白石達也は結婚しているの?気になるポイントをまとめて調査!

こんにちは!

本日は、白石達也の気になる部分を取り上げてみます。

皆さんは「ランドオブハンモックYoutuber」をご存知でしょうか?

ランドオブハンモックYoutuberは世界的に認知度の高い情報商材で、白石達也の名が知れ渡ったキッカケでもある商品です。

他にも白石達也は現在IROASやリバティーレジデンツなどのコンテンツを手掛けています。

白石達也が気になって調べた方の中には、結婚しているのかどうか、他にどんな商材を開発したのかなど、気になる部分がたくさんあったことと思います。

そこで今回は、多くの方が気になっているポイントを中心にご紹介していきましょう。

白石達也についてもっと知りたい方や、白石達也が手掛けた商材にはどんなものがあるのか知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

白石達也は結婚しているのか?妻はいるのか?

白石達也は現在30代であり、一般的に考えれば結婚していてもおかしくない年代です。

彼の公式ブログを見ると、頻繁に女性と子どもの姿が動画や写真に収められています。

実は、ブログに載っている女性と子どもは、白石達也の妻と息子であり、ちゃんと結婚をしていました。

彼を支える妻はどんな人なのでしょうか?

 

白石達也の妻であるAmiさん

白石達也の妻の名前は白石歩美さんです。

ネットではAmiと呼ばれていますが、これは自身のFacebookの名義を「Ami Shiraishi」にしているからです。

出身は韓国のソウルのようですが、顔立ちが日本人に近く流暢な日本語を話すので、日本の滞在歴が長いのだと考えられます。

そんなAmiさんは、2016年から白石達也が創設した株式会社アルケメーションの取締役を務めていることが分かりました。

白石達也とは公私共にパートナーという関係を築いています。

子どもに恵まれ、ブログでは仲睦まじい家族の姿をたびたび見ることができます。

会社の経営も安定しているので、夫婦仲が悪いということはなさそうです。

 

2人の馴れ初めは?

二人がどんな出会いを果たしたのか気になりませんか?

具体的な出会い話は明らかにされていませんが、どうやら白石達也が手掛けた「ランドオブハンモックYoutuber」の販売を始めた頃からの付き合いだそうです。

Amiさんはキャバ嬢として働いていたようなので、白石達也とはキャバクラで出会った可能性が高いでしょう。

キャバクラは接待の場でも使われることが多いので、上流階級の仲間入りを果たしている白石達也が通っていたとしても不思議はありません。

また、ブレイク以前にナンパを成功させるための商材も手掛けていました。

その手法でAmiさんを口説き、成功したのではないでしょうか?

キャバ嬢はある意味夢を与えるお仕事なので、プロ意識の強い人は簡単に落とせません。

Amiさんにもそれなりのプライドがあると思うので、簡単に落ちてしまうことはないでしょう。

しかし、白石達也のナンパテクニックや人となり、家庭を支えられる安定した経済力など惹かれる要素は多かったのだと考えられます。

結婚前は夫婦共々、浮気を繰り返していましたが、最終的に身を固めたとなると心のつながりはとても強かったのでしょう。

ちなみにAmiさんは元キャバ嬢であっただけあり、とても美人な顔立ちの女性です。

ブログを見る限り今でも若々しい美貌を維持していることが分かり、まさに白石達也自慢の奥さんではないでしょうか?

 

妻なりの気遣いができる人物

ブログを見ていて、Amiさんは気遣いができる人だなと思いました。

夫婦の会話を度々見ることができますが、それぞれ別々の人間なので時には考え方が合わないこともあります。

そんな時でもAmiさんはあからさまに否定的な態度や嫌な顔をしたりすることはありません。

納得できないことがあっても、オートメーション対応によりいつもと変わらない対応を心がけていました。

そのことを告白する機会があったようですが、その際は白石達也も少しショックを受けたそうです。

しかし、これは白石達也を尊重する気持ちから生まれた気遣いなのだと、本音を知って色々なことに気付かされた様子でした。

本音で話し合うことも大事ですが、タイミングや話し方によっては事態の悪化を招く恐れもあります。

Amiさんは根に持っていたのではなく、自分も相手も気持ちが落ち着いたタイミングで本音を話すことにしたのでしょう。

冷静に対応できる女性なので、ビジネスでのパートナーとしてもふさわしいと言える相手なのだと考えます。

白石達也自身、自分のビジネスに対して誇りや情熱があると思います。

その熱を受け入れてくれるAmiさんはまさに白石達也のベストパートナーと言えるでしょう。

 

白石達也が開発している商材について調べてみた。

白石達也はこれまで様々な商材を開発してきました。

どのような商材を手がけてきたのか、代表的な商材をいくつかご紹介しましょう。

 

ランドオブハンモックYoutuber

白石達也は20代の時に有限会社エンハンスを設立し、その当時に販売していたのが「ランドオブハンモックYoutuber」です。

今では誰もが知るYoutuberですが、動画を用いた集客手法例は少なく画期的な商材と人気を集めました。

情報商材の販売サイトであったインフォトップでは発売以降、上位をキープし、白石達也の知名度を上げた商材と言えます。

また、自身もこの商材を通して億の資産の構築に成功しています。

この商材を簡単に説明すると集客用の動画をYoutuberに公開し、視聴者に登録などをしてもらうことで商品が自動的にセールスされるという流れです。

自分だけの利益だけではなく、この方法では周囲の人にも利益が還元されるという特徴を持ちます。

 

ファンタジーメゾット

白石塾とも呼ばれるマーケティングノウハウを学べる商材です。

それなりに高い入塾金となりますが、白石達也のビジネスセンスやお金を稼ぐためのノウハウなどを細かく教えてもらえます。

初心者だけではなく、すでにビジネス経験を持つ人も収入を増やす方法を身につけることが可能です。

ファンタジーメゾットを利用した人の中には、月収1000万円や4000万円超えなど成功を収めた方もいるので実績のある商材と言えます。

白石達也自身も成功者なので、その安心感から少し高くても入塾したい人が多かったようです。

 

IROAS

白石達也が今一番力を入れている商材は「IROAS」ではないでしょうか?

これはオンラインセミナーを中心とする会員制の学習サイトです。

語学、経済、住居、人間関係、時間、健康の6つの自由を手に入れるために、必要な学びが提供されています。

主に収入システム、原則原理、ジョブトレーニング、テクノロジツールの4つを基盤に、ビジネスを構築するための知識を習得できます。

白石達也だけではなく、各分野のスペシャリストが講師として学びをバックアップしてくれます。

スペシャリストの中には世界で活躍されている方も多い、IROASの学びは世界水準と高品質です。

オンラインという性質を活かし、他のユーザーとコミュニケーションがとりやすいツールなども用意されています。

人と関わりながら、ネット上でもリアルな学習体験が可能な商材です。

しかも、ゲーム感覚で学べるのでビジネスのことを分かりやすく、そして飽きることなく学べます。

 

リバティーレジデンツ

IROASと並んで力を入れているのがリバティーレジデンツです。

こちらは居住の自由をテーマに、仮想通貨に特化した商材となっています。

話題の仮想通貨投資の基礎知識や、海外で暮らすための豆知識など色々なコンテンツを用意しています。

元々IROASのコンテンツなので会員はもちろん、単独で購入すれば会員でなくても登録利用が可能です。

仮想通貨に興味がある、仮想通貨投資を成功させた人に適した商材です。

 

ぷかぷかiTuber

白石達也が新たに開発した「バーチャルYoutuber」に関する商材です。

Youtuberといえば通常は顔出しですが、最近は可愛いAIキャラクターで動画を配信していくバーチャルYoutuberが増えてきました。

今では5,000人以上にも増え、今後も成長が期待できる分野と言えます。

ぷかぷかiTuberはすでに素材を用意してくれているので、難しい知識がなくてもバーチャルYoutuberを制作することが可能です。

白石達也の蓄積されたマーケティングノウハウを活かせば、広告収入が手に入る魅力的な動画を作成できるようになります。

この商材は毎月定員数が決まっているので、オーバーする前に申し込む必要があります。

 

LINEを使ったシステムLINE@ATMとは??

スマホアプリの中で利用者が多いLINEアプリは身近な存在ですが、白石達也はLINEを活用した「LINE@ATM」というシステムを提供しています。

このLINEを使ったシステム「LINE@ATM」は、どのようなものなのでしょうか?

 

LINE@ATMシステムとは

LINE@ATMシステムとは、LINEの特徴を活かしたシステムで、LINE@+MLM+インターネットビジネスが融合したものとなります。

これは2017年12月に提供を始め、ビジネスによって利益が生まれるようになっています。

LINEは日常的に使用されているアプリで、その普及率も高くなっています。

そのLINEを活用したシステムであれば、日常の中に溶け込みやすいだけでなく、登録の手間やシェアしやすいといった部分でも活用しやすくなっています。

そのためLINE@ATMシステムでは、このようなLINEアプリの特徴を活かして資金を生み出すことができるだけでなく、自動で報酬が発生するシステムとしても有効となるでしょう。

しかし、このLINE@ATMシステムはIROASに参加した方のみが利用できます。

IROASも白石達也によって創設されたもので、様々な教育に関するコンテンツを学べる場所となります。

IROASは、元々白石達也自身が日本の教育に関して疑問を持っていたことから創設したもので、ここには本当に学びたいことが学べるようになっています。

そのため、IROASで本当に必要な教育を受けてから、LINE@ATMシステムを活用してさらに稼いでいくという流れがとても自然ということになります。

 

メリットはあるのか?

実際にLINE@ATMシステムを活用して、メリットはあるのでしょうか?

基本的なシステムとしては、LINE登録者に定期的にメッセージを配信し、これを通じて自動的に報酬が得られるシステムになっています。

これをビジネスに活用した場合、月額で4万円程の費用がかかり、個人として行うには大きいものとなりますが、LINE@ATMシステムを作動させる場合には月額費用もかからず、登録専用ページなども用意する必要がありません。

そのため、長期的に安定した収入を得るためには欠かせない存在となるでしょう。

このような点からも、LINE@ATMシステムはメリットが得られると考えますが、もちろん中には稼げなかったという方もいるでしょう。

しかし、稼げなかったからと言ってそれで何も得られないということはありません。

ここで学んだことは将来的に稼ぐ力として身に付き、ノウハウを知ることは自分自身の大きな資産になります。

 

白石達也はなぜ色んな商材を開発しているのか。

白石達也は、これまでにも様々な情報商材を開発しています。

なぜこのような情報商材を多く開発しているのでしょうか?

それは、白石達也の過去が深く関係しているようです。

白石達也の情報商材から見えてきたことや、情報商材を開発している理由についてまとめてみました。

 

手掛けた情報商材から分かること

これまでに白石達也が手掛けた情報商材は、仮想通貨においての基本的な知識から実践にも活用できるものとして「リバティーレジデンツ」、様々な分野において活躍する専門家が講師となり、自らがビジネスモデルを構築できるような専門的な知識を学べる「ヒーローズジャーニー」、アメリカで注目されているダイレクトレスポンスマーケティングに関しての知識を学べる情報商材として「ランドオブハンモックyoutuber」、経済活動を自由に行うための知識やスキルが習得できる「IROAS(イロアス)」などがあります。

これらの情報商材もその根本は同じものとなり、そこに辿り着くまでの手段が異なっているだけなのです。

つまりこれらの情報商材は、自分に合った手段で成功を掴めるというものであり、この中から自分に合った学びを活かせれば成功が確実に手に入れられるということになります。

 

白石達也は、大学を卒業した後に自己啓発セミナーやビジネスマナーのセミナーに自主的に参加し、そこで得た知識からビジネス運営を目指していきます。

最初のきっかけとなったのは神龍クラブであり、ここで成功に導いたことが現在の白石達也に繋がっているということにもなります。

ここから数々の実績を残していき、有限会社Enhanceの取締役に就任します。

その後も、専門的な知識を学べる教育コンテンツの開発を行い、情報商材やサービスの提供によって多くの成功者を世に送り出しています。

一般的な情報商材は値札が高く、書籍の場合は購入しないと開封できないといったデメリットもあります。

しかし、白石達也の情報商材はファイルのダウンロードやDVDなど、形状は様々な部分から相手の続けやすさを重視し、理解しやすいものを選べるようになっています。

また、情報商材の中で最も多いのが情報の質の悪さですが、白石達也は様々な情報商材を提供しているため、自分で合っているものを選べます。

このような部分から、白石達也はただ情報商材を手掛けているのではなく、これによって情報を得た人が有益になれるようにと考えているということです。

 

なぜ色んな商材を開発しているのか?

白石達也は、なぜこのような情報商材を多く開発しているのでしょうか?

それは白石達也自身の過去がきっかけになっています。

彼はエリート一家に育ち、学校では生徒会長になるほどの真面目な生徒だったのですが、その反面学校ではいじめの標的にされてしまい、辛く悲しい学生時代を送っていました。

そこで、「いじめられていても学校に行かなければならないのはなぜか?」という、日本の教育システムに疑問を抱き始めます。

日本では良い学校で学び、良い大学を卒業したものが高学歴として高収入を得やすいシステムになっていますが、学歴がなくても稼げる方法はあると白石達也は感じていました。

今はインターネットを活用すれば、世界中どこにいても学べると感じた白石達也は、学歴がなくてもきちんと稼ぐことはできると考え、このような情報商材を多く手掛けることになったのです。

これは結果的に成功となり、この情報商材によって数億円稼ぐ人も出ています。

つまり日本人が居住の自由を手に入れるためには、そのための方法を多くの人に伝えていくべきだと考え、多くの商材を開発しているということでしょう。

 

白石達也のまとめ

ここまで白石達也の私生活や開発している商材、またその中のLINE@ATMシステムや他の情報商材についてご紹介してきました。

白石達也は公私共にパートナーである素敵な妻がいて、可愛らしい子どももいます。

妻のAmiさんは株式会社アルケメーションの取締役となり、常に白石達也を支える存在になっています。

妻が夫を公私共にサポートするだけでなく、子育ても同時に行いながらということはとても大変なことですが、それだけお互いがお互いを尊重し、支え合っていることも分かりました。

ブログからもAmiさんがとても気遣いのできる人ということが伝わり、そのサポートによって白石達也の周囲はとても安定した環境が整っていると感じます。

このような環境が整った状態で生活できるということは、白石達也本人が今まで学んで得てきたことにより、自分自身で居住の自由を手に入れているということも分かります。

 

白石達也は、これまでに知名度を上げた商材として「ランドオブハンモックYoutuber」、白石塾とも呼ばれるマーケティングノウハウを学べる「ファンタジーメゾット」、会員制を学習サイトでオンラインセミナーが中心の「IROAS」、仮想通貨に特化した「リバティーレジデンツ」、バーチャルYoutuberに関しての情報商材である「ぷかぷかiTuber」などを多く手掛けています。

これらの情報商材は、自分自身が本当に稼ぐための学びを手に入れるだけでなく、それを正していくための教育コンテンツという意味にも捉えられます。

情報商材は世の中に多く出回っているため、何が正しくて何が学びに重要なのか、見極めることが難しいといった部分もあるでしょう。

しかし、誤った情報を鵜呑みにしてしまうと、稼ぐどころかそのために費やした時間までの失ってしまうのです。

そこで白石達也は正しい情報のみを提供し、成功していくことを喜びにしているため、これらの情報を会員制という制限のもとで提供しています。

日本では、時代に合った正しい教育が発展していません。

そのため、このような情報をいかに有益にできるかは、自分自身の判断によって行わなければならない部分もあるでしょう。

白石達也は、自分自身の経験からこのような教育が合っていないことに気が付き、また情報を与えた方もメリットになるという考えから、学んだことを全て発信してきています。

将来的にも有益な情報が多く得られるため、白石達也の情報商材は多くのメリットがあるでしょう。

しかし、それは自分の目で確かめてみないと分からないこともあります。

まずは、自分で何の情報を得たいのかを決めてから利用してみてはいかがでしょうか?