マクロパスの口コミ評判を調査!東南アジアでオフショア開発を支援?

マクロパス

本日は、マクロパスという企業について取り上げてみます。
BtoBの企業ですので、あまり聞いたことがない企業名だと思います。

マクロパスはいわゆるベンチャー企業で、まだまだ立ち上がった間もない会社です。2011年設立となっていますので、まだ10年も経過していません。
今後の成長は期待できるのか?今後の未来を創っていけるのか?このあたりに注目して調べていきたいと思います。

 

事業内容・歴史をご紹介

マクロパス

マクロパスは、インドネシアやベトナムなどの東南アジアを拠点として2011年に設立された会社です。

IT領域において、企画から開発まですべてを手掛け、効果的なイノベーションを起こすために何もない所からのスタートが重要と考えています。

また、日本にいるエンジニアが密な品質管理を徹底し、品質の高さやサービスの保守・運用も多くの方の注目を集めていることがわかっています。

日本の拠点は東京都港区で、Webデザインやホームページ制作、Webシステム・ソフトウェア開発、アプリ開発など幅広い分野において携わっているのが特徴です。

 

マクロパスの強みは?オフショア開発の優位性は?

マクロパス

マクロパスは、世界一の事業開発会社を目指し、ゼロからスタートして開発まで徹底して取り組む姿勢が大きな強みであると言えるでしょう。

日本企業では、国内市場の縮小や海外との競争激化によって、イノベーションの創出が課題となっています。

ただ、新規事業の成功率の低さを懸念し、巨額の初期投資を避けているといった背景もあります。

低コストでIT領域の強化をしていくことは難易度も高いですが、マクロパスは東南アジアに拠点を設けることで低コストで徹底した品質管理を可能にしているのです。

新規事業立ち上げを専門としているマクロパスは、ITのトレンドや他の業界の事業開発ノウハウを活かし続けています。

 

評判を調査!新規事業開発からDr.Noteまで!

マクロパス

マクロパスでは新規事業開発をはじめ、サービス開発など多岐に渡る事業を展開しています。

【新規事業開発】
新規事業開発においては、低コストで最速を実現するため、東南アジアを拠点としながら進めているのが特徴です。

制作実績としては、介護ベンチャー企業においてオウンドメディア事業を立ち上げ、ソーシャルマーケティング企業においては、ブランディングメディア事業の立ち上げに携わっています。

そのほかにも、中堅人材会社では求人メディア事業、大手Eコマース企業では、プラットフォーム事業の開発をサポートするなど、多岐に渡る分野の企業において、新規事業開発を進めているのです。

 

【新規サービス開発】
新規サービス開発事業においては、コーディネートアプリのランディングページを手掛け、SNSアプリとして10年後のワークライフ診断サービス開発も行っています。

 

【Webサイト開発】
Webサイト開発においても、企画から開発、プロモーション戦略までをフルラインで制作しています。
会社のサービスPRを目的に、Webデザインやホームページ制作にも広く携わっているのです。

新規事業立ち上げや開発を行う場合、人件費の高い日本ではコストが高くなってしまいます。

しかし、マクロパスは東南アジアに拠点を置くことで、低コストを実現し、あらゆる事業開発や新規サービス開発に尽力しているのです。

これらはすべて受託開発ですが、新しいタイプのヘルスケアサイトである「Dr.Note」のハウツーメディアも開発しています。

Dr.Noteは、医師や専門家が監修するハウツーメディアとなっており、医療や健康に関する様々ネット情報について、正しい知識を元にコメントをする場となっているのです。

マクロパスでは、間違った情報ふに惑わされないよう、医学的に正しい知識を提供するサポートを行っています。
このように、マクロパスでは受託開発を中止に幅広い事業開発を進めていると言えるでしょう。

企画から開発に至っては、品質とサービスの保守、運用が非常に重要とされています。マクロパスのように何もない所からのスタートを主軸としている会社は決して多くはありません。

しかし、あえて東南アジアの拠点に開発を進めていくことで、より効率の良い取り組みができると言えるのではないでしょうか。

今後は、Dr.Noteのようなヘルスケア領域にもさらなる力を入れていくことがわかっており、将来的に健康寿命を伸ばせる社会を目指していこうとしているのです。

 

採用情報は?身につくスキルやキャリアを分析!

マクロパス

マクロパスの採用についての口コミや評判などは見ることができませんでした。

しかし、マクロパスでは現在技術領域であるディレクターやエンジニア、デザイナーを募集しています。

また、ビジネス領域においてもビジネスデベロッパーの人材募集をしており、採用にも力を入れていることがわかります。

雇用形態は正社員をはじめ、契約社員やアルバイト、インターンシップなど様々です。

主に、多種多様な企業における事業開発や、サービス開発、受託開発などに携わり、スキルや経験などに応じて出社回数を選択できる仕組みになっているのが特徴です。

学歴や年齢は問わないため、専門的な経験やスキルがある方はもちろん、やる気のある方を広く募集していると言えるでしょう。

ただ、マクロパスで一緒に働く人材募集する上では、行動力と根性がある方が適していると言われています。
自分の型を持っている方や、自己管理能力が高い方は、自分から主体的に物事を考えながら行動できます。
自分なりの結論や結果を出せる方は、マクロパスでの事業展開において必要不可欠であると言えるのではないでしょうか?

マクロパスは、Web・モバイルアプリケーション・システム開発などの受託開発事業を中心に展開しています。
対他業種において、IT領域の新規事業立ち上げを専門としているマクロパスは、その都度のITトレンドを踏まえ、事業開発ノウハウを活かしています。

企画を日本で、開発を東南アジアで行うという流れを経て、低コストで高品質な新規事業の立ち上げをサポートしているのです。
IT領域は流行りまたは廃りのスピードが非常に早いです。

しかし、今後さらに発展していくとされるIT領域において他の業界が参入するということは難易度が高くもあります。
だからこそ、低コストでITの専門家の視点で事業開発に取り組むことが求められているのです。

日本において、伝統や技術を活かしつつITの発展に貢献することを考えていく必要があります。

マクロパスは、そんなIT領域への新規事業の専門家として、企業のニーズに沿った幅広い企画や開発を手掛けており、今後の成長や将来性の期待も高まっています。

マクロパスのように低コストで仮設検証をしていくことで、企業の方針に沿った取り組みを続けていける会社は多くはありません。

結果にこだわり、センスを極めることのできる人材であれば、マクロパスで活躍できることでしょう。
また、将来性も高いため、長く業務に携わることができるのもマクロパスの魅力ではないでしょうか?

 

マクロパスのまとめ

マクロパスの商品・サービス、採用に関する口コミや評判は、残念ながら見ることはできませんでした。

しかし、インドネシアやベトナムに開発拠点を置き、企画・開発等を国内と海外とに分けて取り組むことで、開発コスト軽減を実現し、IT分野において最新のトレンドを意識して成功をし続けているのです。

東南アジアに拠点を置いていても、日本で発注するのと変わらない品質を担保しているマクロパスは、実績もあり将来性が高いと言えます。

IT領域で成功を見込んで事業開発をする場合、最小単位で早く商品を市場に出し、仮設検証をしていくことが最も確実であると言われています。

ゼロからスタートし、イノベーションの創出を行っていくことで、スムーズにこれまでの古い業態から脱却することができるのです。

マクロパスでは、より確実性の高い手法を取り入れることで、難易度の高いIT領域での成功を実現しています。
人材の採用についても積極的で、常に新しい分野に触れ、細かい機敏を見抜きながら企画していくことを重要視しています。

このような点を踏まえると、マクロパスの今後の事業発展も大いに期待できると言えるでしょう。
また、今後はDr.Noteのようなヘルスケア領域にも力を入れていくことがわかっており、幅広い分野において活躍していくことが予想されます。