。 これから先、セーフティーネット住宅が増えていくといいですね。

過去の放送内容:2020年3月1日【高齢者の住宅問題】

この回では、高齢者の住宅問題について取り上げられていました。2025年には、65歳以上の高齢者が5人に1人になると言われています。 核家族が増えた日本では、一人暮らしをする高齢者も増えています。孤独死保険などもありますが、矢野氏としてはサザエさんの家族構成の様な3世代同居が理想だと語っていました。たしかに複数の世帯が一緒に暮らせば、様々な場面に応じて協力できますよね。 内容を見ていても、3世代同居だからこそ話題が尽きずに何十年も放送できているのだと思います。 沢山の家族がいるからこそ防犯力も上がります。家族との会話が増え認知症の予防にもなるかもしれません。 過去に、住まいのトラブルバスターでは認知症の方の保険、例えば踏切に立ち入り多額の請求が来た場合に対処して頂ける保険などがあることを紹介しています。 中野区が令和2年2月1日より開始しました「認知症の賠償責任保証制度」、葛飾区が行っている「お出かけ安心保険」等、こういった保険が全国に広がって行くと良いですね。 日本は高齢者が増え続けているため、こうした保険はさらに増えていくのではないでしょうか。需要も増すように思います。

過去の放送内容:2020年3月22日放送 【日本に住む外国人】

今回は「日本に住む外国人」というテーマでした。日本に住む外国籍の子どもが公立学校に通いやすくしよう、というのがメインのお話です。 まずは子どもの話ですが、日本国籍の子どもは義務教育があります。しかし外国籍の子どもは就学させる義務がありません。 ただ、国際人権規約ではすべての人に教育に関する権利を認めています。保護者が公立の小・中学校への就学を希望すれば受け入れてきたそうです。 文部科学省では外国人に日本語教育を進める「日本語教育推進法」の基本方針に「外国人の就学」を盛り込むことを検討しているようです。 大人の話では「特定技能」という制度を設けました。特定技能とは、外国人の方が仕事のために日本にある一定期間住むための在留資格です。 人材不足のために作られた資格ですが、人材不足が解消されれば受け入れは停止されるそうです。 大人も子どもも、多くの外国人が日本に住んでいます。すべての人が安心して暮らせるような制度を今後も整えてほしいですね。

過去の放送内容:2020年5月3日・10日放送 【まちづくりの方法】

外出自粛で大変な思いをしている方が多い今の時期こそ、街のために何ができるか考える回となりました。街づくり、さらには明るい未来について、どのような活動をすればいいのでしょうか。 今は、ウイルスに感染しないためにできるだけ外出を控えて健康に配慮した生活をするほかないと思います。大切なのは自粛が解かれた後です。満を持して、みなさん外に出かけると思いますが、まずは自分の住む街が元気になるように買い物などをすると良いかもしれません。 放送では、川崎市周辺の街づくりで注目されている「サニーワンステップ」の方々にインタビューをしました。 川崎市を盛り上げることを目的としていて、シビックプライドの考えでビジネス、イベント、マッチングなどの仕事を行っています。 市民住まい向上委員会も業界は違いますが、同じような考え方で活動を行っています。住まい作りの専門的ノウハウ生かし、安全で安心して暮らせる住まいの実現を目指し、一般の方にも分かりやすくアドバイスを行い活動しています。

まとめ

市民住まい向上委員会は優れた経歴の持ち主である矢野克己氏が代表を務める社団法人です。 行っている事業は住まいに安全と安心を届けるためのセミナー講座やイベントの開催が中心で、防犯や防災、施工トラブルを解決する方法などを伝授しています。 また、セミナー講座の種類も多岐に渡り、一人ひとりに役立つ情報が得られるようになっています。 住宅は暮らしやすい生活を作るために必要なものです。 気になる点や不安なことなどがあったら、市民住まい向上委員会に相談してみてはいかがでしょうか?
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。