白石達也のリバティーレジデンツから考える居住地の自由とは?

こんにちは!

本日は、白石達也のリバティーレジデンツについて取り上げてみます。

皆さんは白石達也のリバティーレジデンツというと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか?

リバティーレジデンツでは仮想通貨やその他の投資に関する知識・情報を提供しているサービスになります。

しかし、このサービスの目的はお金を稼ぐことではなく、「居住地の自由」を得ることだと言われているのです。

この居住地の自由とは、具体的にどういったことを指しているのでしょうか?

今回は、白石達也のリバティーレジデンツから考える、居住地の自由についてご紹介していきます。

リバティーレジデンツについて詳しく知りたい、白石達也について気になるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.白石達也のプロフィールと経歴

白石達也は、若くして成功した実業家として注目を集めている人物です。

今では自分自身のビジネスに自信を持ち、苦労している姿を見せることはありません。

しかし、白石達也が成功するまでの道のりは楽なものではありませんでした。

そんな白石達也が成功までの人生をどのように歩んできたのか見ていきましょう。

 

 

■白石達也はどのように育ったのか

 

白石達也は、1986年生まれです。

この年には、上野動物園でジャイアントパンダのトントンも生まれました。

白石達也の父親は大手航空会社で働いていて、母親は外資系企業のコントローラーとして働いていました。

幼い頃からエリートで裕福な家庭で育ったため、お金に困ることはありませんでした。

母親はとても教育熱心な人物だったため、厳しい教育方針を決め、色々な教育を受けて育ちました。

その影響もあり、小学校から中学校時代で論語に興味を持つなど、同世代の子どもと比べても異才を放っていたと言います。

高校時代も相変わらず勉強熱心でしたが、おしゃれや流行に興味を持つことがなかったため、いじめの対象となってしまいました。

そのような経験を糧にした白石達也は、さらに勉強に励みます。

 

高校卒業後は、早稲田大学商学部へと入学します。

大学在学中の白石達也は学校教育のあり方や就職活動の方法に疑問を抱くようになるのです。

そして、自己啓発セミナーなどに参加することで自由な学び方をしても良いのではないかと考えるようになりました。

大学在学中からFX取引の予測システムやアフィリエイトなどの販売をするビジネスを始めていた白石達也は、大学卒業後も就職するのではなく、起業して新しい道を開拓しようと決めました。

 

 

■現在の白石達也の考えの根幹は?

 

大学在学中から情報商材の世界に入り始めた白石達也は、大学卒業後起業します。

大学在学中にも自己啓発セミナーなど色々なセミナーに参加していたため、ビジネスに関する知識も幅広く身に付けていました。

その中でも、伊勢隆一郎氏と村上むねつぐ氏との出会いはとても大きな意味を持つことになります。

伊勢隆一郎氏と村上むねつぐ氏は、情報商材業界でも知名度の高い人物です。

そんな2人との出会いにより、白石達也は神龍プログラムを立ち上げるきっかけを手にしました。

神龍プログラムでは、無料で様々なコンテンツを学ぶことができるシステムを構築し、多くの成功者を輩出したのです。

その後、代表作であるランドオブハンモックYouTuberを生み出し、白石達也という名前を世の中に広めることになります。

ランドオブハンモックYouTuberは、YouTubeを活用してマーケティングについて学べる情報商材だったので大きな注目を集めました。

 

白石達也は現在、IROASやリバティーレジデンツの運営・提供も行っています。

IROASやリバティーレジデンツは、お金を稼ぐために知っておきたい知識やノウハウを提供している商材です。

自分の好きなタイミングで学ぶこともできるので、忙しい人でも気軽に始めることができるでしょう。

そんな白石達也が手掛けている情報商材は、目の前にある利益だけではなく、将来的な利益を追求するための学びを提供しています。

また、一人ひとりに必要な知識を選びながら学べる仕組みにもなっているので、その時々に最適な知識を身に付けられるでしょう。

実際に、白石達也が手掛けている情報商材を活用して、大きな成功を収めた人もいます。

白石達也自身の経験を活かして作られている情報商材なので、似たような悩みを抱えている人にとっては特に大きな成果をもたらしてくれるのではないでしょうか?

もちろん、興味がある分野について積極的に学びたいという意欲がある人は、白石達也のような成功を望むことができます。

 

 

2.白石達也のリバティーレジデンツとは

白石達也が手掛けている情報商材の1つに、リバティーレジデンツがあります。

リバティーレジデンツは、白石達也が運営しているIROASのプログラムに含まれているコンテンツです。

ここでは、リバティーレジデンツがどのようなコンテンツなのか、特徴についてご紹介していきましょう。

 

 

■リバティーレジデンツはどのようなものか

 

リバティーレジデンツは、近年話題になっている仮想通貨に関する基礎知識や仮想通貨を使った投資方法について学ぶことができるコンテンツです。

IROASのプログラムには様々なコンテンツがありますが、その中の1つということになります。

リバティーレジデンツでは、「居住地の自由」という大きなテーマを掲げています。

「居住地の自由」というのは、どこにいてもお金を稼ぐことができ、生活することができるということです。

つまり、自由人という生き方を確立するコンテンツだと言えるでしょう。

仮想通貨は、パソコンとインターネット環境があればどこでも始めることができるので、「居住地の自由」を求めるためには必要不可欠な要素だと白石達也は考えました。

仮想通貨はその名前にあるように、実際の通貨と同じように使うことはできません。

しかし、仮想通貨を現金やポイントに交換することができるので、資産を増やすためのツールとして活用することができるのです。

注目されている仮想通貨は、将来的にも利用する人が増えると考えられているので、リバティーレジデンツに対する興味や関心も高まることが予想されます。

リバティーレジデンツでは、初心者でも分かりやすい解説をしているので、知識がない人でも正しい知識を身に付けることができるでしょう。

 

 

■リバティーレジデンツではどのように学ぶのか

 

リバティーレジデンツは、基本的にオンライン講座で学習を進めていくというスタイルになっています。

つまり、パソコンとインターネット環境があれば、どこでも受講できるということになります。

そのため、仕事などが忙しくてまとまった学習時間を作ることが難しい人であっても、学ぶ時間を作りやすいと言えるでしょう。

またリバティーレジデンツでは、仮想通貨や経済の仕組みについて学べるだけではなく、仮想通貨に関するレポートやメルマガを受け取ることもできるので、より深い知識を身に付けられます。

そして、最先端のシステムでもあるオプトインATMシステムを活用することにより、さらに効率的な学びを提供しているのです。

しかし、リバティーレジデンツを利用するためには、IROASの会員登録が必要になります。

IROASの会員専用サイトにアクセスすると会員登録ができるので、リバティーレジデンツに興味がある人は、登録してみてください。

 

 

■仮想通貨は安全な通貨なのか?

 

リバティーレジデンツでは、仮想通貨に関する知識を学びますが、仮想通貨に関する知識がない人から見ると、インターネット上の通貨は不安だと感じてしまうかもしれません。

確かに、管理をしっかりしていないと犯罪者に狙われている可能性もあるので注意はしなければいけないでしょう。

しかし、セキュリティ対策を万全に行っていれば、仮想通貨初心者の人であっても安全な取引を行うことができます。

現在はまだ仮想通貨に対する正しい知識や価値が認識されていない部分があります。

そのため、不安に感じてしまう人がいるのも仕方がないことです。

そのような不安を払しょくするためには、リバティーレジデンツのコンテンツで学び、仮想通貨に関する正しい知識を身につける必要があるといえるのではないでしょうか。

仮想通貨は将来性のあるものなので、今のうちにしっかりと知識を身に付けておいても損はありません。

むしろ、早い段階から学び、仮想通貨を始めることが「居住地の自由」という目標を達成するポイントになるはずです。

 

3.白石達也のfacebookを見て感じた最近の動向

若き実業家として活躍する白石達也は、多くの情報商材を提供し成功を収めました。

周囲からは様々な意見が寄せられていますが、彼の動向は公式サイトやfacebookで確認することができます。

ここで白石達也が公開しているfacebookの内容について見ていきましょう。

 

 

■白石達也のfacebookを調べてみた

 

毎日ではありませんが白石達也は定期的にfacebookを更新しています。

彼が手掛ける情報商材に関する投稿がメインになっていますが、家族との日常生活や普段感じていることなども赤裸々に綴っています。

彼が行っている「ノマド家族」とはどういったものなのか、仮想通貨に対する考え方をはじめ1億円のコピーライティングの内情、ユーザーが最も知りたいことなどを無料で提供しているようです。

どの情報も本来ならお金をもらってセミナーや講座、テキストなどにできる内容ですが、彼の場合はあえて無料でユーザーに提供しています。

白石達也は今後、新しい起業家が生まれてきてくれることを願い、そのきっかけ作りとしてあらゆる情報を惜しみなく公開しているのでしょう。

しかし、彼の生き方や戦略方法を批判する人達も多く、facebookのレビューには疑問や意見をあげている方も少なくありません。

これだけ若い企業家ですから賛否両論がないことの方が珍しいかもしれませんが、高く評価しているレビューの方が圧倒的に多くなっています。

 

 

■最近のfacebookから分かること

 

彼のfacebookを見てみると、最近は動画コンテンツを貼りつけてアップしている記事が多くなっています。

「人生の中で一番大切なもの」「あなたが夢を叶えるために必要なのはお金ではない」「Time is maneyの真実」「お金の不安から開放される収入の作り方」「ユダヤ人が教えるやってもいい労働収入の基準」「日本人が意外と知らない本当の権利収入の定義」などお金や自由をテーマにより具体的な定義を見出すためのコンテンツが目に入ってきます。

もちろん家族旅行や日常的な出来事も載せていますが、以前よりもコンテンツ動画をアップする機会が増えてきているようです。

戦後の日本教育まで遡り、彼は日本人としてのあり方を大勢の人達に伝えたいのではないでしょうか。

 

 

facebookを見る限り彼は、自分らしいお金の作り方や生き方を貫いていくことによって、ビジネスや私生活がうまく回っていくということを発信し続けているのだと感じます。

様々な苦労を経験してきたからこそ、多くの人達がとらわれている働き方や自由を一度見直してほしい、そう思えるような内容になっています。

 

 

4.白石達也が考える「居住地の自由」とは何か?

白石達也が考案したリバティーレジデンツは主に仮想通貨に関する情報をメインにオンラインセミナーを公開しています。

最新の仮想通貨事情を入手することもできるので、資金形成や投資法に直接活かすことができるでしょう。

仮想通貨は現在1500種類以上もあり、ブロックチェーン技術が注目を浴びていますが、仮想通貨だけのコンテンツであればどこからでも入手することができます。

彼が手がけるリバティーレジデンツは、「居住地の自由」に特化しているコンテンツであることが有名です。

この居住地の自由を手に入れるために教材の一つとして仮想通貨が同じ土俵で扱われているようです。

では、「居住地の自由」とは一体どういった意味や目的があるのでしょうか?

 

 

■「居住地の自由」の意味

 

リバティーレジデンツでは「何事にも自由で縛られることなく、自分のことは自分で決めて思いのままに生きていく」を目指し、常に人は自由であり続けたいという意味が込められています。

そのためにはある程度の資金調達が必要で、仮想通貨の知識や投資方法などを習得することでより自由を手に入れることができると彼は考えています。

居住地の自由とは例えば、企業で働く場合は自宅の近くだからという理由で企業を選んだり、逆に住んでいる場所から遠いので希望する企業を諦めるのは「自由に反する」ということです。

彼の言う「居住地の自由」とは海外にいようと世界中を旅していようとも、安定した収入が得られるということに尽きるのです。

そこで仮想通貨という投資方法が求められているのですが、仮想通貨は居住地の自由を手にしながらいつでもどこでも、効率良く収入を得ることができます。

好きな国や地域を選んで自由に生活していけるような環境に少しでも近づけたいという彼の願いでもあるのでしょう。

 

 

■居住地の自由を達成するために必要なこと

 

「居住地の自由」は好きな環境で暮らしていくということですが、その環境に対応していくためには収入だけでなくその地域の言葉や文化、風習、暮らしに役立つ情報なども必要になってきます。

今住んでいる場所で自由に生活しているのであれば問題ありませんが、中には日本以外の異国の地に住みたいという人もいるでしょう。

そのためには移住や語学、ビジネス、節税など幅広い分野を学んでおかなければなりません。

白石達也はこういった視点から、リバティーレジデンツを利用して必要な知識を学んで欲しいと考えコンテンツを構築したのです。

仮想通貨やネットビジネスには特に力を入れており、これまでの日本の教育では養うことができなかった知識や教養を埋めていこうとしているのでしょう。

 

 

■「居住地の自由」を学ぶには

 

居住地の自由を実現するためにすぐに実践できることはリバティーレジデンツの会員になることです。

非会員でもfacebookなどからオンラインセミナー視聴することができますが、リバティーレジデンツを本格的に利用したい方は専用サイトから会員登録してみましょう。

パソコンとインターネット環境さえ整っていればいつでも学ぶことができるので、初心者の方は繰り返し情報を入手することが可能です。

様々なコンテンツによって居住地の自由を現実化させることができますが、それだけではありません。

起業家になるためのノウハウや旅行の際に役立つ知識など実践的な情報を入手することもできます。

 

 

居住地の自由を目指していても現時点で移住や旅行するための資金が手元にないという方も多いことでしょう。

白石達也自身もお金に苦労している過去があり、資金形成に悩んでいた時期がありました。

しかし、それを覆すためにリバティーレジデンツという大きなメリットを生み出す情報商材が誕生したのです。

長期的な資金形成を望むのであれば、白石達也が手掛けるリバティーレジデンツやIROASなどの商材を利用してみてはいかがでしょうか?

 

5.白石達也が伝えようとしていることをまとめた

ここまで白石達也の経歴や彼が手掛けている革新的プログラム「リバティーレジデンツ」、さらにこのコンテンツが目指している「居住地の自由」の内容について触れてきました。

彼は自身が過ごしてきた学生生活の中で教育に対する疑念のようなものを抱いてきました。

これは彼が出会ってきた良書によって気づいたことですが「自分が思い描いたような人間になっていく」という言葉から自分自身を照らし合わせてみたのでしょう。

「自分らしい生き方とは何なのか」と考えた時、彼はこれまでの古い文化や知識だけでは今の時代に対応していけないと気づいたのです。

これだけ日本には充実した施設や教育制度があるにも関わらず、心から幸せだと感じている人はほんの一握りなのではないかと感じたのでしょう。

この教育の欠如を埋めていくためには正しい情報をより多くの人達に広めていくことだと考えました。

これが現在公開している白石達也のリバティーレジデンツです。

リバティーレジデンツでは、仮想通貨をはじめとする投資方法や節税、移住、語学、文化、ネットビジネスなど様々な分野の知識を題材にしています。

初心者でも使いこなせるシステムづくりになっているので、これから仮想通貨をはじめたいと思っている人にもおすすめです。

仮想通貨で投資を成功させるためにはいくつかポイントを抑えておく必要がありますが、コンテンツで具体的なポイントについてもアドバイスしています。

単純に仮想通貨や投資方法のシステムを学ぶだけならどこからでも入手することができるのですが、リバティーレジデンツでは成功するためのヒントや収益アップするためのコツなども公開しています。

これは彼が「多くの人の幸せが自分自身の幸せ」だと考えているからでしょう。

また、居住地の自由だけでなく彼は「人間関係の自由」「語学の自由」「時間の自由」「経済的な自由」「健康の自由」まで行き着くことも求めています。

極論を言えば全ての知識を習得しなくても「自分自身がどんな生活を手に入れたいか」を想像するだけで、その人に必要な知識や情報が流れ込んできます。

彼のリバティーレジデンツを学び、今後どのような人生を歩んでいきたいのか自問自答してみることは大切なのではないでしょうか。