中小企業

2ちゃんねるで登場するアルテカの野村紘一さんから学ぶこと

こんにちは!

今回はアルテカの野村紘一さんについて調べてみました。

新しい価値観そのものを生み出し、一億円を超える高級マンションという画期的な商品、オーナーにとって負担がない等価交換方式を世に送り出しました。
そして研究するために来た競合他社のスタッフに対し隠すことなくマンションの内部を全て公開するという心が広い人物です。

では、早速、詳細についてみていきましょう。

新しい価値観を生み出した野村紘一さん

物の価値を決めるのは、人の価値観だと考えられます。優れた商品であっても、その価値を理解できる人が存在していなければ、売れることはないでしょう。物を売るためには、人の価値観を知りニーズを把握することが大切だということになります。

既存の価値観に合わせて商品を開発するのではなく、新しい価値観そのものを生み出すことができる、そんな人物も存在しています。野村紘一さんは一億円を超える高級マンションという画期的な商品を、世に送り出した人物です。一軒家を持つことが重視されていた時代に、集合住宅に付加価値をプラスし、高級マンションという全く新しい存在を開発しました。

当時、野村紘一さんが開発した高級マンションは大きな話題を呼び、メディアからも注目されたといいます。しかし開発当初は、高級マンションといっても集合住宅なのだから売れるわけがない、という意見が多かったそうです。現代とは住まいに対するイメージや価値観が違っていたため、低評価されてしまうこともあったのでしょう。そういった状況であっても、野村紘一さんが開発した高級マンションには購入希望者が集まり、完売することができたといいます。

高級マンションが完売した結果、他の不動産業者も競って似た商品を開発するようになりました。その後野村紘一さんが開発したマンションのプロジェクトには、同業他社が見学に来ることもあったそうです。不動産業者がこぞって高級マンション開発に参入するようになり、街には高級感あふれる高層マンションが、次々と建てられていきました。

既存の価値観にとらわれたまま商品開発を続けるのではなく、まだ目に見えていないニーズを把握し、革新的な商品を生み出すことができる野村紘一さんは、非常に偉大な人物だといえるでしょう。ただ高層マンションという商品を作り出しただけでなく、マンションや住まいに対する価値観そのものに、影響を与えたのです。高級マンションブームが誕生し、やがて定着していった背景には、こうした人物が存在しています。

野村紘一さんは等価交換方式を日本に導入した人物

等価交換方式は不動産等で使われているものです。これは土地を所有するオーナーにとっては最も有利に働くものなので理解しておきましょう。日本に等価交換方式を持って来たのが株式会社アルテカを経営する野村紘一さんという人物です。彼は1970年代に株式会社アルテカを設立しました。

この会社は不動産関係のサービスを行っているところで当時は億ションというマンションを売りに出しています。億ションは1億円以上もするマンションのことです。高価な物件なので当時の不動産業界関係者の間では売れるわけがないと言われていました。しかし野村紘一さんは等価交換方式を採用して一気に億ションを成功させているので知っておくと良いでしょう。

どうして等価交換方式が成功したのかというと、オーナーにとって負担がないからです。都心にある土地は時価額が高いです。そのため所有しているだけで結構な税金がかかってしまいます。使ってない土地を収益化する事ができるのが等価交換です。これはオーナーがディベロッパーに土地を預けて、ディベロッパーが億ションを建築します。
出来た億ションはオーナーと部屋を分けるといったシステムです。結果的に使ってない土地を収益化することができるのが強でしょう。野村紘一さんは自身の経営する株式会社アルテカでいくつかのサービスを行っています。例えば不動産投資をしたい人のため物件を紹介してくれます。

株式会社アルテカでは賃貸物件の管理業務まで行っているので非常に便利です。瑕疵担保保証やハウスクリーニング、生活支援サービスなどを代行してくれるのでオーナーにとって使いやすい管理会社です。顧客目線で不動産業者という立場からサポートをしてくれるので、的確なサポート力が備わっています。

株式会社アルテカは日本だけでなくハワイにも現地法人を設けています、その他の関係会社も10社あり規模も大きいです。野村紘一さんは今後も株式会社アルテカを筆頭にして多くの事業展開をするでしょう。

競合他社にマンションを公開する野村紘一さん

東京都の中心地をメインに、日本全国各地に多くなってきているのが高級分譲マンションです。非常に広いリビングに手厚いコンシェルジュサービス、トレーニングジムやプールといった施設を完備している分譲マンションは、値段が1億円以上してもすぐに売り切れてしまう物件があるぐらい高い人気があります。日本国内で、このような1億円以上する高級分譲マンションを初めて提供した人物が、株式会社アルテカを立ち上げた野村紘一さんです。

昭和50年に提供した原宿にあるマンションが日本で初めて1億円以上する高級分譲マンションであるとされ、そのときも現在と同様に完売しました。日本で最初に野村紘一さんが1億円以上するマンションの販売を成功させたことによって、競合他社も次々と参入して日本で高級マンションが流行します。ですので日本には似たような分譲マンションが次々と建設され、バブル景気を迎えた頃に最盛期となりました。

野村紘一さんは競合他社が次々と1億円以上する分譲マンションに参入してきても、動揺することはなかった訳です。普通ならば競合他社に真似されないようにするために、偵察しに来たことが判明すると完売した理由を隠そうとします。ところが野村紘一さんは心が広いため、研究するために来た競合他社のスタッフに対し隠すことなくマンションの内部を全て公開していました。

そして競合他社のスタッフに隠さず公開していたのは、心が広いだけが理由ではない訳です。野村紘一さんは、新規の不動産物件を建築する際に付加価値を高めることを重視しています。要するに、そのマンションにしかない付加価値を高めて提供しているため、すでに建築された高級分譲マンションを競合他社のスタッフに公開しても、特に支障を来たさなかった訳です。

このような付加価値を高める信念は、バブル景気が終わり高級マンションブームも過ぎ去ってから持ち味を発揮します。バブル景気が過ぎ去ると競合他社の高級分譲マンションはすぐに買い手がつかなくなりましたが、株式会社アルテカは提供するマンションは評判が下がらず相変わらず人気が高いです。

野村紘一さんの成功後からの展開から学びを得る

会社での出世や経営者を目指す物としては、参考になる人物から「学び」を得る事が重要だと感じています。私が今回紹介したいのが2ちゃんねるでよく登場する野村紘一さんという経営者で、彼から気付く事や参考になる事は多々ある事が特徴です。

この野村紘一さんの功績というのは今更ながら言わずと知れた物ですので、ここでは割愛しますが、まとめると億ションと等価交換システムです。ここから学んだ事は数知れないのですが。今回は億ションの大成功からその後の会社の動きについて取り上げてみたいと思います。

億ションの大ヒットを足がかりとして、多方面の展開や世界進出を目論むというのが一般的な企業家の考え方かも知れません。しかし野村紘一さんはこの成功の地盤をしっかりと大事にし、次なるステップに慎重に進んでいます。ここで参考にしたいのが成功にうかれる事無く、「勝って兜の緒を締めよ」ということわざのような学びを感じました。

すぐに世界展開をするのではなく、しっかりと基板を築いてからというのは経営者として注目すべきポイントでもあるでしょう(実際にその後には世界進出を実現しています)。

野村紘一さんがまず手がけたのが、現在の成功の元にもなった億ションのベルテシリーズのさらなる展開でした。成功から自信を持った野村紘一さんはどんどん消費者のニーズに応えるべく、一等地と呼ばれる土地にマンションを計画していきます。これは成功の裏付けがあったからこその展開であり、ブラッシュアップを繰り返して質を良くしていくという部分の学びを感じさせてくれます。

そして不動産事業の成功をベースとした商業施設や雑居ビルといった多角化経営に進みました。これは言わば現在の事業の成長という堅実性と展開性でもあり、経済の仕組みとともに気付きを覚える部分となっています。

このように野村紘一さんという人物は経済界も揺るがした程の大成功を収めたベルテシリーズの成功にかまける事無く、着実に事業を進めていったという部分は多くのビジネスマンが参考にすべき点でもあるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。