アイサンテクノロジーはトヨタと自動運転を実現!?

アイサンテクノロジー

こんにちは!

本日は、アイサンテクノロジーについて取り上げてみます。
読者の皆様はアイサンテクノロジーについてどんなイメージを持たれていますでしょうか。

私は愛知県で自動運転を実現させようとしている会社というイメージです。

測量や土木関連ソフトウェアの開発を行っている会社なのですが、計量や土木関連で使用されているソフトウェアと聞いてもイメージできない方がほとんどだと思います。

そんなアイサンテクノロジーの事業内容から歴史、未来カンパニーになるためには何が必要なのか?などなど、特集してみました。

 

アイサンテクノロジーの事業内容・歴史をご紹介

アイサンテクノロジー

アイサンテクノロジー株式会社は、技術貢献を目指すために1970年愛知県名古屋市に設立しました。
測量業や建設業、土地家屋調査士業などの業種を対象に、最新の測量技術やアプリケーションの開発・販売を行っています。

また、ソフトウェアを供給するだけでなく測量現場の観測作業の効率化を実現するための高精度な計測機器を提案していくことで幅広いニーズに対応するこができるようになりました。

近年では、自動車業界や医療業界など新たな市場展開にまで進出してきています。

高精度な3D空間情報を計測できる機器開発や、エコドライブや自動運転走行の実現を目指すための研究に取り組んでいます。

現代は世界各地で位置情報が注目されており、高精度な位置を把握できる計算技術が求められているため、測量市場に進出することで新しいステージに踏み込むことができます。

 

アイサンテクノロジーの強みは?自動運転の技術優位性は?

アイサンテクノロジー

建設・不動産に関わる業界をメインに、測量・測定機器やアプリケーションや商品の開発・提供を行っています。

創業から培われた高精度の演算や位置情報分析技術や知識を活かし、業務の効率化を実現化してきました。
測量・測定機器の提供を行っているだけではなく、顧客のサポートにも力を入れており、各顧客のニーズに対応した商品・サービスの提供を実現しているのです。

最近は建設・不動産業だけではなく、エコドライブや自動運転の自動車分野での研究、医療や教育現場で役立つ手書き文字認証サービスなど、様々な分野にも貢献しています。

 

アイサンテクノロジーの評判を調査!

アイサンテクノロジー

アイサンテクノロジーは測量事業、建設・不動産調査業をメインに測量・測地ソリューションや、測定器ソリューションなどのソフトウェアやサービスを提案している企業です。

自動車業や医療業界もIT化が進み、アイサンテクノロジーの事業は幅広い分野で展開されています。
新卒、キャリア、バイト採用を行っているアイサンテクノロジーですが、実際に働いている人はどんな仕事と感じているのでしょうか。

働いている人の口コミをご紹介します。

■成長に関する口コミ

・40代 男性(正社員/営業系)

様々なことに挑戦できる環境があり、失敗しても次につながる形の行動ができていれば許される風土が当社にはあります。
48年目を迎える中で、独立系ソフトウェア開発会社ながらハードウェアなどの商材も含めた企画提案や販売事業のほか、自動運転などの最先端技術に関連する事業なども当社は携わっていますので、営業活動の場は多岐にわたり、非常にやりがいがあり、また自身も成長ができます。

■福利厚生に関する口コミ

・40代 男性(正社員/営業系)

現在も当社には、社会保険全般や企業型確定拠出年金への加入、民間の福利厚生サービス導入などはありますが、もっと職場環境の整備が充実するとより働きやすくなるように思います。
「働き方改革」が世間で取り上げられているとおり、手当制度なども見直し、より社員に還元される制度設計、教育などが整備されると良いと考えます。

■休日休暇・ワークライフバランスに関する口コミ

・20代 男性(正社員/その他営業関連職)

【良い点】
部署によりますが、私が所属していた部署では残業月60時間 残業手当なしという現状が続いておりました。
ですが最近は残業=悪という考えが根付き、20:00強制消灯という形式になったため残業すること自体が難しくなっております。
仕事は家でやることになりますが、改善に向かっている様子はあります。
そもそも残業手当を出せばいいとは思いますが。

 

・30代 男性(正社員/企画営業)

休日勤務は無い
夕方から夜が営業ピークタイムなので夜は遅くなる
最近は建設業界からの脱却に成功し新しい分野でガンバッテるみたいなので勤務形態も違うと思う。
社風も家庭的で良い会社だったが、建設業界不況のあおりを受けて、大量のリストラを行った過去があるが、その後は新分野で成功しているが社員数が増えていないので少数精鋭 高利益の経営を実現しているようなので社員も変わっているのではないだろうか。

技術開発がメインの企業なので、幅広い企画に携われる点は良い評価とされています。
休日勤務もないので、しっかり休みがあるようです。

働き方改革により残業をしないでよい環境に代わっていますが、もともと残業代が支給されない上に、結局仕事を持ち帰らなければならないという不満もみられました。

 

アイサンテクノロジーの可能性は?未来カンパニーになれるか?

アイサンテクノロジー

建設業に限らず様々な業界と提携しているアイサンテクノロジーは、高品質な商品とサービスなので、各業界からの信頼も厚いようです。

商品の多くは厳しい審査基準をクリアしており、精度の高さを認知されています。

複雑な測量や変換から使いやすいCADなどたくさんの企業が愛用しているようです。
実際にアイサンテクノロジーの商品やサービスを利用されている方の口コミをいくつかご紹介していきます。

■40代 女性

今まで契約書は紙媒体でしたが、管理のしやすさに配慮してデジタル化に移行しました。
それに伴い、タブレットで使用できる手書きアプリケーションの開発受託をお願いしたところ、出来の良いアプリを作って頂きました。
分野に精通したスタッフさんがいるので、自社に適したソリューションの提案は安心感があります。
開発に限らず、サポートやメンテナンスも引き受けてくれるので、万が一の時も安心だと思いました。

■30代 男性

Leica Nova MS60を使っています。
スキャニング機能はシンプルでありながら、測定が難しい環境でも迅速に測定できるシステムが素晴らしいです。
アプリでは2Dと3Dの切り替えができ、スキャニングと実測、結線データを同時に表示でき、視覚的に理解できるところも良いと思います。
液晶も大型なので全表示ができ、取得漏れの判別も可能です。
かなり高度な測量機器だと思います。

■30代 男性

個人医院を経営しており、電子カルテの変更にご協力して頂きました。
手書き文字認識エンジンのおかげで手書きでも、PCのカルテに情報を入力できるので、わざわざ打ち込む動作が不要です。
処置や薬剤のオーダー機能もありますし、過去のオーダーを複写できる機能は記載ミスがないので安心です。
メンテナンスサポートもあるので、不具合が発生した場合も迅速に対応してもらえるのも高く評価しています。

■30代 女性

医療文章作成支援ツールがすごいと思います。
問診票や患者さんの手書き文章をデータ変換し、複数台に共有すればリアルタイムで確認できるので診察室までデータを送る手間がかからず、情報共有も手軽です。
アナログでは管理や情報共有に不備は生じやすかったのですが、デジタル化したことで業務効率も良くなりました。
このツール自体、同意書や紹介状など幅広く使える点も良いです。

利用者の口コミから高度のテクノロジーが使われた商品やサービスを展開していることが理解できました。
ただ提供するだけではなく、サポートやメンテナンスも手厚いようなので、それも支持されるポイントなのでしょう。

 

アイサンテクノロジーのまとめ

アイサンテクノロジー

主にBtoB向けの商品・サービスを取り扱うアイサンテクノロジーでは、幅広い分野の職種に向けたものを取り扱っているため、各業界から信頼を得ている傾向にあります。

特にペーパーレス化の実施を計画している企業から、「ツールを利用して良かった」という口コミが多く挙がっています。

専門業者が取り扱うツールとなるので、こうした口コミによって信頼度を実感することができるでしょう。

会社内部からの口コミを見ると、営業と技術開発には働き方に多少の差があると言えます。
幅広い分野との関係を作っていかなくてはならない営業担当者は、専門知識もある程度知っておく必要がありますし、帰りが遅くなってしまうことも多かったようです。

ただ、現在では働き方改革により残業も少なくなってきています。
また、残業手当が出ないという点はどうしてもネックになっているようです。

幅広い分野に対する営業・技術開発となるので、仕事量は多いのに残業手当が出ないというのはやりがいを削いでしまう要因につながる可能性もあるでしょう。

仕事的にも国で推進されているペーパーレス化をサポートしてくれるサービスなどもあるため将来的にも安心ですが、より社員が働きやすい環境を作り上げることが重要だということが口コミから見えてきました。