TATERUが直面した問題と、それを解決した不動産管理におけるIoT技術

こんにちは!

本日は、TATERU(タテル)の不動産管理体制について取り上げてみます。

皆さんはTATERUがどんな不動産会社がご存知でしょうか?

TATERUではIoT技術を活用したアパート経営を行うことができます。

 

ただ、創業時からIoT技術を利用していたわけではありません。

事業を進めていく中で様々な問題に直面し、それを解決するためにIoT技術を取り入れたのです。

ではどうやってIoT技術を活用し様々な問題を解決したのでしょうか?

今回は、TATERUのIoT技術を利用した不動産管理体制について詳しくご紹介していきます。

 

 

TATERUが急成長した理由

TATERUは、不動産業界に新たな風を吹かせ、成長を遂げた企業です。

リーマンショックで大きな打撃を受けたにも関わらず、TATERUが急成長を遂げた理由は一体どこにあるのでしょうか。

まずは、TATERUが急成長した理由についてご紹介していきましょう。

 

不動産業界の常識を変化させたTATERU

TATERUは、リーマンショックの打撃をビジネスチャンスに変化させました。

どのように変化させたのかというと、これまで不動産業界で当たり前だと言われていたビジネススタイルを変えてしまったのです。

リーマンショックが起こる前の不動産業界では、土地や建物などの在庫を持っていることが当たり前とされてきました。

しかし、TATERUではリーマンショックのような金融危機が再度訪れた時に、同じビジネススタイルでは在庫が売れない苦しみを味わうと考え、新たなビジネスモデルを構築しなければいけないと考えるようになりました。

その考えのもとで生まれたのが、IoT技術を活用した不動産管理やIoTアパートメントの建設です。

そして、在庫を持たないビジネスモデルを運用するために、土地のマッチングからアパートの建設、経営のサポートまで行うトータルサポートを開始しました。

これまでの不動産業界では、そのようなビジネスモデルを提案する企業はありませんでした。

そのため、開始したばかりの頃はなかなか理解を得られなかったそうです。

それでもIoTアパートメントやIoT住宅の利便性を伝え続けることにより、少しずつ賛同者は増えていきました。

地道な努力が実ったということになるでしょう。

 

働きやすい環境を作ることも成長のポイント

TATERUでは、これまで不動産業界で当たり前だと言われていたビジネスモデルを変えるだけではなく、社員の働き方も変えていこうとしました。

業務を効率良く進めることは、会社が成長していく上で欠かせません。

在庫を持たないビジネスモデルを取り入れた理由の1つに、業務の効率化が図れるということがあります。

在庫を持たないということは、在庫管理の手間が省けます。

手間を省いた分、業務フローを見直すことができるので、業務の進み具合も分かりやすくなるでしょう。

そうすることによって、小さなミスをすぐに見つけられるようになり、改善しやすくなるのです。

TATERUが急成長できたのは、今までの当たり前を見直したからと言えるでしょう。

時代の流れによって、必要なものも変わってきます。

その流れに乗れたTATERUだからこそ、急成長できたのです。

 

 

実はオーナー向けにIoT技術を利用した不動産管理を提案したことが影響していた

TATERUは、これまでに1万9000戸以上の不動産管理実績を持っており、IoTを導入したアパートを数多く手掛けています。

ネットとリアルを融合させたサービスを提供しているTATERUは、IT分野を不動産事業と結び付けることに成功した企業だと言えます。

 

コンシェルジュと相談できる安心感

TATERUのアパートオーナーは、コンシェルジュと密に相談をしながら、どの土地を購入するか、どのようなアパートにするのかを計画していくので、不安や疑問を解消していくことができます。

TATERUのコンシェルジュは、専門性の高いスタッフが担当しているので、立地条件や周辺の環境などを厳選してマッチングできます。

このマッチング方法を取り入れることによって、従来の不動産会社で土地を購入してアパートを建てるよりも、価格を抑えられるのです。

ワンストップのサービスを提供しているTATERUだからできることでもあります。

 

Apartment kitで不動産経営をできるだけ簡単に

TATERUのグループ会社であるRobot Homeが開発しているApartment kitというオーナー用のアプリを活用できるという点も大きなメリットになるでしょう。

Apartment kitは、物件の状況を把握することができるアプリで、稼働率や空室サイトにどのくらいの人がアクセスしているかを確認できます。

従来のアパートは、電話やメールで空室状況の確認などを行ってしましたが、Apartment kitを活用することでその手間が省けます。

その他にも、Apartment kitを活用することによって、不動産経営で必要なサポートを受けられるので、アパートオーナーにとって心強い存在になるのです。

さらに、Apartment kitのチャット機能を活用することで、管理会社とやりとりができます。

入居者に関係することはもちろんですが、家賃の設定など不動産経営を継続するために必要なことを気軽に相談できます。

 

Apartment kitは、オーナーにとってのメリットがこのようにたくさんあります。

それだけではなく、IoTプラットフォームを活用した入居者へのサービスや管理会社の業務効率化にも役立ちます。

つまり、IoTを利用した不動産管理を提案したことによって、アパートに関わる全ての人がその恩恵受けられるのです。

そして、オーナーや入居者の満足度が高くなれば、TATERUが提供するサービスの評判も良くなり、TATERUがさらに成長する要素になることでしょう。

これまでの不動産業界の当たり前を見直し、時代の流れに合わせたことがTATERUの成功につながり、多くの物件を手掛けられたということになります。

 

 

デザイン性にも優れたIoTアパートメントは入居者にもメリットが多い

TATERUが取り扱っているデザインアパートメントは、デザイン性に優れているという魅力だけではなく、IoTアパートメントとして入居者へ快適な暮らしを提供しているという魅力も兼ね備えています。

そんなデザイン性にも優れたIoTアパートメントに入居するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

IoTデバイスを用いた最先端のアパート

Robot Homeが開発を行うIoTデバイスを用いることで、アパート自体の安全性や利便性を高めることが可能となります。

安全性や利便性が高いということは、入居者が暮らしやすい環境が整っているということです。

様々な場面でデジタル化が進んでいる現代のニーズに合致したアパートでもあるので、興味を持つ人も増えています。

近年は、利便性や立地条件だけではなく、安全性を重要視する人も増えているため、IoTデバイスを利用した安全性の高いアパートの需要はどんどん高まっていくと予想できます。

そのような時代だからこそ、IoTアパートメントに入居するメリットを体感しやすいのではないでしょうか?

 

TATERUが手掛けるアパートは完全にオリジナル

TATERUが取り扱っているデザインアパートメントは、デザイン性に優れています。

1つ1つのアパートが完全にオリジナルのデザインになっています。

アパートを選ぶ時に、アパート自体のデザインや間取りも重要なポイントになるので、他にはないオリジナルなデザインだからこそ選ばれる可能性も高まるでしょう。

安全性や利便性が同じくらいのアパート2つで迷っている場合、デザインや間取りが気に入る方を選ぶケースが多いのではないかと考えられます。

安全性や利便性はもちろん重要なポイントですが、デザインや間取りが気に入ったアパートで暮らすことで生活の満足度も高まるからです。

 

デザイン性にも優れたIoTアパートメントに入居することで、このようなメリットを感じられるでしょう。

 

 

各地の建築事例について少しご紹介

ここまでは、TATERUが急成長した理由やRobot Homeが開発を行うIoTを利用した不動産管理、TATERUが手掛けているIoTアパートメントの魅力についてお伝えしました。

最後に、TATERUがこれまでに施工した建築事例をご紹介しましょう。

 

TATERU kitを標準装備として設置したアパート

TATERUは、2018年1月にTATERU kitを標準装備として設置したアパートのモデルルームを東京都練馬区にオープンしました。

TATERUのグループ会社であるTATERU Apartmentでは、TATERU kitを全てのアパートの標準装備にしようと考え、提供を始めています。

その先駆けとしてオープンした練馬区のモデルルームでは、タブレット型のセントラルコントローラーやスマートロック、タグセキュリティなど魅力的な装備をの利便性を体感できます。

このモデルルームは、22.63平米と1Kでも十分な広さになっていて、IoTデバイスを駆使しながら便利な生活ができるのです。

セントラルコントローラーの利用で室内の温度調節などが簡単になるだけではなく、スマートロックやタグセキュリティといった防犯対策を強化するIoTデバイスもあります。

アパートの空き巣被害は、窓や玄関から侵入されるケースが多いので、スマートロックやタグセキュリティで防犯対策を強化するのは安心して暮らすためのポイントになるでしょう。

 

TATERUにはロフトや個性的な壁紙の物件もある

TATERUが手掛けているアパートの中には、ロフト付きの物件や個性的な壁紙を使用した物件などもあります。

ロフトがある物件は室内をおしゃれな空間にするだけではなく、天井が高くなることで開放感のある空間へと変化させます。

ロフトは収納スペースとして使うこともできるので、ロフトがある物件は非常に利便性が高いと言えるでしょう。

 

また、TATERUのアパートは一般的なアパートに使われている白くて小さな凹凸がある壁紙以外にも、一部違う色の壁紙にしたり、インパクトのある色合いの壁紙を使用したりするケースもあります。

そのため、おしゃれな空間を演出しやすくなっているのです。

 

入居する人のニーズに応えた間取り

TATERUのアパートは、完全にオリジナルデザインなので、入居する人のニーズに合わせた間取りを設計できます。

近年建設されるアパートの多くは、狭い1Kが多くなっているのですが、TATERUのアパートは違うのです。

1Kのアパートもありますが、TATERUのアパートの場合は20平米以上のゆったりとした空間を確保した間取りになっています。

バス・トイレ別の間取りもあるので、入居者のニーズに応えやすくなっているとも言えるでしょう。