白石達也のリバティーレジデンツと仮想通貨の安全性

こんにちは!

本日は、白石達也のリバティーレジデンツと仮想通貨の安全性について取り上げてみます。

読者の皆さんは、仮想通貨についてどのようなイメージを持っていますか?

仮想通貨というと、日本でも記憶に新しい「コインチェック事件などがあり、これらの事件の影響からか仮想通貨=危険と考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、実際は危険なばかりではなく、将来性のある通貨でもあり、世界中で注目されているのです。

今回はそんな仮想通貨に関する有益な情報が提供されている白石達也のリバティーレジデンツと、仮想通貨の安全性についてご紹介していきましょう。

白石達也のリバティーレジデンツが気になっている、もしくは仮想通貨の安全性について知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

白石達也のプロフィールと経歴

若手の実業家としてあらゆる業界から注目されている白石達也について、どのような人物なのか気になる方も多いのではないでしょうか?

ここでは、白石達也のプロフィールと経歴を基に、その人物像を見ていきたいと思います。

 

白石達也のプロフィールと学生時代

1986年に生まれた白石達也は、父が大手航空会社に勤務し、母は外資系企業にて財務・会計管理に携わるというエリート家庭にて育ちました。

バブル経済が始まった最中に裕福な家庭で育ってきたため、世の中は豊かな暮らしをしている人々の方が多いと考えていました。

教育熱心な母に叩き込まれたことで、幼少期の頃から積極的に勉強し、高い学歴を持つことを目標としていたそうです。

高い学歴を持ち、有名な大企業に就職すれば、豊かな人生を送ることができるとも考えていました。

そんな白石達也は、高校時代イジメを受けてしまいます。

学業に専念していた彼は、ファッションや流行などに無関心で、次第に周囲から浮いてしまっていったのです。

酷いイジメを受けたことで、精神的にひどくショックを受けましたが、大学受験において努力することでそのトラウマを払拭しようと奮闘しました。

一浪の末、見事早稲田大学商学部に入学した彼は、在学中に学校という教育機関で学べる事柄に限界があるということを知ります。

さらに、父が携わる大手航空会社が倒産の危機に陥ったことで、大企業であっても経営危機に陥る実態を目の当たりにしたのです。

こうした背景から、本当の成功者となるには、自らが未来を創造し、切り開いていく必要があると悟ったのです。

また、そのためには既存の教育方針では不足する知識の方が多く、より確かで実践的な教育が本来あるべき姿ではないかと考えるようにもなりました。

在学中は、自己啓発セミナーやビジネスセミナーに積極的に参加し、社会でより良く生きていくための知識を身に付けていきました。

そして、情報商材分野にビジネスチャンスがあるということに気が付いたのです。

学生時代から情報商材の魅力にハマり、様々な場面で成功を遂げることになります。

 

白石達也の経歴と人物像

現在、白石達也はインターネット環境を通じて様々な情報発信を行い、より多くの人々に必要な情報と知識を届けられるよう取り組んでいます。

白石達也の名を世に知られるようになったきっかけは、「ランドオブハンモックYouTuber」ではないでしょうか?

実際に画期的なこの情報商材で数億円の資産構築実現した彼は、厳しい審査をクリアした商材のみが君臨するインフォトップでも売上1位を獲得しています。

そして、インターネット環境を活用して学ぶことができるIROASを創設し、会員向けに専門的なビジネス知識やノウハウを気軽に学べる環境を作り出したのです。

学生時代に目の当たりにした様々な苦労や思いをバネにして、情報商材の世界で成功を遂げた白石達也は、IROASを通じてネットビジネスにおいて資金形成していくための知識や実践的なノウハウを提供しています。

経済分野だけでなく、人間関係や語学、居住、時間、健康などあらゆる分野において学びを深めることができるため、豊かな人生を歩むために必要な情報を効率的に得ることができる商材なのです。

白石達也は、豊かな人生を送るためには、学歴や大企業への就職が必要だと考えていました。

しかし、様々な経験をしてきた中で、自ら資金形成を行っていくことが本当に必要なのだと気付くことができたのです。

白石達也が提供する情報商材は、瞬く間に注目され、話題性を呼び関心を寄せる方もたくさんいます。

それだけ、より良い学びを提供する彼の人物像や考えに共感し、支持する人々がたくさんいるということではないでしょうか?

 

白石達也のリバティーレジデンツとは

IROASの創始者である白石達也は、そのIROASの会員向けに作られたリバティーレジデンツも手掛けています。

会員でなくても利用することができるリバティーレジデンツとはいったいどのようなものなのでしょうか?

 

リバティーレジデンツとは?

リバティーレジデンツは、近年話題になっている仮想通貨に関する知識を中心に投資方法や節税テクニックなど幅広い内容を学ぶことができるオンライン講座になっています。

仮想通貨においては、ただ関心を寄せるだけでは取引や投資に取り組んでも失敗してしまう可能性が高いです。

複雑な仮想通貨の概要や専門的な知識、投資を成功させるためのポイントなどをまとめ、様々なエッセンスが含まれたリバティーレジデンツは、金融制度の歴史や株式市場の仕組み、仮想通貨の本質なども学べる環境になっています。

 

現在、仮想通貨を活用して新しいシステムを導入する時代へ突入しているということをご存知でしょうか?

新しい収入システムを構築することができる現在は、生き方を自ら選択する必要があります。

リバティーレジデンツでは、「何にも縛られずに自ら自分の運命を切り開き、思いのままに生きていくこと」を実現していくためのプログラムです。

安定した収入サポートも提供しており、リバティーレジデンツを活用して人生の転機を迎えたという方も非常に多いです。

 

リバティーレジデンツの本質

今後、私たちの身近なものになっていくであろう仮想通貨について深く学ぶことができるというのがリバティーレジデンツの大きな特徴です。

しかし、その本質にあるものは、テーマにもなっている「居住地の自由」です。

これは、好きな国や地域において、自由に暮らしていけるような環境にしていこうという白石達也の思いの象徴でもあります。

ただ、好きな国や地域で暮らしていくには、その環境に順応するために言葉・文化・生活に役立つ情報や知識を習得する必要があるでしょう。

こうした現状から、リバティーレジデンツでは仮想通貨や金融関係・投資・節税だけでなく、ネットビジネス・旅行・移住・語学などの分野も学ぶことができるようになっています。

リバティーレジデンツはパソコンとインターネット環境さえあれば、どこにいても利用することができます。

仕事や家事の合間などに気軽に学ぶことができるため、初心者であっても十分に役立つ情報を入手できるでしょう。

また、毎月ニュースレターが配信される仕組みになっているため、実践的で新しい情報を常にインプットすることができるというのも特徴です。

居住地の自由を得るために、ニュースレターを欠かさず読み続けているだけでもかなりの知識を得ることができるのではないでしょうか?

 

オプトインATMシステム活用

リバティーレジデンツを利用することによって受けられる特典の1つに、「オプトインATMシステム」というものがあります。

これは日頃から活用しているメールやLINEなどの専門知識を習得することによって自動的に報酬を受け取ることができるシステムです。

オプトインATMシステムを活用すればするほど報酬を得られる仕組みになっているため、このシステムをこなすだけでも資金形成の大きな一歩になることでしょう。

また、取得した利益は仮想通貨のポートフォリオにて分配することも可能なので、仮想通貨の知識や実践力がついていけば、さらなる資産形成が実現できます。

様々なコンテンツを活用することで、着実に居住地の自由を手にすることができるのです。

白石達也のリバティーレジデンツは、IROASの会員でなくても利用することができるプログラムです。

彼の情報商材は、多くの人々に豊かな人生を送っていってほしいという願いを感じることができます。

このような魅力も、彼が手掛ける情報商材の特徴と言えるでしょう。

 

安全に仮想通貨を購入する方法

現在、多くの銘柄が出ている仮想通貨ですが、これから仮想通貨と取引を始めてみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、安全に仮想通貨を購入する方法や保管方法などにとついて説明していきます。

 

取引所はいくつか登録することが大切

仮想通貨の取引を始める場合、取引所はいくつか登録しておくことをおすすめします。

これには、リスクを分散させるという理由があります。

投資している人なら聞いたことがあるかもしれませんが、投資の世界には「卵は1つのカゴに盛るな」という格言をご存知でしょうか?

「卵は1つのカゴに盛るな」という格言の意味は、1つのカゴに卵をたくさん持っているとカゴを落とした時に全部割れてしまいすべて使うことができなくなってしまうことから、資産にも同じことが言えるということを指しています。

取引所によって取り扱っている通貨が異なるだけではなく、サーバーがダウンしてしまうなど予期せぬ事態に備えておくべきだということになります。

そのため、最低でも3つの取引所に登録しておくべきだという投資家が多くいるのです。

取引所は無料で開設できるので、いくつかの取引所を試し、使いやすい取引所をチョイスしていけば良いでしょう。

 

仮想通貨を購入する際には、リスク管理をしっかりしよう

仮想通貨の取引に慣れてくると、さらに多くの仮想通貨を取引したくなります。

しかし、多くの仮想通貨を取引するのであればそれに見合ったリスク管理が必要になることを忘れてはいけません。

仮想通貨が普及しているとはいえ、コインチェックやZaifのハッキング事件があったことからもわかるように、取引所の管理が100%安全というわけではないのです。

仮想通貨も大切な資産なので、そのような事件に巻き込まれたくないと思うのが普通でしょう。

そのため、仮想通貨のウォレットできちんと管理をする必要があります。

仮想通貨のウォレットはその名前の通り、仮想通貨の財布を意味しています。

個人のウォレットを持っていれば、取引所だけではなくウォレットでの管理ができるので安全性が高まるということです。

ウォレットを持っていれば、コインチェックやZaifのハッキング事件と似たような事件が発生しても、仮想通貨を奪われることはありません。

重要な役割を担っているウォレットにはいくつかの種類があるので、自分にあったウォレットを探してみてください。

最近は、スマートフォンで仮想通貨を管理できるアプリなどもあるので、選択肢はたくさんあります。

 

仮想通貨で起きた重大事件のまとめ

仮想通貨に関する事件は度々報道されています。

仮想通貨に関する事件の中でも重大事件と言える大規模な事件について振り返っていきます。

 

2014年2月に起こったマウントゴックス盗難事件

マウントゴックス盗難事件は、2014年2月にマウントゴックスがビットコインの引き出しを全て停止してしまった事件です。

この事件は、ハッキングされたことで起こりました。

ハッカーがビットコインのトランザクション展性という弱点を突き、取引額の二重払いによってビットコインをどんどん盗み出していったのです。

マウントゴックスのマネジメントにも問題があり、結果的に4.7億ドル(およそ500億円)ものビットコインが盗まれてしまいました。

この時に盗まれたビットコインは、世界で供給されていたビットコインの7%にも及ぶ量です。

マウントゴックス盗難事件は、世界的にも多くのニュースで取り上げられたため、ビットコインの存在を世の中の多くの人が知った事件とも言えるでしょう。

この事件後、マウントゴックスは破産してしまいます。

被害者への損害賠償の裁判が起こされるなど多くの人が動きましたが、未だに解決できていません。

マウントゴックス盗難事件で盗まれたお金は、BTC-eという取引所で資金洗浄されたことが発覚したため、BTC-eの所有者はギリシャで逮捕されています。

 

2016年6月に起こったThe DAO Attack

The DAO Attackは、イーサリアム最大の盗難事件と言われています。

この事件はあまり知られていませんが、非常に大きな被害を被った開発者が新しい仮想通貨を作ることで対処をしなければいけない事態に陥りました。

イーサリアムのThe DAOというプロジェクトの脆弱性をハッカーが突いたことで、The DAOの中にあるおよそ360万ものイーサリアムが盗まれてしまったのです。

事件の対策としてイーサリアムのコミュニティでは、盗まれたおよそ360万ものイーサリアムの取引を無効にするソフトフォークの実施を検討しました。

しかし、それ以上に攻撃されることを懸念し、ソフトフォークの実施は断念することになりました。

そのため、事件の解決をするためにハードフォークという仮想通貨を2つに分かれさせる手段を選択するという結果になったのです。

ハードフォークの実施によって生まれた新たな仮想通貨は、イーサリアムクラシックというコインで、イーサリアムの名前を引き継いでいます。

結局盗まれた取引はなかったことにされ、イーサリアムが盗まれる前の状態に戻ったということになります。

つまり、360万イーサリアムは持主の手元に戻ったということです。

現金の盗難ではまずあり得ない対象法と言えるでしょう。

 

2018年1月に起こったコインチェック事件

コインチェック事件は、ネムという仮想通貨が盗まれた事件です。

これは、仮想通貨史上最大の被害額となりました。

その被害額は、およそ580億円にも上ります。

この事件は、ネムをホットウォレットに保管していたこと、マルチシグ技術を取り入れていなかったことが被害を拡大させる原因になったと言われています。

ホットウォレットとは、ネットワークにつながっている仮想通貨の倉庫で、決済などを素早くできる反面、ハッキングのリスクが高い保管方法です。

マルチシグ技術とは、これまで1つしかなかった秘密の鍵を2つにすることで安全性を高める技術のことです。

ハッキングのリスクが高い保管方法を選択しているにも関わらず、マルチシグ技術で安全性を高める取り組みを行わなかったため、大きな被害につながってしまったということになります。

仮想通貨の価格下落を考慮した460億円の返還を現金でするという方針はありますが、いつ返還されるかなど具体的なことはまだ分かっていません。

今後、どのような対応を行っていくのか多くの人が注目しています。

 

今回のまとめ

仮想通貨が普及することによって、利用する人々は様々なリスクを抱えなければいけません。

白石達也が手掛けているリバティーレジデンツは、自由な生き方を手に入れるために仮想通貨による収入を推奨しています。

リバティーレジデンツでは、「何にも束縛されず、自由に運命を切り開き、思いのままに生きる」という理念の中で、様々なコンテンツを学ぶことができます。

仮想通貨の投資だけではなく、旅行や移住、節税などについても学ぶことができるため、お金を稼ぎつつ、自由な暮らしを実現していくことができるというものです。

リバティーレジデンツでしっかり学ぶことができれば、仮想通貨の基本的な知識や的確な投資方法を身につけることができ、長期的に安定した収入を得るために必要なノウハウを自分のものにできるでしょう。

 

しかし、仮想通貨で取引を行うためには安全に仮想通貨を購入する方法やこれまでに起こった重大な事件について知っておく必要があります。

は安全に仮想通貨を購入する方法を知っているということは、いざという時のリスクを回避することができるだけではなく、自分自身でしっかりと管理もできるということです。

前述したように「卵は1つのカゴに盛るな」という格言に従って、いくつかの取引所で分散した取引を行っていれば、1つのサーバーがダウンしても他の場所で巻き返すこともできるでしょう。

取引所にはそれぞれ特徴があるので、どこの取引所が良いかは人によります。

いくつかの取引所に登録し、試している中で自分にあった取引所を見つけることができるはずです。

 

また、仮想通貨はこれまで何度も盗難事件が起こっているということも知っておかなければいけません。

今回紹介したマウントゴックス盗難事件やThe DAO Attack、コインチェック事件は特に大きな被害が出た事件ですが、その他にもマウントゴックスのビットコイン盗難事件やThe Bitfinex事件、NiceHash事件といった事件が発生しています。

これらの事件は、取引所がハッキングされることで起こったというケースがほとんどなので、ユーザーだけの対策では回避することができない部分です。

しかし、取引所に預けるだけではなく、仮想通貨をハードウォレットに保管したり、セキュリティ対策の知識を身に付けるなどの工夫をすることで、リスクを軽減させることはできるでしょう。

リバティーレジデンツで学んだ内容を活かして仮想通貨投資を行うのはいけないことはでありませんが、きちんとリスク管理をして大きな被害を受けないように気を付けまし