進化するみずほフィナンシャルグループ “One MIZUHO”を目指して

こんにちは!本日は「みずほフィナンシャルグループ」について取り上げたいと思います。株式会社みずほフィナンシャルグループは、日本有数の銀行持株会社です。第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行を合併・再編し、2000年に発足したみずほホールディングス(現・みずほフィナンシャルストラテジー)の子会社として2003年1月に発足しました。現在では、みずほグループのグループ統括企業という立ち位置となっており、日本の銀行業界を牽引する大企業でもあります。その歴史や沿革などをみていきましょう。

 

みずほフィナンシャルグループの会社概要

みずほフィナンシャルグループは、銀行系の会社として活動を行っています。2000年に、第一勧業銀行や富士銀行、日本興業銀行とその関連企業が合併して再編したのが、親会社のみずほホールディングス(現・みずほフィナンシャルストラテジー)です。みずほフィナンシャルグループは、2003年1月にみずほホールディングスの子会社として設立されましたが、同年3月に親子関係が逆転し、みずほフィナンシャルグループがグループの統括会社となりました。本社は東京都千代田区にあります。みずほグループ全体のスローガンとして「OneMIZUHO」を掲げています。「OneMIZUHO」という言葉には、「お客様第一」「銀・信・証の一体戦略」といった信念が込められています。個人の預金口座開設をサポートするだけでなく、法人の融資も行っているのがみずほグループの特徴です。

 

みずほフィナンシャルグループの強み

強固な事業基盤とOneMIZUHO戦略を行うことで高度なサービスを提供できるのが、みずほファイナンシャルグループの強みです。個人と法人の顧客基盤が強く国内外の充実したネットワークを構築しています。銀行だけでなく信託や証券を一体化させることでワンストップの戦略を生み出しているのが特徴です。また国内外のニーズに対応できる体制も整っています。主な活動内容と事業内容は企業側に融資をしている、個人向けに銀行口座の開設を提供しているのでお金に関係する仕事がメインです。投資運用商品の扱いからみずほマイレージクラブ、みずほダイレクトの提供まで幅広いと言えます。

 

みずほフィナンシャルグループの口コミ・評判を検証(採用部門)

転職を考えている人の中には、みずほファイナンシャルグループがどんなサービスなのか気になる方もいるでしょう。インターネット上にはみずほファイナンシャルグループの口コミがたくさん掲載されています。それを見てみると総合評価が上々なので就職をしたい人は必見です。

例えば教育や研修だと「コンプライアンスの研修が毎月ある」、「ダイバーシティを大切にしている」というところが好評を博しています。「お客さんを優先的に考える姿勢を持っていてメガバングとしての自覚もあるので日本をリードする会社として誇れる」とコメントしている人もいました。応募タイプの研修制度もあるのですが、こちらは参加型なので任意となっています。

「金融系の会社としては海外進出にも力を入れているので世界的な影響も考え行動するのは今後に期待できる」と評価している人もいました。「残業代に関してはきちんと支給されるので安心して仕事ができるのが良かった」とコメントをしている人もいました。年度単位で評価される機会を設けているのでがんばった分だけ給与も挙げるのが特徴です。仕事は月に数回早帰りをする決まりがあるので、みんなが帰宅しやすい環境が整っているため安心できる部分も高く評価されています。

営業店によっては平均的な最終退行時間が評価項目に設定されているところもあるので、繁盛期にあっても長時間残業をしにくくなっているのが特徴です。これにより「残業の負担も少なくストレスなく仕事ができる企業だ」と好評となっています。裁量労働制行員もいるのですが、「営業店に比べると比較的残業が多い、それでも時間外勤務には厳しく月の労働時間も決まっているのでしっかり管理されている企業だ」と評価している人がいました。効率よく仕事をこなし支店全体ですぐに帰宅できる体制が整っているので社員からすると無駄な残業がなく、優良企業だという人も多いです。

福利厚生に関しては「新築ビルにはデスク、キャビネットと必要なOAが配置されている、動線にも余裕があり仕事しやすい」とコメントをしています。「トイレもピカピカで社員食堂完備、カフェテリアもきれいに掃除されていてくつろげるのが良い」と評価が高いです。住宅手当や家賃補助も用意、産休休暇や育児休暇もあるので女性でも働きやすく満足できます。ベネフィットやプライベートで使える福利厚生も多く生活が楽なるのも嬉しく女性にも評判が良いです。

 

みずほフィナンシャルグループの口コミ・評判を検証(利用者部門)

グループのみずほ銀行はお客さんに多くのお金に関係するサービスを行っています。例えば、カードローン金利が2%から14%で借入限度額10万円から800万円です。コンビニで借り入れをする事ができるので楽に使える返済も利便性が高く便利だと評価をされている人が多いため検討してみるといいでしょう。

口座があればみずほ銀行のホームページからも申し込みをすることができる、手間がかからない部分も評価されていました。みずほ銀行は大手だから安心と信頼感があり使いやすいという人も多いです。借入額100万円までなら金利が14%と大手銀行よりもかなり低いリスクなので借入をしやすく満足しました。普段使っているみずほ銀行なので安心感もある、金額も低いから1日後には入金されていた評価が高いです。

「毎月の返済額や返済日がわからなかったのでカスタマーサービスに連絡をすると丁寧に教えてくれて助かった」とコメントしている人もいます。みずほ銀行以外ではみずほ信託銀行があるのですが、こちらは貯蓄をするときに使えるのが特徴です。次の運用やゆとり資金として使っている人が多く貯蓄をしたい人に好評を博しているので必見となっています。
予定配当率は2016年の段階だと1年で0.06%1000万円以上だと0.09から0.16の設定です。他の大手銀行と比べると金利は高く貯蓄のやりがいあると評価が高いのが伺えます。みずほマイレージの会員だと10万円託すことで他行宛振込みも月4回まで無料になるのが良かったと評判です。

住宅を購入したい人に良いのが住宅ローンで、こちらも好評を博しているといえます。43歳の男性は子供の口座開設時に住宅ローンの借り換えを勧められて決断したそうです。「担当者さんが親切に相談をしてくれた、金利の融合幅を広げてくれたのでとても助かった」とコメントをしています。みずほ銀行の審査に落ちて困っていた41歳の男性は、「地元みずほ銀行の迅速な対応で事なきを得た、柔軟な対応で満足をしている。ホームページをチェックしてもややこしくてイマイチ理解できなかった、しかしその後店舗に行き説明を受けると丁重に教えてくれたので助かりました。スタッフの対応が良く初心者の自分でも理解しやすいので満足しました。」と高く評価していました。金利が比較的少なく大金が必要になる住宅購入には適していると多くの方が評価をしています。担当者も腰が低く丁寧で良かったと多くの方に評判です。

 

まとめ

みずほフィナンシャルグループの行っている代表的なサービスが、みずほ銀行です。こちらはお金に関係するサービスをお客さんに提供しているのですが、比較的口コミも満足できる内容が多いです。みずほグループで働いている人からは、「みずほ銀行は比較的残業が少ない」、「帰宅しやすく社員にとっても使いやすい」と評価が高いです。「海外進出にも力を入れているグローバル企業なので今後に期待できる」、「福利厚生ではOA商品も揃っているのが良かった」との口コミが多くみられました。みずほフィナンシャルグループの大半のお客さんはみずほ銀行を使っており、サービス内容についてコメントをしています。口コミを見ると、「金利が低く他の銀行よりも使いやすいのが良かった」、「みずほ銀行は大手なので安心できる」などと高い評価が大半です。「返済日や返済額がわからないときに、みずほ銀行のカスタマーサービスに問い合わせると丁重に対応してくれたのが良かった」など、顧客対応の良さへの満足度も高いです。トラブルが起きてもすぐに対応してくれるのはお客さんにとって有利なので、みずほ銀行はお客さんよりのサービスに力を入れているのがわかります。