白石達也と松本敏彦の経歴やサービスを比較してみた!

こんにちは!

本日は、白石達也と松本敏彦の経歴やサービスについて取り上げてみます。

皆さんは仮想通貨取引というとどんなイメージを持っていますか?

多くの方は知識が難しくどうやっていいか分からない、利益を上げるのは大変というイメージを持っているのではないでしょうか。

しかし、そんな仮想通貨投資をサポート・アドバイスする情報商材があります。

白石達也と松本敏彦は、仮想通貨投資に関する情報商材を提供し、話題を集めました。

そんな2人の提供するサービスや経歴にはどのような違いが見られるのでしょう?

今回は、白石達也と松本敏彦の経歴やサービスについて比較し、違いについてまとめてみました。

白石達也と松本敏彦に興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.白石達也のプロフィールと経歴

若くして成功しただけでなく、ビジネス界でも注目されている白井達也は、どのような経歴の持ち主なのでしょうか?

現在も億単位のお金を常に動かして生み続けている白石達也についてご紹介していきます。

 

 

■自信のない少年だった白石達也

 

白井達也は1986年東京都で生まれました。

父親は大手航空会社勤務、母親は外資系会社勤務、そして兄という家族の中の次男として生まれ、エリート一家となる白石家で、母親からの厳しい教育を受けながら進学校に通うなど、勉強に励むことが中心の幼少期を送っていました。

勉強中心の学生時代で、興味があったのは中国の古典や論語などだったそうです。

そして身だしなみやおしゃれに関してはむしろ無関心であったことから、学生時代はいじめの標的になってしまうなど、思い出すのも酷な時期がありました。

またそれは家庭でも同じで、特に兄と両親は度々喧嘩をすることがあり、そんな様子を見た白石達也は、その場を離れてしまうような引っ込み思案な性格でもありました。

こんな風に何かに積極的になることもなく、そして自信を持つこともできない性格だった白石達也は、これらのトラウマのせいなのか大学受験を失敗し、浪人生活を送ることになります。

それでも頑張ったおかげで翌年には一浪で早稲田大学商学部に合格し、そこで自分らしさについて考えることになります。

 

 

■考えさせられた大学時代

 

早稲田大学商学部というと人気の学部であるだけでなく、ビジネスについて正し知識を身に付けることができ、学識ある実業家を育成できることでも知られています。

ビジネス界において活躍したい人や、投資家や起業家になりたい人が目指す学部であり、将来性のある充実した内容の授業が魅力となります。

そこで白石達也は、熱心に授業に取り組んでいたのですが、これ以上大学というシステムの中で学んでいくということに難しさを感じ、一時は大学の運営に関して批判的に感じてしまうこともありました。

大学在学中にはそこで学ぶことができなかった知識を得たいという思いから、自己啓発セミナーなどに積極的に参加していき、そのセミナーで伊勢隆一郎氏や村上むねつぐ氏と出会い、その後大学在学中に伊勢隆一郎氏と共に「神龍クラブ」を開発して、実業家としての一歩を踏み出すことになりました。

悩みや疑問などと常に葛藤した大学生活でしたが、無事早稲田大学を卒業してその後はこれまでに学んだことや経験から、新たに情報商材の開発に取り組んでいきます。

 

 

■成功が成功を連鎖していく

 

大学在学中に取り組んだ情報商材の「神龍プログラム」で成功し、実業家しての一歩を踏み出した白石達也は、その後新しい情報商材の開発に取り組んでいきました。

情報社会としてインターネットが活用されていることから、その特性を生かした「ランドオブハンモックユーチューバー」という情報商材を生み出しています。

この「ランドオブハンモックユーチューバー」は、どこでも好きな時間に好きなタイミングで、ビジネスに必要な情報や知識を得ることができ、これによりさらに利便性や効率を高めることが可能になるとして注目され、日本国内だけでなく海外市場でも注目を集めて大成功となりました。

実際に情報商材を販売する「インフォトップ」というサイトでは、「ランドオブハンモックユーチューバー」は売上1位を記録し、世界に白石達也という名前を広めるきっかけにもなりました。

その後、白石達也は有限会社Enhanceを設立、情報コンテンツのトータルプロデュースやコンサルティング、映像制作など行いました。

そして2015年には年商5億円にもなる会社へと成長させ、株式会社ALCHEMATIONでは今までの経験やビジネスを活かすことができるサイトの運営を行っています。

辛い過去や経験を自分の自信を築き上げるバネに変えて、新しい世界へと一歩を踏み出し歩み続ける白石達也は、今後もさらなる飛躍が期待できる人物でしょう。

 

 

2.白石達也のリバティーレジデンツとは

白石達也が提供しているサービスの1つにリバティーレジデンツというものがあります。

1つの分野に限らず数多くのプログラムを受けることができるので、IROAS会員・非会員関係なく利用者が増え続けています。

将来性のある仮想通貨に関する知識を公開しているプログラムもあるので、これから仮想通貨を始めたいという方に相応しいサービスとも言えるでしょう。

では、リバティーレジデンツとはどのような仕組みになっているのか、コンテンツ内容や特徴についてご紹介していきます。

 

 

■リバティーレジデンツの開発目的

 

リバティーレジデンツはIROAS会員に向けて考案されたプログラムですが、非会員でも利用することができます。

「何にも縛られず、自分の運命を自由に切り開いて思うままに生きていく」という理念をもとに開発されたサービスです。

そのためにプログラムの中には複数の情報が組み込まれています。

プログラムを通じて新しい収入スタイルを学び、不自由のない生活を手にして欲しいという彼の理念が込められているのです。

 

 

■リバティーレジデンツの仕組み

 

リバティーレジデンツは専用サイトから会員登録をすると、様々な講座を受講できるようになります。

受講するにはパソコンとインターネットが必要になるので、まずはコンテンツを受けられる環境を作らなければなりません。

しかし、今は一家に一台パソコンがある時代で、インターネットを利用できる家庭や職場がほとんどです。

ですから、あとは利用時間を確保できれば自由に学べるのではないでしょうか。

コンテンツは好きなタイミングでいつでも受講することができます。

仕事や家事の合間など隙間時間を見つけて好きなコンテンツを利用するようにしてください。

また、リバティーレジデンツでは毎月レポートを受け取ることができるサービスがあり、ビジネスアイディアやオプトATMシステムからのポイント情報などを知ることもできます。

投資情報や株式を売買するタイミングなど投資に関する具体的なアドバイスを受けることもできるので、投資家にとって有利な知識を身に付けられるでしょう。

 

 

■リバティーレジデンツで仮想通貨を学ぶ

 

リバティーレジデンツでは仮想通貨を成功させるためのポイントを4つ紹介しています。

 

・なくなっても良い金額を投資にあてる

・出口をきちんと明確にしておく

・堅実タイプ・一発逆転タイプどちらを選考するか

・投資方法に合わせたポートフォリオを組む

 

この4つのポイントは仮想通貨で利益を得るための基盤になるためのものです。

リバティーレジデンツではこのように投資する上で有益となる情報を惜しみなく公開しています。

長期的に資産を増やすことができるオプトインATMシステムを導入し、少しずつ収益を安定させていけるようなサービスも取り入れています。

読むだけでなく目で見て耳で聞きながら知識を得ていくので、頭だけで理解するのではなく感覚的な部分で学ぶことも可能です。

現在、仮想通貨に関する情報や商材は世界中に溢れていますが、リバティーレジデンツのような仮想通貨だけに特化せず、自由を手に入れるための知識という視点で学んでいくコンテンツは非常に珍しいと言えます。

 

 

リバティーレジデンツは正しい仮想通貨に関する情報を得ることができるコンテンツです。

仮想通貨や株式などの投資を始めたい人は、内容の難しさや複雑な仕組みに戸惑う人が非常に多いです。

投資は一歩間違えば大きな損失に見舞われてしまう可能性があるので、そう捉えてしまうのも仕方がないことかもしれません。

しかし、リバティーレジデンツでは仮想通貨の運用のコツや節税まで投資の裏側を分かりやすく説明しているので、初心者でも安心してスタートさせることができます。

白石達也は多くの人が自由に生きてもらうために、このようなサービスを開発しました。

誰が見ても分かりやすく納得できるという部分は、何よりの安心材料になるのではないでしょうか。

 

3.松本敏彦のプロフィールと経歴

仮想通貨は現在世界中で注目されている投資方法で、これに関心を向けているのは白石達也だけではありません。

松本敏彦もまた仮想通貨で億万長者を手にした人物ですが、ここで彼のプロフィールや経歴について紹介していきましょう。

 

 

■経営者・松本敏彦のプロフィール

 

松本敏彦は現在、株式会社ONEMESSAGEの代表取締役をしています。

福岡県福岡市出身で会社経営以外にコミュニティーの運営や東京・福岡など各地でセミナーを開催しています。

店舗経営など多彩な活動を行う中で、仮想通貨の富豪と呼ばれ一躍有名になりました。

一般企業やマッサージ店舗、脱毛サロンなどの経営をしていく中で、短期間で黒字経営に導くほどの実績を持っています。

この多彩な才能は店舗経営だけにとどまらず、スクールや投資にも活かされています。

 

 

■松本敏彦の経歴について

 

松本敏彦はスポーツ強豪校である東福岡高校・福岡大学体育部を卒業しています。

趣味はバスケットボールや気の合う仲間同士で飲みながら熱く語り合うことです。

現在は福岡市で会社経営をしていますが、1万人規模の仮想通貨コミュニティーを運営していたり、セミナーで集客指導や会社経営のコンサルティングをしていたり、活動幅は非常に広いです。

「博多の太陽」というキャッチコピーが有名で、インターネット上に彼の顔写真が多く見つかります。

そんな彼は世間から明るく太陽のような存在として扱われていますが、幼少期に母親が知り合いの保証人になったことをきっかけに2億円の借金を背負うという過去があります。

極貧生活を余儀なくされましたが、そんな彼を救ったのは35歳の時に博多でリアル店舗を経営したことで転機が訪れたのです。

オープンからわずか半年で予約が殺到したマッサージ店をはじめ、博多駅近くのワックス脱毛専門店の経営を始めます。

ここでは女性だけでなく男性専用の脱毛を取り入れたことで、リピート率を高めることに成功しました。

 

 

松本敏彦は今でも仮想通貨関連のビジネスを展開していますが、元々のきっかけは店舗経営から始まりました。

お金に貪欲だった時代があったからこそ、彼はこのような億万長者になれたのではないかという声もあります。

「仮想通貨大臣」という彼の書籍は仮想通貨の仕組みや全体像、取引のコツなどの内容が盛り込まれています。

仮想通貨に関する知識が豊富な人でなければ、このような具体的な投資戦略を書き記すことはできないでしょう。

 

 

4.松本敏彦の代表的なサービスとは

松本敏彦は、仮想通貨で成功を収めた人物ですが、元々は店舗の経営を行っていました。

これまでに松本敏彦が手掛けたサービスにはどのようなものがあるのかみていきましょう。

 

 

■仮想通貨大百科

 

仮想通貨大百科は、仮想通貨の将来性に誰よりも早く目をつけた松本敏彦が出版した仮想通貨に関する書籍です。

仮想通貨大百科では、仮想通貨の知識がほとんどない初心者を対象にしていて、仮想通貨が持つメリットやデメリットについて詳しく紹介しています。

ビットコインだけではなく、イーサリアムやリップルなど66の仮想通貨について説明しているので、かなりボリューミーな内容だと言えるでしょう。

また仮想通貨大百科には、充実した特典もついています。

仮想通貨大百科を購入した人は無料のコミュニティに参加することができるだけではなく、丁寧なサポートを受けることもできます。

サポートの中には、ビットコインの両替、入出金の方法、24時間受け付けている質窓口などがあるので、仮想通貨初心者の人を対象にしていることが良く分かるでしょう。

その他にも、「元手0円!仮想通貨を無料でもらうマニュアル」というものを手に入れることができ、「仮想通貨でAmazonの商品を最大50%OFFで購入する裏技」がついてくるのです。

このことから、仮想通貨大百科の読者が持つ幅広い要望に応えることができる内容が揃っています。

 

 

■ビットアカデミー

 

ビットアカデミーは、仮想通貨大百科の人気の高まりを受けた松本敏彦が始めた高額塾です。

「仮想通貨で億万長者になる」というキャッチコピーを掲げたビットアカデミーは、日本初の仮想通貨投資について学べる学校ということになります。

仮想通貨がメジャーになり、いくつもの高額塾がスタートしていますが、そのおかげでビットアカデミーの知名度も高まりました。

ビットアカデミーでは、トレード、ICO、アービトラージの3つをベースにした仮想通貨投資を学び、利益を上げることを目標にしています。

そんなビットアカデミデーでは、6つの仮想通貨の売買のタイミングを知ることができる自動配信システムを利用したトレードを行うことができます。

ICOは、仮想通貨を利用した効率の良い資金調達を可能にしていて、ハイリスクハイリターンな投資を実現させました。

また、仮想通貨の取引所の間で発生する価格の差を設けるアービトラージをベースにしているという点も、ビットアカデミーならではの特徴だと言えるでしょう。

 

 

■松本敏彦の代表的なサービスの評判

 

松本敏彦が手掛けているサービスは、インターネットで検索するとあまり良いものを見つけることができません。

しかし、仮想通貨大百科はAmazonでの本販売で総合ランキングの1位を獲得したこともあるので、悪いものだと言いきることはできないと考えられます。

発売したばかりの頃は、Amazonでの評価も低かったのですが、商品のページをリニューアルしたことにより、評価は高まりました。

Amazonでの口コミには、初心者にも分かりやすかったとか基礎知識を学ぶことができたなど松本敏彦が意図していた目的を達成できたことを示すものもありました。

このことから、松本敏彦が手掛けたサービスはこれから仮想通貨について学びたいと考えている人にとって大きな役割を果たすのではないかと考えられるでしょう。

 

ただし、仮想通貨はまだ安定した利益を得られる確証がそこまでないので、仮想通貨大百科やビットアカデミーで知識を身に付けながら、投資を始めるタイミングを見極めた方が良いと言えるでしょう。

仮想通貨大百科やビットアカデミー自体の信憑性を疑う人もいるかもしれませんが、仮想通貨大百科やビットアカデミーを活用して成果を出した人もいるので、仮想通貨大百科やビットアカデミーが絶対的に良くないと言い切ることはできません。

 

5.比較してみた結果

今回は、白石達也と松本敏彦についてご紹介しました。

この2人は、どちらも仮想通貨に関する情報商材を手掛けた人物です。

そのため、共通する点ももちろんあります。

成功するまでの道のりはそれぞれですが、仮想通貨に関する情報商材で成功したということは、仮想通貨には将来性があると考えていたという点です。

最後に、白石達也と松本敏彦を比較してみた結果についてまとめていきましょう。

 

 

■白石達也が手掛けたリバティーレジデンツ

 

白石達也が手掛けたリバティーレジデンツは、会員制のコンテンツです。

仮想通貨の基本的な知識や歴史、仮想通貨とブロックチェーンの本質、経済の基本的な知識について学ぶことができます。

リバティーレジデンツのコンテンツはオンラインで見ることができるので、自分の好きなタイミングで学べるというメリットがあります。

またリバティーレジデンツは、仮想通貨で稼ぐための方法を知ることができるだけではなく、海外でリタイア後の生活を送るために必要な知識も学べるのです。

これは、リバティーレジんデンツが求めている居住の自由を実現させるために必要な知識だと考えられています。

そんなリバティーレジデンツは、白石達也自身が安全だと確認した仮想通貨で稼ぐ方法を提供しているため、安全性の高い学びができるはずです。

 

 

■松本敏彦が手掛けたビットアカデミー

 

白石達也はリバティーレジデンツという仮想通貨の高額塾を手掛けましたが、松本敏彦はビットアカデミーという仮想通貨の高額塾を手掛けました。

ビットアカデミーは、仮想通貨の高額塾の先駆け的な存在で、仮想通貨に関する高額塾が増え始めた時に脚光を浴びました。

ビットアカデミーは、自動配信システムなどを取り入れることによって、仮想通貨の売買をしやすくしたと言えます。

また、トレード、ICO、アービトラージの3つをベースにした仮想通貨投資を学ぶことができるという点は、ビットアカデミーならではの特徴であり、強みです。

つまり、ビットアカデミーは独自のシステムや方法を取り入れていたため、注目されたのではないかと考えられるのです。

そしてこれはビットアカデミーのキャッチコピーである「仮想通貨で億万長者になる」を実現させるために必要なものだったと考えられます。

しかし、ビットアカデミーは仮想通貨に特化した学習になります。

そのため、白石達也のような生き方を望んでいるのであれば、リバティーレジデンツを選択すべきだと言えるのではないでしょうか。