~ハッピーライフ、ハッピーホーム、タマホーム♪~ タマホームで幸せな家作りを

こんにちは!本日はタマホームについて取り上げたいと思います。ハッピーライフハッピーホームタマホーム♪」というCMメロディでお馴染みのタマホーム。住宅の建築を営む業界大手企業です。事業内容や職場環境などをまとめました。

 

会社概要

まず最初に、タマホーム株式会社の会社概要についてまとめます。タマホームは1998年6月に設立した住宅会社です。

タマホームは、福岡の八女にあった筑後興産株式会社という会社から独立するという形で誕生し始まります。その後、2002年には福岡に本店を移し筑後市内にモデルハウスを建設します。2004年に大阪本社が、次いで2005年には東京本社が完成し、それに伴って本店機能を移設します。

タマホームは、テレビコマーシャルが特徴的です。木村拓哉さんを始め、人気俳優や人気お笑い芸人を多数起用し、毎回インパクトのあるキャッチコピーやテーマソングで話題となっています。

 

事業内容

タマホームの事業内容は住宅の建築ですが、その他にも設計や不動産業を行っています。また、珍しいところでは保険代理店業も行っています。

タマホームの強みは、キャッチコピーにもなっている通り「より良いものを、適正価格でご提供」できる点にあります。材料費や輸送コストの徹底的な削減に取り組んでおり、絶え間ない企業努力で適正価格での提供を実現しています。豊富な商品ラインナップが準備されていてライフスタイルに応じた商品を選択できる点も特筆できます。タマホームが取り扱う多くの商品が長期優良住宅に対応している点も好感が持てます。

 

社員からの評価

では次に、タマホームの口コミや評判について見ていきましょう。以下、「カイシャの評判」に寄せられた中から抜粋しています。

まず社風や制度について見ていきます。

中途入社で、勤務歴が10年前後の社員が多いと感じます

比較的新しい会社であるためか、即戦力として中途採用によるキャリア社員が多いようです。

リフレッシュ休暇を必ず取るように呼びかけがあっています

有給などをうまく活用できるようにタマホームが進んで取り組んでいるようです。会社からそう言ってもらえると休暇もとりやすくなることでしょう。

次に、気になる給与についてです。

49歳で人生を諦めかけたけど、50歳から60歳の10年間で1億稼いだ。住宅営業の醍醐味はやる気で収入の上限に天井がないところですね

これは極端な例かもしれませんが、頑張ればそれに見合った見返りが期待できるというのは大きな魅力と言えます。この為タマホームは、すでにある程度の手腕を持っているキャリア組には最適な企業であるとも言えます。

きちんとした、判断方法もあり納得のいく賞与になっていた

自身がどう評価されて、それがどのように給与に反映されているのかが明確にされているようです。自分自身でも業績などを振り返る制度もあるようで、面白い取り組みを行っています。

昇給が皆無。4年経っても1円の昇給もなく評価もなく、上司が変わる

一方、このような声もありました。職務内容や配属先の状況によっては厳しい環境に置かれることもあるようです。

次に勤務時間についてみていきましょう。

私の営業所では、全く残業がありません

残業は一ヶ月で時間が決まっており、18時以降の残業が原則禁止されている

タマホームでは、一貫してこのような声が多く寄せられていました。しかし裏を返せば、あと少しで完了する業務でも時間が来ると作業が認められないとも言えますので、注意が必要です。

休みにも、業務の電話があたり前にあり、お客様様からの対応や、クレームがあったら、すぐに出勤しなければならない

建設業の営業社員の間ではよく耳にする事例ですが、気が休まる暇がないというのは想像以上にハードですので、注意したいところです。

続いて、人事や研修についてはどうでしょうか。

新卒は、2ヶ月ほど研修がありました

新卒採用者は、入社に合わせて数週間の研修プログラムが用意されているようです。同期との絆を深めることができ、本業にも安心して取り組めるようになります。

中途採用の社員には一切研修がありません

対照的に、キャリア組には研修がないようです。また、配属先によって講師となる上司の技量に差があるコメントもありました。

利用者からの評価

続いて、タマホームの商品やサービスに関する口コミと評判を一部紹介します。「Housebuilder Gallery」に寄せられた中から抜粋します。

標準仕様でも、見た目良い家が建つ

まさにコンセプトでもある「より良いものを、適正価格で提供」にマッチした口コミです。住宅は長く使い続けることが前提ですので、それが適正価格で求めることができるのは大きな魅力です。

また、住宅というものは打ち合わせをしていくうちにあれこれと付け足したくなるものですが、そちらについても、

一つ一つの単価がはっきりしており、どこをどのように変更すると価格がいくら変わると言うのが明確

との称賛する意見がありました。

価格に関しての口コミでは、総じて

コストパフォーマンスが良い

という意見が多く見受けられました。

低コストであると消費者としては助かりますが、

何かと手間がかかったり自分で動く部分が多い

という投稿もありました。

タマホームは、一から十まで全てを一手にお任せしたいという方には不向きである可能性があります。しかし、施主の考え方ひとつですが「タマホームと共に建てる」という気概で臨むと、その手間も億劫とはならなくなるでしょう。

この他に、このような声もありました。

目に見えないところの材料はそれなりである

この方は、柱に沢山あった死節を指しての意見でした。低価格であるということは、何かしらの理由があるとも言えます。全てを完璧にするのは難しいでしょうが、気になる場合は実際に建築中の現場を見せてもらうとよいでしょう。実際に我が家が建つ前にいろいろと参考になる点があることと思います。

アフターケアもかなりしっかりしています。2年点検があった際、忙しくて連絡してなかったのにも関わらずきちんと連絡して下さいました

住宅は長く使うものですから、住宅会社とも長い付き合いとなります。建てたら終わりではなく、始まりなのです。
責任をもってきちんと点検して頂けると、住む側としては安心ができます。

一方で厳しい意見も多数ありました。

取り壊し、一からまた建て直し。謝罪の言葉もなにも無しで残念です

こちらは間取りの寸法が間違っていたことが建築途中で発覚し、立て直しとなった方です。ようやく始まったマイホームが一度壊されるのは辛いものです。謝罪がないことも気になります。

新築から3年弱で不満があります。問合せに対し、設備機器、建材は金額相当のものと何とも情けない回答

少数ですが、このような意見も。住宅設備は機械ものも含まれますので、多少のあたりはずれはあります。しかしながら、回答の内容には確かに残念と言わざるを得ません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

タマホームの口コミや評判はおおむね良いものが多く、建物だけでなくメンテナンスといったアフターサービスに対しても高評価でした。また、タマホームは企業としても優れており、そこで働く社員からの満足度も比較的高いことが分かりました。

一部には、タマホームの営業・施工・アフターメンテナンスのいずれにも辛口の投稿が多くあります。これは、他の住宅会社でも同様に起こりうる事案です。担当者とよく話をして思い違いがなくなるように、コミュニケーションをとるよう心がけると良いでしょう。どうしても合わなければ、変えてもらうというのも一つの方法です。事実、とても満足できたとの評判も多数寄せられています。

住宅はとても高価な買い物です。間取りや外観をどのようにしようかということばかりに目が行きがちですが、実際に住んでみたらどうであるかという観点で客観的に見てみることも大切です。タマホームには、経験豊かな担当者がいますので、家づくりで疑問に思ったことは相談してみましょう。きっと、良い提案をうけることができるはずです。適正価格でこれだけの良い家を手にいれることができれば、心も生活も豊かになることでしょう。