IROAS(イロアス)白石達也氏のプロフィール

ホームテック

こんにちは!

本日はIROAS(イロアス)を開発した白石達也氏について取り上げてみます。

皆さんは自由について考えたことはありますか?

自由というと何者にも縛られない状況をイメージしますが、人は様々なものに縛られている傾向があります。

白石達也氏は人々に自由を与えるために、教育サービスのIROAS(イロアス)を運営しています。

彼が考える自由とは何を指すのでしょうか?

また、なぜIROAS(イロアス)で自由を手に入れられるのでしょうか?

今回は世界をまたにかけて活躍する白石達也氏の経歴や考え、そしてIROAS(イロアス)でできることををご紹介していきます。

 

世界をまたにかける白石達也氏

白石達也氏は、若くして成功を収めた実業家として知られている人物です。

今でこそ、大きな成功を収めている白石達也氏ですが、成功を収めるまでに様々な経験をしてきたようです。

まずは、世界をまたにかけている白石達也氏がどのような経歴の持ち主なのか、ご紹介していきましょう。

 

 

とても辛い学生時代を送っていた

 

白石達也氏は、1986年に生まれました。

1986年は、バブル景気に突入したばかりの頃です。

大手航空会社に勤めている父親と外資系企業でキャリアウーマンとして活躍する母親の間に生まれたことから、裕福な環境で育ってきたことが分かります。

白石達也氏には兄がいますが、兄はとても破天荒な性格だったため、母親は白石達也氏に対して厳しい教育をしてきたと言います。

厳しい教育を受けてきた成果から、優秀な成績を収めることができただけではなく、幼いころから古典などの難しい書籍を読んでいました。

真面目な性格もあり、中学生の頃には生徒会長に抜擢されるなど周りからも信頼されていました。

高校生になるとまじめな性格と優秀さが仇となり、周りから浮くようになってしまいました。

勉強にだけ一生懸命になり、おしゃれにも無頓着だったため、いじめの対象にもなってしまいます。

いじめはとても辛いもので、白石達也氏は自殺を考えた時期もあったそうです。

しかし、その苦しみを糧に勉強に打ち込み、早稲田大学へ入学しました。

入学当初は大手企業への就職を考えていたのですが、リーマンショックによってその夢は儚く散っていきました。

父親が勤めている大手航空会社もリーマンショックで経営が傾いたことを目の当たりにし、大手企業に就職しても安定した生活が手に入るとは限らないことを知ったからです。

そして、白石達也氏は企業を目指すようになりました。

セミナーなどで学びながら、プログラムのかはつなどを行っていき、大学在学中から情報商材の販売を行っていたのです。

その経験が今に活かされていると言っても過言ではないでしょう。

 

 

学校教育が全てではないと悟った白石達也氏

 

白石達也氏は、大学で学んでいる中で「学校で学んでいることは本当に社会に出てから必要なのか?」という疑問を抱くようになりました。

就職する会社によって必要な知識は全く異なり、転職をするのであれば新しい知識を身に付ける必要があります。

そのため、学校教育だけでは不十分だと白石達也氏が考えたのです。

経済的な自由を手に入れるためには、自ら学ぶことも重要だと考えたことがきっかけとなって生まれたのがIROAS(イロアス)です。

IROAS(イロアス)は、専門家として知名度が高い講師を招き、最先端の知識を学べるような仕組みを作り上げました。

また、自由に学ぶためには経済的な自由も必要不可欠だと考え、権利収入を得られるような仕組みやLINE@を活用して収入を得られるような仕組みをIROAS(イロアス)に取り入れていったのです。

このような仕組みを取り入れたIROAS(イロアス)では、学びながら収入を得られます。

過去にいじめを受けて辛い経験をし、父親が勤めている大手企業がリーマンショックで傾いたことを目の当たりにした白石達也氏だからこそ、自由に学べることの重要さや経済的な自由を手に入れる重要さを大切にしたいと思うようになれたのではないでしょうか?

IROAS(イロアス)は、インターネット環境があればどこでも学べるので、まさに白石達也氏が望んだ教育だと言えるでしょう。

 

白石達也氏の考える自由とは

IROAS(イロアス)で学ぶことによって、白石達也氏が考える自由とは何かを知ることもできます。

実際にIROAS(イロアス)で学んだ人の多くが自由を手に入れていることから、IROAS(イロアス)で学べる自由こそ、白石達也氏が考えている自由だと言えます。

続いては、白石達也氏が考える自由とはどのようなものなのか見ていきましょう。

 

 

経済的な自由

 

経済的な自由を手にするためには何が必要だと思いますか?

お金があればそれだけで自由になれると思っている人もいるかもしれませんが、実はそれは違うのです。

世の中にはお金持ちと言われている人も多くいますが、お金持ちだからと言って経済的な自由が必ずあるとは限りません。

お金がたくさんあるのに越したことはありませんが、経済的な自由を手に入れるためには、自分自身が経済的に自由だと感じるお金の使い方を知っておくことが重要になります。

IROAS(イロアス)ではそれを学べるため、本当の自由を手に入れるために必要な学びを提供している情報商材だと言えるでしょう。

 

 

時間的な自由

 

現代社会において、時間的な制限を受けることなく生活できている人はどのくらいいるでしょうか?

仕事や家事、育児などに追われながら忙しい毎日を送っているという人の方が多いはずです。

しかしそれでは、本当の自由を手に入れることはできません。

中には、時間的な自由が存在していることに気が付けない人もいるでしょう。

IROAS(イロアス)で学ぶと、時間を効率よく使うためのコツを身に付けられます。

そのため、本当に自分がしたいことやすべきことに時間を使えるようになり、ストレスを感じない充実した時間を過ごせるようになるのです。

 

 

人間関係の自由

 

人間関係は、私たちにとって大きなメリットをもたらしてくれるものですが、場合によってはトラブルの原因になることもあります。

現代社会においては、人間関係がかなり複雑になっているので、人間関係で悩んでいる人も少なくありません。

IROAS(イロアス)で学べる人間関係の自由は、周囲と円滑なコミュニケーションがとれるようになる、わだかまりのない関係性を築くために必要な要素が盛り込まれたものです。

 

 

健康という自由

 

充実した人生を送るためには、健康であることが前提条件になります。

もしも、何らかの病気にかかってしまい、長い間入院しなければいけなくなってしまえば、他の条件が揃っていたとしても本当の自由を手に入れることはできないでしょう。

つまり、数々の自由を手に入れるためには、健康という自由が必要不可欠なのです。

そのためIROAS(イロアス)では、健康を維持するために必要な学びも提供しています。

 

 

語学や居住の自由

 

IROAS(イロアス)では、語学や居住の自由を手に入れるためのサポートも行っています。

語学の自由を手に入れれば、母国ぼである日本語に縛られることなく、あらゆる国の人々とコミュニケーションが可能になります。

交流の幅が広がっていけば、世界で自由に生きていける可能性も高くなるでしょう。

また、語学力を身に付けてどこの国でも暮らせるようになれば、居住の自由も手に入れられることになります。

インターネットが世界的に普及している今の時代であれば、住む場所を自由に選ぶことも可能です。

IROAS(イロアス)では、そんな語学や居住の自由を手に入れるために必要な学びも提供しています。

 

 

学ぶ自由

 

古い時代は、身分や性別によって学ぶ機会が制限されていました。

しかし今では、誰でも学べるような制度が整っています。

とはいっても、学びへの関心があまりない人や時間に追われていて学びたくても学べない人はたくさんいます。

IROAS(イロアス)では、自分のタイミングで学べるような仕組みを採用しているため、なかなか学べないという人も出も諦める必要がありません。

学ぶ自由を手に入れたいのであれば、ぜひIROAS(イロアス)で学んでみると良いでしょう。

 

IROAS(イロアス)でできることはたくさんある!

IROAS(イロアス)では、前述したような自由を手に入れるための学びを受けられます。

それだけでも非常に有意義ですが、その他にもIROAS(イロアス)でできることはたくさんあります。

続いては、IROAS(イロアス)で他にどんなことができるのかご紹介しましょう。

 

 

最先端のスキルを身に付けられるジョブトレーニング

 

IROAS(イロアス)では、最先端の学びを受けられます。

まずは、どのようなスキルを学べるのかということから見ていきましょう。

 

・エバンジェリスト

エバンジェリストは、IT業界で注目を集めている職種です。

最新のテクノロジーについて分かりやすく解説するという役割を持っているため、ビジネスシーンの中で役に立つ職種だと言えるでしょう。

経済的な自由を手に入れるためにも必要な知識を教えてもらえるので、とても有意義な学びを得られます。

 

・マネーインテリゲンチャ

マネーインテリゲンチャは、資産を構築するために知っておきたい投資の正しい考え方や詐欺に遭わないための知識、失敗しない投資の方法などに関する知識やスキルを身に付けられます。

生活をする上でなくてはならないお金について学べるので、多くの人にとって魅力的な内容だと言えるでしょう。

 

この他にも、コピーライターやビジュアルクリエイターなど、様々な分野で活躍している講師から最先端のスキルを学ぶことができます。

これからの時代を生き抜くために必要なスキルでもあるので、ジョブチェンジを考えている人にとっても重要な学びを得られる場になるでしょう。

 

 

独自の収入システムを構築してお金を稼ぐための方法を発信

 

IROAS(イロアス)は、独自の収入システムを構築することによって、お金を効率よく稼ぐための方法を発信しています。

IROAS(イロアス)というと、MLM(マルチレベルマーケティング)を採用しているため、あまり良いイメージを持たないという人も少なくありません。

しかし、MLMは海外の企業では一般的に採用されている手法であり、法律でも認められているマーケティングの手法となっています。

そのため、MLM=良くないというイメージは間違っているのです。

MLM=良くないというイメージをなくすためにも、高い効果が期待できるWEB集客ページ生成ツールやLINE@ATMシステム、友達5000人くん、FacebookBotATMシステムなどのツールをIROAS(イロアス)では提供しています。

これらのツールを活用することで収入を得られることが分かれば、MLM=良くないというイメージは払しょくできると白石達也氏は考えたのでしょう。

 

白石達也氏の今後に期待

白石達也氏は、世界をまたにかけて活躍している若き実業家です。

白石達也氏が開発した情報商材・IROAS(イロアス)で学ぶことによって、私たちは経済的な自由や人間関係の自由、語学の自由、時間の自由、居住の自由、健康の自由を手に入れることができます。

また、最先端のスキルを学べるジョブトレーニングでは、これから自分らしく力を発揮して生きていくためのテクニックを教えてもらえます。

続いては、白石達也氏の今後にはどのような期待が持てるのか見ていくことにしましょう。

 

 

教育の新しい可能性をどんどん切り開いていく

 

白石達也氏は、現代日本で提供されている教育に対して疑問を抱いています。

早稲田大学という名門大学を卒業しているものの、日本の教育は働くために必要な知識を身に付けるものだと白石達也氏は考えるようになり、学校で学べることが全てではないという考えへと変化していきました。

大学を卒業すれば良い就職先を選べますが、高学歴でない人は自由な生活を手に入れることが難しくなってしまうという仕組みに白石達也氏は疑問を抱いたのです。

また、白石達也氏の父親が勤務する会社のような大企業であっても、リーマン・ショックのような金融危機が起こってしまうと倒産の危機に陥ってしまうことを身を持って体感しています。

そのため、いくら安定した収入が期待できそうな大企業であっても、豊かな生活を生涯続けていけるという保証はないということが分かります。

そこで白石達也氏は、自己啓発やビジネスセミナーに通い、ネットビジネスで活用できる知識を身に付けていきました。

それが現在のIROAS(イロアス)にも活かされていて、白石達也氏の存在を大きなものへと変えていいたのです。

 

 

これからも自由で豊かな暮らしを築くためのサポートを続けていくだろう

 

白石達也氏が手掛けているIROAS(イロアス)は、学歴がない人であってもネットビジネスであれば大きな収入へとつなげられると考えました。

しかし、多くの情報商材は開発者の利益だけを考えたものがほとんどで、本当に役に立つ知識を得られるものはそんなに多くありません。

そこで白石達也氏は、開発者である自分自身だけではなく、多くの人が幸せになれるような情報商材を開発したいと思い、IROAS(イロアス)を生み出したのです。

IROAS(イロアス)で提供されている質の高い学びを得ることで、これまでの教育では学べなかったような知識や情報を身に付けられるようになります。

つまり、私たちが豊かな暮らしを送るためのサポーターとしての役割をIROAS(イロアス)が担っていると言えるでしょう。

白石達也氏が望んでいる未来も、多くの人が自由を手に入れ、新しい人生を満喫できるというものです。

幼少期から過酷な人生を歩んできた白石達也氏だからこそ、そのような未来を望み、実現できるように様々な取り組みを行ってきました。

その中で生まれたIROAS(イロアス)は、これからの時代を生きていく私たちにとって本当に必要なことは何かと問いかけているようにも感じます。

今でも世界各地を飛びまわり、世界の教育を自分の目で白石達也氏は見ています。

それが今後開発していく情報商材に活かされるのではないかと考えられます。

そのようなことも踏まえて考えてみると、今後の白石達也氏の活動にも大きな期待が持てるでしょう。

時代のニーズに合う情報商材を提供し、多くの人が幸せになれるようにと願っている白石達也氏が今後どのような情報商材を発表するのか期待している人もいるはずです。

 

白石達也氏は今でも学び続けています。

そのため、さらに新しい情報商材を生み出す可能性もゼロではありません。

新しい情報商材に期待する人もいるので、白石達也氏の今後の動向も要チェックです。

 

今回のまとめ

白石達也氏は若くして成功を収めた実業家として知られている人物ですが、成功するまでの彼の人生は平坦な道のりではありませんでした。

エリートな両親の間に生まれ、幼いころから厳しい教育を受けてきました。

とても真面目に勉強していたため成績は優秀でしたが、流行などには疎かったのでいじめの対象になってしまったのです。

いじめは壮絶なもので、一時期は自殺も考えたと言います。

しかし、その辛さを糧にさらに勉強を頑張り、早稲田大学へ入学しました。

無事に早稲田大学に入学したものの、父親が勤めている大手航空会社がリーマンショックの影響で倒産しかけてしまう様子を目の当たりにしました。

それをきっかけに、大手企業に就職するだけが全てではないと悟り、自己啓発セミナーやビジネスセミナーに通いながら、情報商材の開発をスタートします。

 

そんな中でIROAS(イロアス)が生まれました。

IROAS(イロアス)は、経済的な自由を手に入れるために必要な要素が詰まっている情報商材で、専門的な知識を持つ講師を招くことで最先端の学びを得られるような環境を作り出しました。

IROAS(イロアス)で学ぶことで、白石達也氏が考える自由(経済的な自由、時間的な自由、人間関係の自由、健康という自由、語学や居住の自由、学ぶ自由)を手に入れることができます。

それだけではなく、ジョブトレーニングで学ぶことによって、様々な分野で活躍する専門家から最先端のスキルを学ぶこともできるという魅力があります。

現在の仕事とは全く違う仕事へとジョブチェンジしたいと考えている人にとっても、IROAS(イロアス)での学びは実のあるものになるでしょう。

 

白石達也氏が手掛けているIROAS(イロアス)は、とても魅力的な情報商材です。

これまでにはな学びを受けられる場でもあり、自由に生きていきたいという願いを叶えるためのサポートをしてくれる場でもあります。

とても魅力的なIROAS(イロアス)という情報商材を生み出した白石達也氏ですが、今でも世界各地を飛び回って教育の場を視察しています。

なぜそのようなことをしているのかというと、現状にまだまだ満足していないことの表れだと考えられます。

そのため、白石達也氏が手掛ける情報商材は、これからもさらなる成長を遂げるのではないでしょうか?

今後の白石達也氏の動向にも注目し、新しい情報商材を発表するのか、IROAS(イロアス)など既存の情報商材を進化させていくのかチェックしてみましょう。