浅井健二とゴルフの歴史・気軽に楽しむためのポイント

浅井健二は普段は普通の会社員ですが、ゴルフを長年続けている自称ゴルファーです。
現在ではスコア80を切れるようになりましたが、プロを目指しているわけではないと言います。
趣味としてゴルフを続けていきたいとしながらも、スコアを80切るまでには試行錯誤を重ねたそうです。
今回はそんな浅井健二について、ゴルフでスコア80を切るようになれたコツについて合わせてご紹介していきましょう。

■浅井健二とは?

浅井健二とは誰だという疑問を持つ方は多いでしょう。
そこで、まずは浅井健二という人物についてを簡単にご紹介していきます。

浅井健二は現在50代で、ある企業に勤めているサラリーマンです。
趣味として続けているゴルフは、浅井健二の父親から影響を受けたもので、浅井健二の父親は20代の頃からゴルフに夢中になっていたようです。
そのため、浅井健二は幼少期から父親のゴルフについて行き、ゴルフに触れていました。
ゴルフに触れる機会が自然と多くなっていたこともあり、何と4歳になる頃に、本格的にゴルフクラブを握っていたそうです。
休日も父親と一緒にプロゴルフをテレビで見ていました。
そんなゴルフ漬けの日々を幼少期から送っていましたが、プロになることはせず、現在はサラリーマンとして働いています。
最近では、ブログやSNSを通してたくさんの人にゴルフの楽しさを伝える活動を行っています。
浅井健二はプロとはならずに趣味としてゴルフを続けていく際にも、今後のゴルフ界の繁栄を願い、ゴルフの楽しさを伝える活動を行っているのでしょう。

■ゴルフの起源と名前の由来

浅井健二についてご紹介したので、続いてはゴルフの基礎知識についてご紹介していきましょう。
そもそもゴルフの起源は諸説ありますが、スコットランドから伝わっている説とオランダから伝わっている説が最有力とされています。
スコットランド説では、14世紀頃に羊飼いたちが始めた遊びから発祥とされています。
退屈していた羊飼いが先が少し曲がった杖で小石を転がしていたところ、たまたま野ウサギの巣へ小石が転がり込んでしまいました。
それをその羊飼いは面白いと感じ、羊飼いの仲間に声をかけ、みんなで野ウサギの巣へ小石を打ち込む遊びをし始めたことが起源とされています。
オランダ説では、同じく14世紀頃に「コルベン」という遊びが国を超えることでゴルフへと変わっていったのではないかとされています。
コルベンは、長い棒で小さめのボールを打ちながら、少し離れた所にあるポールに一番早くボールを当てたら勝ちというルールの遊びでした。
コルベンの文献なども残っていることから、オランダ説が最有力ではないかとされています。
ゴルフの起源について、どれが本物の説であるのかは未だ解明されていません。
しかし、諸説を調べる限り、どの説も遊びから始まっていました。
遊びを単純に楽しむことから、世界中で愛されるスポーツとなったことは間違いないでしょう。
また、ゴルフという名前の由来もいくつか説があります。
1つは、オランダ語で「kolf」という棍棒を指している言葉が由来となっている説と、スコットランドの方言で「gowf」という打つという意味を持つ言葉が由来となっているとされています。

■日本でゴルフが普及するまで

そんなゴルフが日本へやってきたのは、1901年のことです。
当時、イギリスからやってきていたアーサー=ヘスケス=グルームが所有していた兵庫県の別荘地に4ホールのコースを造ったところから始まりました。
徐々にホール数が拡大されていき、2年後には9ホールにまでなったそうです。
1903年には「神戸ゴルフ倶楽部」が設立されたそうですが、日本ではまだまだ浸透していなかったため、日本人の会員は7名しかいませんでした。
その後、1957年にカナダワールドカップ開催時に日本人ペアが団体で優勝を飾り、個人でも優勝を果たしたことから一気にゴルフが普及されることになりました。
数多くのゴルフ場が建設され、1960年には民間トーナメントが開催されるほどになったのです。
しかし、バブル崩壊後に多くのゴルフ場が経営困難となってしまい、倒産してしまったとされています。
ゴルフ場が少なくなってしまったことで、徐々にゴルフをする人も少なくなっていってしまいます。
現在、日本でゴルフを楽しんでいる人の多くは、50歳代以上となっています。
特に、50代から60代頃からゴルフを始める人が多いようです。
高齢化が進む日本社会の中で、ゴルフにもその影響が表れているのでしょうか。
しかし、浅井健二のように幼い頃からゴルフを楽しんでいる人も多くいます。
浅井健二の活動がより多くの人へ、ゴルフの魅力を伝えるきっかけになればと考えているようです。

■初心者でも気軽にゴルフを楽しめる?

これからゴルフを始めようか検討している方は少なくないでしょう。
しかし、ゴルフはお金持ちのする遊びだと敬遠してしまっている方も少なからずいるはずです。
現在では打ちっぱなしの施設などが普及しつつあるため、そこまで敷居が高いイメージはなくなってきましたが、実際にゴルフ場へ行くとなると話は変わってきます。
ゴルフ場となると真っ直ぐ飛ばなかったらバンカーへ落ちてしまったり、池に落ちてしまったりするために、心から楽しめなくなってしまう可能性があります。
そこで、初心者でもゴルフを気軽に楽しむために、ボールを真っ直ぐ飛ばすためのコツをご紹介していきましょう。

ゴルフのスイングは、グリップ・アドレス・バックスイング・切り返し・ダウンスイング等、挙げてみると結構な数のパーツから成り立っていることが分かります。
これらのパーツの中でも、真っ直ぐ飛ばすために一番大切なのは、インパクトなのです。
このインパクトがしっかりと出来ているか否かで真っ直ぐ飛ぶかどうかが変わってきます。
スイングが綺麗でも、逆に変なスイングをしていたとしても、インパクト次第で真っ直ぐ飛ぶかが決まるのです。
そのため、まずは一番当てることが簡単な9番アイアンで当てる練習をしていきましょう。
スイングする際の腰から腰までのゾーンは、ビジネスゾーンとも言われているくらいゴルフで良いスコアを出すためには大切な範囲となっています。
このビジネスゾーンを極めることができれば、ツアーで賞金が得られるまでになるとされているのです。
このインパクトを重視した練習方法としては、ティーの連続打ちが推奨されています。
使用するクラブは9番アイアンで、ボールを打たずにドライバー用のティーをひたすら打ち続けてください。
その際のポイントとしては、振り幅の維持、前傾角度の維持、リズムとテンポは一定か、スイングの軌道は一定か、目線はティーに向いているかという点になります。
これらのポイントを意識して、毎日コツコツと続けてみてください。
きっと1ヶ月後にはスイングが安定し、ボールが真っ直ぐ飛ぶようになっているでしょう。

■ゴルフでスコア80切るための秘訣とは?

初心者がゴルフを楽しむためにボールが真っ直ぐに飛ぶコツをご紹介しましたが、では浅井健二のようにゴルフでスコア80を切るようになるためにはどのようにしたら良いのでしょうか?
浅井健二が実際に行ったことをご紹介していきます。

まず、スコア80を切るための準備段階として、自分の成績をデータ化しみやすくしたようです。
データ化することで、どこをどのように改善すれば良いのかを客観的に見ることができるようになりました。
また、自分の短所だけでなく長所も見つけることができたそうで、モチベーションにもつながったそうです。
データ化する際には、パーオン率やペナルティ率、OB率、Fwkeep率、パット数も記録する必要があります。
その時の実際の天気や状況等も記録し、後から見てわかりやすいようにしておくと良いでしょう。
このように、客観的に自分のデータを見てみると、苦手なコースや得意なコースを知ることができるのです。

では、データ化して自分の実力を客観的に知ったところで、スコア80を切るために実際に浅井健二が行った練習法を見ていきましょう。
ただ闇雲に練習してはせっかくのデータも意味のないものとなってしまうため、自分の苦手な点を押さえて練習を行うようにしてください。
では、その練習法としては最低限3つのことを押さえて練習するようにしていきましょう。
その3つとは、ボールを真っ直ぐ飛ばすこと、パットの精度を高めること、ゴルフが上手な人を観察することです。
ボールを真っ直ぐに飛ばすことについては、初心者がゴルフを気軽に楽しむためにという前項で説明しているので、ここではパットの精度を高めることとゴルフが上手な人を観察することについて解説していきましょう。

①パットの精度を高めるためには

パットを1回で決められれば、スコア80を切りやすくなります。
パットの精度を高めるには、手元を安定させる必要があるでしょう。
そこで、持っているクラブを両脇に挟んで固定させてから、パットを振る練習を行いましょう。
この時、肩が上がらないように気をつけてください。
肩が上がっている状態は、少なからず緊張状態であると言えますし、それだけでなくフォームも乱れてしまいがちとなってしまいます。
肩を上げない状態に保ちながら腕の可動域を最小限にすることで、より安定したパットにつなげることができるでしょう。

②ゴルフが上手な人を観察する

ゴルフが上手な人と一緒にラウンドを回って観察してみましょう。
打ち方を参考にしてみると、スコアが上がることがあります。
上手な人と一緒に回ることで、アドバイスを受けられたり、上手な人を見て学べたりするというメリットがあります。
ゴルフ上級者と一緒にラウンドを回るのは初めは勇気が必要となるかもしれません。
自分の周囲に自分よりもスコアが良い人がいなければ、SNSなどを活用してみても良いでしょう。
とにかく、上手な人と一緒に練習するようにしましょう。

これらのポイントを押さえて練習を重ねていけば、スコア80を切れるようになります。
しっかりとポイントを念頭に置いて練習をしていきましょう。

■よくあるゴルフの悩みを解消!

ゴルフを始めてから、初心者の7割以上の方がある悩みを抱えているとされています。
それは、「スライス」です。
スライスとは、ボールが狙い通りのコースへ行かずに右へ曲がっていってしまうことを指します。
そのため、なかなかスコアも良くなっていきません。
スライスを改善するために、ゴルフ教室やレッスンに通い始めるという人も多くいます。
それほど、自分で改善することが難しくもあるものなのです。
ここでは、そんな悩みを解消するためにはまずスライスの起こる原因からご紹介していきましょう。
原因を知ることで、よりスライスを解消する糸口が見つかる可能性が高まります。

スライスの発生する原因は、ボールを打つ瞬間のインパクトにあります。
それぞれ個人によってスライスの原因は異なりますが、スライスの発生してしまう原因は同じくインパクトにあるのです。
インパクト時にフェースが開いている状態(フェースが外を向いている時)となっているために、目標方向がずれてしまっています。
フェースが開いている時は、必ず右を向いているということになるのでボールも右に行ってしまうことになるのです。
ゴルフクラブの打点はグリップの延長上にはなく、また重心やシャフトも中心にはありません。
それどころか後方にずれています。
クラブフェースは、通常開いている方向に回ろうとしているので、何も考えずに腕を上げるとハーフバックでフェースが大きく開くことが分かります。
ダウンスイング時にフェースを元に戻すことは極めて困難となります。
気持ち良く棒を振ることをイメージすると分かりやすいのではないでしょうか?
人間は棒状のものを気持ち良く振ろうとした時には、体を回転させて棒を引っ張るような感じで振っています。
同様にゴルフクラブを振ってしまうと体よりも後にゴルフクラブが降りてくるので、インパクト時にはフェースが開いてしまう状態となるのです。
このことから、インパクト時のフェースの向きがスライスの原因となっていることがわかります。

スライスの発生する原因を解説してきました。
自分でも気を付けているかもしれませんが、もう一度インパクト時のフェースが開いていないか確認してみてください。
グリップやアドレス、スイングを見直すきっかけになるでしょう。

ここまで、ゴルフが趣味の浅井健二についてやゴルフの起源から初心者でもゴルフを楽しめるようになるコツなども一挙にご紹介しました。
趣味でも浅井健二のように地道に練習を重ねれば、スコア80を切ることも夢ではありません。
スコアを良くしてゴルフライフを楽しみましょう。