ベンチャー企業

森谷式翻訳カレッジが提供する内容とは?!

グローバル化が進んだ昨今、翻訳技術が注目されています。

特に注目されているのが、ブランディング効果やメッセージ性がある翻訳です。

最短3ヶ月で一流の翻訳を学べると有名なのが、森谷式翻訳術」の「森谷式翻訳カレッジ」です。

そこで今回の記事では、「森谷式翻訳カレッジが提供する内容」とは、どのようなものなのかコースの種類や口コミと合わせてご紹介していきましょう。

森谷式翻訳カレッジについて詳しく知りたい方は、参考に読んでみてください。

森谷式翻訳術・トランスクリエーションの特徴について

まずは森谷式翻訳術の特徴やトランスクリエーションの特徴について掘り下げていきましょう。

森谷式翻訳術の特徴

森谷式翻訳術とは、翻訳のプロ・森谷祐二さんが作った翻訳術のことを言います。
森谷式翻訳術の特徴は、分かりやすく翻訳に関する知識やスキルをすぐに身に付けることができることです。
たったの3ヶ月で翻訳者を目指せるカリキュラムとなっています。

インターネットや技術などが発達した昨今、ネットやアプリを使って翻訳をすることが容易となりました。しかし、翻訳サイトや翻訳アプリを使って翻訳をすると、正しく翻訳されないことも少なくありません。

森谷式翻訳術では、「トランスクリエーション」と呼ばれる翻訳技術を使っており、マーケティングに大いに活かすことができるものとなっています。

トランスクリエーションについて

トランスクリエーションとは、森谷式翻訳術に使用している翻訳技術のことです。
翻訳(translation)と創造(creation)を組み合わせた造語で、クリエイティブ要素が非常に高い翻訳技術となっており、ブランディング効果やメッセージ性を持って翻訳することが可能です。
トランスクリエーションを身に付けることで、マーケティングにおいて的確な言葉でニーズを満たすことができるでしょう。

トランスクリエーションは、多くのECサイトにも使われています。
仕事の幅を広げたい・売上にもっと貢献したいなど意欲がある方は、森谷式翻訳術のトランスクリエーションを用いた翻訳者になってみてはいかがでしょうか。

森谷式翻訳カレッジとはどんなスクール?

森谷式翻訳術は、運営会社である株式会社トランスクリエイターズが提供しているオンラインスクールを利用して学ぶこととなります。

オンラインスクールでは3つのコースから自分に合ったコースを選択でき、翻訳スキルを学ぶことが可能です。

通常コース

通常コースは、プロの翻訳者が講師となって複数人の生徒に翻訳のスキルを教えるコースとなっています。
コースの料金は、298,000円です。
受講期間は6ヶ月となっています。

マンツーマンコース

マンツーマンコースは、プロの翻訳者から1対1で翻訳スキルを学べるコースとなっています。
コースの料金は、498,000円です。
通常コースよりも値が張りますが、分からない所を質問しながら丁寧に学ぶことができるので、翻訳スキルを本格的にしっかり学びたい人におすすめです。
受講期間は6ヶ月です。

セルフプログラム

セルフプログラムには、通常コースやマンツーマンコースのように講師が付きません。
このプログラムでは、提供された教材を使って自身で翻訳スキルや語学力を高めます。

プロから指導を受けないとしっかりスキルを身に付けられそうにないと不安に思う方もいることでしょう。
しかし、他のコースより時間はかかりますがセルフプログラムでもしっかり翻訳スキルや語学力を身に付けることができます。

受講期間は1年と長めに設定されているので、ゆっくりカリキュラムを学ぶことが可能です。

口コミや評判

それでは、実際に森谷式翻訳カレッジで翻訳スキルを学んだ生徒の口コミをいくつか見ていきましょう。
翻訳スクールや森谷式翻訳カレッジのコース選びの参考にしてみてください。

昔から英語が好きで、英語を使う仕事がしたいと思い、今までさまざまな教室や教材にトライしてきましたが何度挑戦してもダメだったトライアルが…森谷式翻訳術であっさり合格(^○^)

正しくない指導をいくら受けてもダメなんだというのを実感しました。
引用元:https://shugotram.jp/archives/18

森谷式翻訳術が気になって色々と調べてみた。色々なクチコミがあるけれど、僕はトランスクリエーションの将来性については『本当』だと感じた。
翻訳家を目指すなら、ただ翻訳スキルを覚えるというだけではいけない。
正確な翻訳ができることよりも、海外資本にとっては「僕の国でどれだけ多くの人に訴求できるのか」が大事だからだ。
翻訳を勉強したというより、トランスクリエーションを学んだと言える森谷式翻訳術のほうが効果的なのではないだろうか。
引用元:https://shugotram.jp/archives/8

このご時世、いつ解雇されるか分からないという状況。
パッと思いついたのは「語学力を磨く」ということでした。
語学力が身につけば、極論、どこの国でも働けるようになるし、手に職をつければ将来も安心できるかな、と。
そんなときに興味を持ったのがトランスクリエーションでした。コンテンツが面白く、そして説得力があって、夢中になれました
引用元:https://shugotram.jp/archives/18

森谷式翻訳術で翻訳を学び、翻訳業界を気にかけることも多くなりました。
翻訳のお仕事は様々ひっきりなしにあり、ふとしたタイミングでお宝を拾えることも珍しくありません。
ではなぜ仕事が尽きないのか、その理由は、昨今コンテンツ間の国境が無くなっているからです。
日本でも海外ドラマを見ることができますし、このコロナ禍で多くの人が動画プラットフォームを利用したのではないでしょうか。
一説によれば、全世界の通信量の7割が、動画プラットフォーム等によるエンタメ産業から消費されているようです。
つまりそれほど色々なコンテンツや作品が翻訳されたということであり、その分当然、翻訳のお仕事があったわけですね。
仕事が尽きない点は、自営業の私からすれば魅力的であり、今では本気で翻訳者に転身しようかと考えているほどです。
引用元:https://www.alfaquarium.com/

口コミを調べてみると、多くの方が森谷式翻訳術は効果的に翻訳スキルを学べると感じているようです。
森谷式翻訳で正しく翻訳スキルの指導を受け、翻訳の仕事に結びつけてみてはいかがでしょうか?

森谷祐二さんとはどんな人なのか?

森谷祐二さんは、森谷式翻訳術の生みの親です。

プロの翻訳者として活動し、翻訳の仕事だけで月収100万円以上、年収1,000万円を稼いでいたこともある実力者です。

現在、森谷祐二さんは翻訳者としてだけでなく翻訳者の育成にも注力し、忙しなく働いていますが、実は最初から順風満帆だった訳ではありません。

初めの頃は翻訳者として成果が出ず、翻訳者を辞めようとしたこともありました。
諦めるか悩んでいた時に気付いたのが、ただ文章を直訳するだけでは翻訳者として成果を残すことはできないということです。

そして、トランスクリエーションが生まれました。
トランスクリエーションの翻訳技術は多くの人の目に止まり、依頼が殺到するようになり、現在につながります。

運営会社のトランスクリエイターズについて

株式会社トランスクリエイターズは、2021年1月に設立したばかりの新しい会社です。
一流翻訳者を多数集めた翻訳スクールですが、スクール以外にも翻訳サービスの提供も行っています。

翻訳言語は、日本語・英語・中国語となっており、様々な分野に対応しています。
一般分野・ビジネス分野・金融・法律・ITなどのあらゆる場面で活用することが可能です。

まとめ

森谷式翻訳カレッジでは、英語の翻訳スキルをオンラインスクールで身に付けられます。

運営会社のトランスクリエイターズは、できたばかりの新しい会社ですが、評判の良い口コミが多くあったため、安心してコースを受講できるでしょう。

プロの翻訳者として成長したい人や翻訳で稼げるようになりたい人は、森谷式翻訳術で翻訳スキルを磨いてみてはいかがでしょうか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。