コージュ株式スクール|ローリスク投資が学べると評判の講座とは?

こんにちは!
本日は、コージュ株式スクールについてご紹介していきます。

皆さんはコージュ株式スクールをご存知でしょうか?

コージュ株式スクールは株式投資の方法を解説するための学校で、

堅実で安定したオリジナルのローリスク投資法が学べる学校になっています。

 

しかし、本当にローリスクで株式投資ができるのか不安に感じている方も多いことでしょう。

そこで今回は、コージュ株式スクールでどのようなことを解説しているのか、

講座の内容と評判などをご紹介していきたいと思います。

 

もし、コージュ株式スクールについて気になっている、

もしくは株式投資が初めてで安定した投資法を学びたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 コージュ株式スクールの概要・歴史を紹介

 

コージュ株式スクールは本校が熊本県熊本市にある株式投資のノウハウを身に付けられる専門学校です。

キャッチコピーを「家計を守り、家計を助ける、こつこつ楽しく株式投資」と設定しており、

家計の補助や老後の資産運用などを目的に多くの人が学んでいます。

コージュ株式スクールの設立背景や歴史などをご紹介しましょう。

 

コージュ株式会社について

コージュ株式会社は2005年に熊本に本校が設けられ、九州を中心にスクールが増えていきます。

では、各校開校の沿革を見てみましょう。

・平成17年5月(2005年):熊本市に本校の熊本校が開設、2008年に並木坂から水道町に移転

・平成24年10月(2012年):鹿児島天文館校の開設

・平成25年10月(2013年):大分駅前校の開校

・平成27年10月(2015年):福岡の小倉魚町校の開校

・平成29年2月(2017年):東京日本橋校の開校

 

このように、現在は6つのスクールが開校されており九州地方や関東地方の生徒が多くみられます。

2017年10月にはWeb講座の開講により全国対応となり、

今までスクールがなくて通学が難しかった人も入学しやすくなりました。

 

大分駅前校が開設されて2015年には生徒数が846人を突破し、

2016年には1063人に突破しましたが、Web講座の導入により生徒数はもっと増えると予想されます。

 

なお、生徒は投資経験者・未経験者問わず対象で、

年齢も20~70代と投資に興味があれば幅広い人々が入学することが可能です。

 

現在は40~60代の年齢層が中心ですが、

20~30代の若い世代や主婦をはじめとした女性の利用も増加傾向にあります。

 

 

コージュ株式スクールの設立背景

 

コージュ株式スクールの代表で学長の井手広司は、元々は投資関連仕事をしていたわけではありません。

実は百貨店などの資金計画や財務を担当していました。

 

お金に関わる仕事を進めながら独自で株式投資の知識を身に付け、

「3つの波投資法」という手法を考え、独立の道を決意します。

 

その後、成功事例に基づき独自の投資法に改良を加えた「マジックライン」を考案し、

マジックラインをベースにオリジナル講座や実技により低リスクの投資を実現するための指導を行っています。

 

 

コージュ株式スクール名に由来とは?

 

コージュ株式スクールの名前が独特だと感じている人は多いでしょう。

学長の名前が「井手広司」であるため「コージュ」はそこから由来していますが、

それ以外にも意味が込められているようです。

 

コージュの英語綴りは「coteje」で、これはフランス語の言葉をかけ合わせています。

「味方」、「株」などを意味がある「cote」と「私」の意味を持つ「je」からきており、

要約すると「私の味方」や「私の株」という意味になるわけです。

 

つまり、「株式投資家を目指す人々の味方である」という意味がコージュ株式スクールに込められていると言えるでしょう。

事業内容と特徴について

 

今では全国対応にも発展したコージュ株式スクールですが、具体的にどのような事業を展開しているのでしょうか?

コージュ株式スクールの事業内容やその特徴をご紹介していきます。

コージュ株式スクールの事業内容について

 

コージュ株式スクールは、学長の井手広司が考案したコージュ独自の投資法に基づき、

スクールに入学した生徒に株式投資に必要なノウハウや技術を指導するスクール事業を行っています。

 

スクールは通学講座とWeb講座の2つがあり、受講期間は1年間となっているので

じっくり時間をかけて投資の基礎から実践レベルまで学ぶことが可能です。

 

 

通学講座とWeb講座の特徴

通学講座

 

各校に直接通って学べる通学講座には基礎講座と実技講座があります。

 

基礎講座は月2回のペースで全12回(6ヶ月)となっており、

実技講座も同じく月2回ペースの全12回(6ヶ月)です。

通学講座の入学月は2月、6月、10月の年3回となっています。

 

 

・Web講座

 

Web講座はオンライン上で動画により講義を視聴することができ、

スマホやタブレット、パソコンとインターネット環境があれば

スクールがない地域でも入学することはできます。

 

講座は月2回の配信となっており、1年間で全24回の講座が開かれます。

Web講座の場合は毎月1日から入学が可能なので、都合のいいタイミングから利用することが可能です。

 

学費は月額制となっているので負担なく支払うことができ、

また一時的に通えない場合は途中休止ができ、復会もいつでもできます。

 

コージュ株式スクールは再受講が可能

 

コージュ株式スクールの講義は1回あたり約90分となっており、

曜日や時間を変えて同じ講座を4回実施しています。

 

毎日通学するのではなく、自分の都合に合わせて受講時間を選ぶことが可能です。

また、同じ講義は再受講することができ、受講には料金はかかりません。

またWeb講座の場合は何度でも同じ講座を繰り返し視聴することが可能です。

 

 

サポート体制が充実している

 

講義が4回ずつ行われていても、風邪や個人の都合で受講を逃したり、

講義の内容が理解できなかったりすることもあるでしょう。

 

コージュ株式スクールでは事前に相談しておけば欠席した講義の補講を受けることができ、

講義で分からなかった部分をサポートする体制を取っています。

 

Web講座でも専用サイトや電話で質疑応答に対応しているので、

内容が分からず置き去りにされる心配はありません。

ローリスク投資が学べる講座とは

 

コージュ株式スクールの強みは、ローリスクな投資方法を学習できることです。

では、具体的にどんな講座なのか内容をご紹介しましょう。

 

 

コージュ株式スクールのカリキュラムについて

 

コージュ株式スクールの講義内容はコージュ独自の投資法から、

基本から実践に活かせる内容を学ぶことができます。

 

カリキュラムは「基礎」、「応用」、「実践」のステップを踏んでいきます。

・ステップ1:基礎

 

最初に行われる基礎講座では、世間に出回っている間違った投資法や常識を知り、

客観的で合理的な知識を学んでいきます。

 

コージュ株式スクールで学べる基礎は非常にシンプルです。

多数の実践経験から無駄な部分を取り除き、絶対に必要だと断言できる手法だけを残しているので、

株式投資の初心者にも分かりやすい講義なのです。

・ステップ2:応用

 

基礎講座が終わると応用となり、

コージュ株式スクールのカリキュラムのメインとなる売買練習が始まります。

 

優秀な理論や技術でも実践に活かせなければ意味を持たず、投資は個人の個性が出やすい行動であるため、

売買練習で自分の負けパターンと勝ちパターンを把握していくことが大事と考えているようです。

 

リスクを軽減するための基本ルールを身に付けると同時に、

負ける原因を発見して改善し、正確で安全な投資ができるようになります。

 

スタッフがしっかりサポートしてくれる上に、

先輩にあたるコージュクラブ生も引き続き受講される方が多いので、

様々な人に支えてもらいながら売買練習をすることが可能です。

 

 

・ステップ3:実践

 

コージュ株式スクールの最終目標は株式投資で利益を上げることなので、

実践力を身に付けるための工夫もされています。

 

生徒・会員の専用ページからは日本や世界の市況の動きとその解説が毎日されており、

学んだ基礎力や応用力を活かして現実の市場や銘柄を観察することで、実践力を高めていくことが可能です。

 

サポートシステムについて

 

コージュ株式スクールは基本的な講座以外にもサポートシステムとして色々な講座を定期的に開いています。

例えば、研究銘柄を観察して投資法を検証する合同銘柄研究会、

投資に必要なパソコンの初心者向け講座、ネットトレードの入門講座などに参加することが可能です。

 

 

コージュクラブについて

 

基礎・実技講座を修了すると月会費生のコージュクラブに入会することができます。

 

講義終了後も受講した講座の全てをフリーパスで再受講でき、

会員ページも継続して利用できるので様々なサポートを受けることが可能です。

 

また、コージュクラブに加入すると、

スクールの講義にはないマジックライン講座と空売り講座の受講資格が与えられます。

 

マジックラインとは井手広司が考案した投資法で、

複雑に動く株価を単調な波の形に置き換えていく手法で、

マジックラインを上手に活用できる知識を学ぶことができるでしょう。

講座の評判について

 

コージュ株式スクールは正しい基礎から応用、そして実践力を身に付けることができ、

講座修了後も希望すればサポートを継続してもらうことができます。

 

では、実際にスクールを利用している人の評判はどうなのか、

ここからはコージュ株式スクールの口コミをいくつかご紹介しましょう。

 

“授業は土日が中心で平日仕事をしてる身としてはたすかります。

セミナーとか会員イベントは結構席が埋まります。”

 

“平日だけではなく土日や夜も講義を開いているので、

働きながらの人も通いやすいことが魅力です。“

 

“普段の講義だけではなく特別セミナーや会員向けイベントも人気のようなので、

早めに行って席を確保した方が良いかもしれません。“

 

“ネットトレードや基礎的なパソコンの知識も教えてもらえるので

株を始めたいけどパソコンの使い方もよくわからないって人でも大丈夫です。

ちゃんとサポートしてもらえますし、授業についての質問も都度答えてもらえます。”

 

コージュ株式スクールは初心者にも分かりやすいカリキュラムを用意しており、

トレードからパソコン操作まで株式投資に必要な情報をサポートしてくれるようです。

株式投資に興味を持つ人も踏み出しやすいと言えるでしょう。

 

“株と政治の話を合わせていろいろお話してくれますよ。

WEB講座もあるけど個人的には教室に通ったほうが先生たちもいるのでいいと思います。”

 

株価の動きと現在の政治や経済とを絡めて講義するので、

トレードの現状を把握した上で具体的に学ぶことができるのでしょう。

Web講座はいつどこでも視聴できるメリットがありますが、

もっと理解を深めたい方は可能な限り通学の方が有益な情報が得られるかもしれません。

 

“年を重ねていて、スマホにもパソコンにも慣れていない人間が投資を始めようと思ったら、

直に教えてもらうしかない。物事を始めやすくするという価値もあるんですよ。”

 

退職後に老後の資産運用として株式投資を始める人は少なくないものの、

スマホやパソコンの操作に不慣れな中高年層は少なくありません。

 

一般的な操作はできても投資までは厳しいと思う方もいらっしゃるでしょう。

コージュ株式投資はネットトレード初心者に向けた講座があるので、

年齢問わず新しいことを始めるきっかけを得られるということに大きな価値があるのではないでしょうか?

まとめ

 

ここまでコージュ株式スクールの概要や講座についてご紹介しましたが、

口コミを見る限り講座の評判は悪くないという印象です。

 

初心者や投資で勝てない人に向けた講座が中心なので、

それなりに投資経験がある人にとっては多少物足りなさがあるかもしれませんが、

株式投資に興味があるけど何をしたらいいか分からないという人には適したスクールでしょう。

 

平日・土日に昼夜間と個人の都合に合わせて講義が受けられ、

相談をすれば欠席時や質疑応答にも対応してくれるので学びやすいです。

 

コージュ株式スクールは九州と関東に6校と決して大きなスクールではありませんが、

Web講座があるので近くにスクールがない人も利用できます。

 

口コミでは実際に通った方がいいという意見もあり、

スクールも東京に進出したので教室数は今後も増えていくと期待できるでしょう。

 

そうなれば多くの人が有意義な講義に参加でき、特別セミナーや会員セミナーにも参加しやすくなります。

コージュ株式スクールは月額制なので一括の学費が用意できない人も安心ですし、再受講は無料となっています。

投資初心者やスマホやパソコンに不慣れな方も安心して学べるので、

まずは無料講座から参加してみてはいかがでしょうか?