いつもはじまりは、人の想い。 松竹株式会社が魅せる映画・歌舞伎の世界

みなさん、こんにちは。私のサイトへ訪問して下さり、ありがとうございます。今回は、大手映画会社「松竹株式会社」について取り上げたいと思います。松竹株式会社は、日本の映画や演劇の制作・興行・配給を手掛ける会社です。私達の沢山のエンターテイメントで楽しませてくれる松竹の裏側に迫ります。

 

松竹の会社概要

松竹株式会社といえば、映画や演劇そして歌舞伎といったエンターテイメントを手がける会社です。その歴史は古く1895年に京都の新京極「坂井座」に始まります。映画制作は1920年からで、日本を代表する映画監督や名優を数多く輩出しました。歌舞伎の興行はほぼ独占的に行っていますが、そのきっかけは社長が幼少期に団十郎と雁治郎の共演を見たこと。後にさまざまな芝居小屋の経営権を獲得し現在に至ります。戦後は映画館や映画のテーマパーク、衛生劇場など時代に即した先進的コンテンツでエンターテイメント業界の一角を担ってきました。

 

松竹の事業内容

松竹の事業内容は大きく分けて3つ。映画に演劇そして不動産その他です。映画事業では、アニメや実写・特撮映画の製作宣伝から映画コンテンツの開発、劇場の編成、ビデオソフト及びCSなどの制作を行っています。演劇事業では、松竹誕生の起源ともいえる歌舞伎の企画・制作、劇場運営、イベントなどを行い、不動産事業ではビル賃貸・不動産管理開発などを手がけます。一時は映画の衰退が危惧されましたが、アニメに対する海外の関心も手伝って業績は持ち直しています。競業他社と比較し、歌舞伎の興行を独占的に支えている点が松竹の強みです。

 

松竹の口コミ(従業員)

松竹はエンターテイメント関連事業が主力なので、人との関係が大切になりますし、イベントや出演契約など自分で考える力が求められます。口コミでは「日々業務内容が異なりますし、結果が残せたときはいっそう意欲が湧く」と前向きな意見があります。業務に対する確たる答えがないのも、こうした事業ならではで、「実践を通して学ぶことが多い」のも特徴です。

ネガティブな意見としては、意外なことに、3つの事業部間の交流が少ないとされ「他の業務内容が分からない」との意見がありました。映画又は演劇、不動産その他どの事業が希望なのか明確にしたほうが良いでしょう。

たとえば演劇の興行に携わった場合、映画と違い「聴衆の声や評価が直接届く点で喜びは大きい」との声がありますが、裏を返せば不手際に細心の注意が必要で責任は重くなります。映画や演劇は役者が主役ですから、繁忙期は松竹と契約した業務時間内での退社は難しく、多くなる残業への覚悟が求められます。ただし、労働時間に応じた給与はきっちり支給されるので「体力と気力さえあればやり甲斐がある」との意見はあります。松竹では何より歌舞伎の興行に携われることによる「日本文化への貢献、映画や演劇を通して社会に楽しみを提供できる満足感が味わえる」とされ、この点がまさにエンターテイメント業界で働く醍醐味でしょう。

松竹は創業100年を超えており、映画や舞台などの文化を継承し続ける伝統ある会社として、特別なノウハウを蓄積しています。こうしたノウハウに触れることは文化を知ることであり、松竹で働く積極的動機を与えてくれます。

加えて福利厚生は、有給休暇について「前もって伝えておけば特に困難はない」とされ、産休・育休そして復職制度も整備されているとの評判です。こうした会社の取組みは働き易さにつながり、社会構造の変化に対応する視点からも重要な対策でしょう。

しかし、年功序列の賃金体系など従来の経営管理手法も残っており「能力に基づかない点にいささか不満」との口コミ、対して「成果主義の職場」との口コミも見られました。全体的には業務に対するやりがい、給与や賞与そして福利厚生いずれもプラス評価の意見が多いですし「上司への提案も社員への相談もし易い」との意見はエンターテイメントを手がける松竹の柔軟性や風通しの良さを感じさせます。

そのほか口コミには演出家としての意見、映画やテレビの宣伝、美術部との接点に言及するものがあり、松竹で働くことは単にマネージメントのために関わるだけでなく、まさにスタッフの一員なのが理解できます。他の業界では考えられませんが、映画やテレビの撮影が終わると打ち上げに参加できる社員もいるようです。

 

松竹の口コミ(サービス利用者)

松竹が提供するサービスは多岐にわたりますが、大まかに評価を検証します。

まず映画館。九州と北海道を除く各地に散在し東京には5館あり、良い口コミには「駅が近い」や「劇場がきれい」「そこでしか見られない映画が上映される」といった意見がありました。一方、改善してほしい意見としては「混雑する」という意見が多かったです。会員になると割安で見られるサービスがありますし、時間帯や曜日によって入館者の数が変化するため、評価の良し悪しは来館者のタイミングもあるでしょう。地方都市での意見では、「広い」と「交通の便が悪い」とで分かれています。松竹は、映画館以外にも東京と大阪、京都にある劇場を管理していますが、いずれもアクセスのし易さが高評価で、総じて悪い意見は少ないです。

歌舞伎に関しては、チケットが安く購入できるなど特典が多い「松竹歌舞伎会のカード」があり、このカードが愛好者に高評価です。もちろんカードを作ることがチケットを優先購入できる条件ではないので、既に他のカードを保有しているときは無理に購入する必要はありません。さらに歌舞伎関連でいえば、舞台の年間スケジュールはぎっしりで、いずれの劇場も松竹が運営するところから、舞台の出来不出来は松竹の評価ともいえます。歌舞伎へ足を運ぶ人は目が肥えていますが、おおよそ辛辣な意見はなく、演技やストーリーを楽しむための環境づくりなど松竹の努力は実を結んでいます。

こうした劇場や舞台とは別に、松竹は映画を製作している関係上「DVD」も制作しており、「DVD化して欲しい作品」をリクエストできるサービスを提供しています。作品によってはDVD化できないケースもありますが、昔の映画をDVDで見る楽しみは当時映画館で見た世代のみならず、一度も見たことがない人にも評判が高いものです。

その他の活動内容として「ライセンス事業」を行っています。具体的には、歌舞伎をモチーフにした商品や歌舞伎の名を冠した商品を作る場合や、グッズまたは模様など歌舞伎を扱う場合の許可事業です。松竹直営の歌舞伎グッズを販売する店舗の歌舞伎揚げやスイーツは「土産に丁度良い」「意匠をこらした商品」など人気が高く、食べ物以外の商品についても外国人観光客に喜ばれるようです。映画や舞台のほかにイベントも行っており、歌舞伎の衣装の展示や面白いところではお化け屋敷、映画のセット、空間プロデュースなども手がけます。映画製作をするのだから当然といえば当然ですが、お化け屋敷は「演出が丁寧」と評判です。

いずれのサービスも、利用者たちの心をを動かす点が共通しています。

 

まとめ

松竹のエンターテイメント事業は歴史が古く、いずれのサービスもお客さま優先の精神が窺えます。それだけに映画・演劇どれをとっても作品を体験した人の「満足度は高い」と結論づけられます。この結論は、松竹で働く社員のやりがいと表裏一体ともいえ、上司や社員間のコミュニケーションの取り易さ、福利厚生の充実度が反映してるのでしょう。ただし、エンターテイメント事業は個人的な感想に左右される側面が多分にあるため、同じ内容の作品を見ても評価は人によって変化します。その点、ハード面は個々人の違いが表れにくいため、映画館や劇場の広さや美しさ、見易さ、加えてアクセスなどに対する意見は本質を突いています。そのハード面を支えるのが松竹の役割であり、いずれも一定の評価を得ている点で社員らの努力がわかります。歌舞伎を初め、映画産業の一翼を担ってきた歴史はまさに文化的貢献のたまものであり、歌舞伎においては今なお旧来の様式を維持しながら現代に即した方法の模索や海外進出など発展と変化に寄与しています。こうした文化が廃れずに維持され続けるのは、ソフト面でも時代に応じたサービスを提供しているからでしょう。松竹のサービスは伝統と革新の両方を保持しつつ提供されてます。