時代は平屋?!山口県の銘建から学ぶ未来の日本の注文住宅のあり方

銘建

みなさん、こんにちは。
私のサイトへ訪問してくださりありがとうございます。
本日は、銘建から学ぶ日本の注文住宅のあり方についてご紹介していきましょう。
皆さんは、近年平屋建てが注目され始めていることをご存知でしょうか?
これまで一戸建てというのは2階、もしくは3階建てが一般的でした。
しかし、歴史的に見ると長屋は全て1階建ての平屋であり、庶民に親しまれていたのは1階建ての方です。
それが近年再びスポットライトが当たるようになってきました。

なぜ、平屋建てが注目され始めてきたのでしょう?
今回は山口県の銘建から、未来の平屋の価値や将来的に流行るのか、などを学んでいきたいと思います。
また、銘建ではどのような平屋の注文住宅を手掛けているのかもご紹介していきましょう。
これから家を建てようと考えていて、平屋にするか迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

銘建

日本における平屋の価値とは?

近年、平屋を建てたいと考えている人が多くなっています。
都心などで広い土地が確保できない場合は難しいですが、地方都市で広い土地が確保できるのであれば平屋の魅力を体感しやすいと言えるでしょう。
平屋は、どことなく日本の古き良き伝統を受け継いでいるような趣もあるという点でも人気が高まっています。
そのような特徴をもつ平屋は、日本においてどのような価値があるのか考えたことがあるという方は多くないと思うので、日本における平屋の価値をまずはご紹介していきます。

1つのフロアでつながっているため移動が楽になる

平屋は、当たり前ですが1つのフロアになっています。
そのため、移動がとてもしやすいというメリットがあるのです。
物の移動も楽になるので、掃除などもしやすくなることが予想できるでしょう。
高低差も少ないので、高齢の夫婦が暮らす場合にも安心して生活ができます。
バリアフリーにもしやすいため、車いすなどを使用する場合でも移動がしやすくなります。
つまり、高齢者が多い日本にとって平屋は安全性の高い住宅の形として需要が高いと言えるでしょう。

家族のコミュニケーションがしやすくなる

平屋は、家の中で家族の誰かが孤立しにくい環境も作ります。
自然とリビングに家族が集まれるような間取りにもしやすいので、家族のコミュニケーションがしやすくなるでしょう。
また、子育て世代にとっても快適で安心できる空間を作りやすいのが平屋です。
小さな子どもがいる場合でも目が届きやすく、安心感を感じられるのです。
核家族化が進んでいる今だからこそ、子育てのしやすさや家族のコミュニケーションは重要になると考えられるので、核家族世帯にも平屋の魅力を感じてもらえるはずです。

デッドスペースを有効活用できる

2階建ての物件は、家族が多いのであれば必要だと言えます。
しかし、家族構成によってはいずれ2階を使わなくなってしまうという可能性もあります。
せっかく2階があるのに使わないのは無駄なスペースになってしまうので、無駄を省くためにも平屋を検討してみると良いでしょう。
平屋は間取りをコンパクトにできるだけではなく、工夫次第で収納も増やせるのでデッドスペースになってしまう場所を有効活用することもできます。

平屋は、家族構成や暮らし方によっては最適な住宅だと言えます。
暮らし方が多様化している現代日本だからこそ、平屋の価値を再確認できるのではないでしょうか?

銘建が手がける平屋の注文住宅

銘建は、山口県に本社を持つ一級建築士事務所です。
「人生の舞台をつくる。」というコーポレートスローガンを元に、顧客の要望に合わせた注文住宅を建てています。
ここでは、銘建が手掛けている平屋の注文住宅についてご紹介しましょう。

家族を身近に感じられる間取りの提供

平屋は、リビングを核とした間取りになります。
そのため、家族と自然なコミュニケーションができる設計になるのです。
つまり、毎日家族を身近に感じられるという安心感も平屋を建てることで得られるでしょう。
そして、子育てをしているのであれば、家中に目が届きやすいというのも大きなメリットになります。
銘建が手掛けている平屋の注文住宅においては、そのような点を重視して設計を行っています。

広々とした開放感のある空間を提供

銘建が手掛けている平屋の注文住宅は、天井の高さを高くしたり、高い位置に窓をつけたりできます。
これは、平屋ならではの魅力だと言えるでしょう。
高い窓やトップライトといった開口部からたくさん自然光が室内に入ってくることによって、とても明るい室内になります。
また、リビングとウッドデッキや縁側、庭のアプローチをしやすくすることで、さらに開放感のある住宅になるのです。
銘建は、広々とした開放感のある平屋を建てることも得意としています。

生活動線の無駄をなくした設計

平屋は1つのフロアで構成されているため、生活動線がより重要になります。
どの部屋にも行きやすくすることで、生活しやすい住宅になるのです。
注文住宅を手掛けている銘建の平屋では、中庭を設けることも可能です。
中庭を設けて回遊できるような作りにするなど、自由な生活動線を作れるのも注文住宅ならではの魅力だと言えるでしょう。
家族のライフスタイルに合わせられるのも注文住宅のメリットだと言えます。

銘建が手掛けている住宅の多くは、平屋の住宅です。
それ以外も手掛けていますが、山口県の気候や風土に適した住宅を提供することでも価値を見出しているため、銘建は平屋を得意としていることが分かるでしょう。
また、デザイン性にも優れた住宅を提供しているため、顧客の満足度は非常に高くなっています。
さらに、「“超える”サポートカンパニー」というビジョンも持っていて、長い間暮らせるトータルサポートができるような住宅設計を行っているということも銘建の特徴です。
そして、住宅を建てて終わりではなく、支え続けるロングライフサポートも銘建だからこそのサービスだと言えるでしょう。

今後日本で平屋は流行るのか?

近年は、平屋建ての注文住宅が注目されており、実際に「平屋」と検索している方はこの10年で約4倍に増加していると言われています。
都市部では、2階建てだけでなく3階建ての住宅も増えてきています。
平屋建てというと、このような2階建てや3階建てに比べて土地の広さが必要です。
しかし、最近は人口減少社会に入り、土地が余ってきていることをご存知でしょうか?
平屋建てには、住む人にとっていくつものメリットがあると言われています。
こうしたメリットから将来日本で平屋が流行るのかどうか、考えてみましょう。

バリアフリー

家を建てる際には、老後のことも考えて計画する方もいるでしょう。
しかし、将来を考えて手すりを付けても、階段を設置しない方はいないのではないでしょうか?
若い頃は階段の昇り降りに何も感じなくても、歳を重ねれば重ねるほど辛く感じてしまうものです。
平屋建てなら、階段の昇り降りをする必要はありませんし、バリアフリーな作りと言えます。

銘建

家事が楽に

階段があると、家事導線をスムーズにしたくても思うように間取りを作れないケースが多々あります。
階段がない平屋建てであれば、動線を阻害する存在もなく、効率良く家事ができるという特徴があります。

災害に強い

日本は地震大国と言われており、毎年地震が発生しています。
また、台風や豪雨による被害も多いため、家の構造を重視する方がたくさんいます。
平屋建ては、非常にしっかりした構造で、耐震性も高いです。
災害に強い家を検討している場合は、平屋建てがおすすめです。

自由な設計が可能

平屋は、柱や壁の量が少なくて済むので、2階建てよりも自由な設計ができます。
例えば、窓を大きくしたり、屋根勾配を活かして工夫した空間にしたりなど、平屋の一軒家ならではの開放的な家にできます。

伸び伸びと暮らせる

子どもがいる家庭は、家族間のコミュニケーションを重視した住まいを希望するケースがあります。
平屋建てにすると、両親の目の届く範囲で遊ばせたり、勉強を見てあげたりできるようになるでしょう。

このように、平屋は2階建てや3階建ての家と比較しても、様々なメリットがあります。
平屋にすると、どの部屋からも縁側を通して自然に触れられる雰囲気にもできます。
家を建てて長く住み続けていくと、外壁や屋根などはメンテナンスする必要があるでしょう。
しかし、平屋であれば足場を設置することなく行えるので、長い目で見れば費用も抑えられるという魅力もあります。
将来を考えて、平屋にするという選択肢は今後増加する可能性が高いのではないでしょうか?

まとめ

今回は、平屋の建物の価値や銘建が手掛けている平屋の注文住宅の魅力について述べてきました。
銘建では、顧客の要望に合わせリビングを中心にした間取りに平屋建て住宅を多く手掛けています。
広々と開放感のある空間が実現できるので、家族のライフスタイルに合わせて間取りに融通が利きます。
平屋建ては、老後でも住みにくさを感じることなく長い間暮らせるという魅力もあります。
また、家族間のコミュニケーションもしやすい作りになっているので、子どもも伸び伸びと過ごせるでしょう。
平屋の家は、暑い夏も乗り越えやすい設計とも言われており、日本人が長年親しんできた構造でもあります。
昔ながらの家の価値を再認識している方は年々増えてきています。
それは、開放感が感じられる気持ちの良い空間を求めている方が多くなってきているからではないでしょうか。
歴史的に見ても、平屋の家は長年親しまれてきています。
地方都市で広い土地を確保できれば、平屋建ての家は今後さらに注目されていくに違いないでしょう。
将来を考え、長い間暮らせるような住宅設計を考えている方は、銘建の平屋の家を検討してみてはいかがでしょうか?

会社名 株式会社銘建
本社 〒747-0044 山口県防府市佐波1-9-5
TEL : 0835-23-8500  FAX : 0835-22-8885
フリーダイヤル : 0120-693-014(もくぞういーよ)
周南スタジオ 〒744-0022 下松市大字末武下359-16
TEL :0833-48-8350  FAX : 0833-48-8351
山口スタジオ 〒753-0051 山口市旭通り1丁目10-2
TEL :083-902-2530  FAX : 083-902-2533
LisM Cafe & Lifestyle
ライフスタイル展示場
〒747-0822 防府市勝間1-14-45
TEL : 0835-20-2260  FAX : 0835-20-2270
公式HP https://www.meiken.jp/