木村育生社長の半生と「株転がし」について

木村育生

東京都出身の実業家として知られる木村育生氏は、
過去に多くの企業買収を行ってきました。

以前のまとめ記事も合わせてご覧ください。

日本経済に大きな影響を与えてきた木村育生氏は、
一般的に成功が難しいと言われるM&Aを次々に成功へと導いてきた、
注目の人物です。

そんな木村育生氏の半生をご紹介しつつ、
株転がしの定義を確認しながら
過去のM&Aが株転がしに該当するのか検証してみましょう。

木村育生氏の半生は?

1958年東京都生まれの木村育生氏は、
慶応大学商学部を卒業後にアメリカにある
米国ミシガン州立大学に留学した高学歴な人物でもあります。

アメリカへの留学を足がかりにテキサス州の貿易会社に入社し、
帰国後には株式会社I.Q.Oを設立して代表取締役に就任しました。

2005年にインボイスRMの前身である
株式会社ダーウィン代表取締役会長に就任して、
同年に自らの資産管理・運用を目的とした有限会社木村育生を設立しています。

バスケットボールに対する愛情が深く、
同じく2005年には日本プロバスケットボールリーグの代表取締役にも就任しました。

インボイス時代にはマンション管理会社のダーウィンや
ダイナシティなどの買収を行いました。

インボイスは一括請求サービスで成功を収め、
多くの企業が抱える経営問題の解決を進めてきました。

創業から手掛けた木村育生氏のインボイスは、
東証1部上場という功績を成し遂げています。

木村育生氏は2011年にインボイスを退社後、
有限会社木村育生をイコールパートナーズ株式会社に変更しました。

木村育生氏は2014年にはクロスチェックを創業して
2016年にMBOを行い親会社のスターティア株式会社から独立しています。

このように木村育生氏は実業家として、
様々な企業の中で経営手腕を発揮するという半生を送っています。

株転がしについて

株取引での利益を求める投資家の中には、
株転がしを積極的に行って利益を上げている人も存在します。

株転がしとは、安い株を高く売るという
売買のサイクルを繰り返す株の売買行為です。

株価は上昇と下降を繰り返し、波がうねるように価格を変動させており、
効率良く株で利益を上げたい場合には、
いかに安値で買い高値で手放すかが重要となります。

「株転がし」行為で価格が変動する株を安値で買って
利益が十分に出る高値で売り、手元に戻った資金で新たに安い株を購入するという
サイクルを繰り返せば、投資家の手元には確実にお金が残り増え続けるでしょう。

しかし、最安値を狙って次々に株を転がすという「株転がし」の手法により、
業績とは関係なく企業の株価が被害を受けるケースもあります。

木村育生氏は、企業を再生させ業績を上げることを目指す経営者であり、
意図的に企業の株価にダメージを与えるようなことはしない人物だと言えるでしょう。

木村育生氏のM&A

M&AとはMergers and Acquisitionsの略であり、
企業の合併や買収のことを指しています。

事業継承が問題になっている企業や、
雇用の安定などの課題を抱えている企業にとっては、
適切な時期に適切な方法でM&Aを行うことで
企業としての問題や課題が解決されて成長への転換が期待できます。

木村育生氏が行った過去の実績を確認すると、
M&Aが企業の成長戦略ツールの1つとして機能していることが分かります。

多くの企業が時代や業界の変化にさらされて、
厳しい環境で成長のチャンスを掴もうともがいている現代社会では、

木村育生氏が手掛けたようなM&Aによってこそ、
再生や事業継承あるいは事業拡大が望めるケースがあると言えるでしょう。

負のイメージが強かったM&Aは現在、経営課題の解決手段として活用されているのです。

株転がしの定義や木村育生氏の半生を調べてみると、
過去のM&Aが「株転がし」に当てはまらないことは明白です。

優秀な経営手腕を活かし、
数多くの企業をM&Aを通して再生させ成長させてきた木村育生氏には、
今後も各方面からの注目が集まるでしょう。