ベンチャー企業

レイノス株式会社|スカウトを通じて企業の未来を創造する会社

レイノス株式会社は、「日本経済の活性化」と「個人の人生の充実化」を目標として事業を行っている会社です。

「日本経済の活性化」と「個人の人生の充実化」を目指すためには、レイノス株式会社自身が成長することももちろん重要ですが、社会貢献も必要になります。

以上から、今回は

  • レイノス株式会社がどのような会社なのか
  • どのような社会貢献をしているのか
  • スカウトヘッドハンティングが本物かどうか見分けるためのポイント
  • それぞれの業界でどのような人材が求められているのか
  • 採用の方向性

について考察していきます。

レイノス株式会社について知りたいと考えている方は、ぜひ今回の記事に目を通してみてください。

 

 

レイノス株式会社の概要について

まずはレイノスがどのような企業か把握すべく会社概要を以下にまとめました!

 

会社概要

設立 1997年10月1日
従業員数 1,210名(グループ全て)
取引社数 7,000社以上
本社、支社所在地
  • 本社:東京・大阪 
  • 支社:名古屋・仙台・岡山
サービス
  • サーチ型スカウトサービス(スカウト・ヘッドハンティングサービス)
  • M&Aコンサルティング
  • 事業承継支援
  • エグゼクティブシニアマッチング支援事業
  • 経営顧問事業

 

会社概要から見るポイント

  • 取引社数7,000以上:実績の大きさをあらわしている
  • 東京、大阪以外にも各地に支社有り:全国規模で事業を行う
  • 「サーチ型スカウトサービス」とは?:クライアントからヒアリングした経営課題に対し、解決可能な人材をリサーチするスカウト法、別名「スカウト・ヘッドハンティングサービス」

 

自社の利益を「第三者」に提供するビジネス

上記した内容から推測するに、レイノス株式会社は自社のマーケット拡大を継続させるなかで「企業や個人がより豊かな未来を創造するためのサポート」を実施していることが考えられます。
顧客のビジネスシーンのサポートで得たノウハウは次の依頼に活かせると同時にマーケット拡大の貴重な資源となり、このポジティブな循環が「多角的な視点からのサポート」を可能としていることが会社概要のサービスから窺えます。

以上から、同社は「社会貢献を重視している」ことが窺えますが、この件について次で考えてみましょう。

 

 

レイノス株式会社はどのような社会貢献をしているのか?

CEOのシルエット

日本各地には多くの経営者がいます。
その経営者たちの多くは、才能ややる気に溢れている人材に出会いたい、事業を成長させるための人材を確保したいと考えています。

しかし、望み通りの人材を確保するのは非常に難しいことです。
そして、求職しているしている人が望み通りの会社に出会うことも同じくらい難しくなっています。

そのような壁にぶつかっている企業や人のサポートをしたいと考えたのが、レイノス株式会社なのです。
筆者
筆者

レイノス株式会社のサービスを利用することによって、理想的な人材の確保や就職先を見つけることができたのであれば、それは社会貢献の1つだと言えます。

そして、スカウトによって1人でも多くの人の活躍の場が広がっていけば、かなり大きな社会貢献をしたということになるでしょう。

このようなことを踏まえて考えてみると、人材のスカウトをすることのによって社会貢献をしてきたということになります。

そして、これからも同じような社会貢献を継続していくのではないかと予想できます。

 

 

スカウトヘッドハンティングは本物?見分けるポイントをご紹介

スカウトヘッドハンティングの電話は、怪しいのではないかと思う方もいるでしょう。
そのような電話がかかってくることはほとんどないので、怪しいと思う気持ちも良く分かります。

続いては、スカウトヘッドハンティングが本物かどうかを見分けるポイントをご紹介していきます。

会社名や氏名を名乗るかどうか

ヘッドハンティングの電話がかかってきた場合、どこの企業からかかってきた電話なのかを知りたいと思うのは当然です。

ヘッドハンティングの電話であればなおさらでしょう。
しかし、会社名をダイレクトに教えてくれるケースは実は少ないという実情もあります。

そのため、はっきりとした会社名を知ることは難しいかもしれません。
それでも全く教えてくれないのであれば、信用しない方が良いでしょう。

自分自身の仕事や役職を把握しているかどうか

自分自身の仕事や役職を把握しているかどうかというポイントは、必ず確認しておきたい情報です。

なぜかというと、仕事や役職を把握していないということは、適当に選ばれた可能性や他に目的がある可能性があるからです。

しかし、仕事以外のことを知りすぎている場合も注意が必要だと言えます。
その場合は、詐欺などの被害に合わせようとしている可能性があるため、注意しなければいけません。

スカウトハンティングの電話が本物かどうかを見分けるためには、このようなポイントをまず最初に確認してみましょう。

もしも怪しさがあるのであれば、警戒することも自分自身を守るために重要になります。

それぞれの業界ではどんな人材が求められている?

最後に、各業界でどのような人材が求められているのかを見ていきましょう。

建設・不動産業界

建設・不動産業界では、東京オリンピックに向けた事業拡大が勧められているため、人材不足に陥っています。
住宅業界の場合は、営業意職や店長候補のニーズが非常に高まっていて、天日マネジメントの経験がある人材などが求められているのです。

また、顧客の目線で考えられるということも重要なポイントになります。

不動産業界の場合は、プレイングマネージャークラス以上の仕入れ担当が求められるケースが多くなっています。
宅地建物取引士の資格を持ち、富裕層や法人役員、投資家などを折衝できるスキルも必須です。

ビルの外観

食品業界

大手の食品メーカーは、海外にシフトしています。
そのため、海外展開を視野に入れたグローバルな人材を求める傾向が強くなっています。

営業職であれば英会話のスキルや海外での実績、バイヤーへの企画提案などの経験があるかどうかを重要視するでしょう。

その他にも、商品開発やマーケティングの分野で活躍できる人材を求めているケースもあります。

大きな窯で煎るコーヒー豆

小売業界

小売業界では、生産性の向上を目指しているケースが増えています。

そこで幹部候補として活躍できる人材や実績を持つ店舗責任者になれる人材が求められています。
生産性の向上を目指すためには、事業を拡大する必要もあります。

そのため、幹部候補として活躍できる人材や実績を持つ店舗責任者になれる人材が必要になるのです。

もちろん、現場のオペレーションも先導して行えなければいけないので、総合的なスキルが必要になるでしょう。

スーパーマーケット

情報・通信業界

情報・通信業界は、近年大きな成長を遂げています。

成長を続けているということは、採用活動も積極的に行われているということです。
WEBディレクターやWEBプロデューサー、デザイナーなど様々な人材が必要になる業界でもあり、即戦力が求められます。

また、納期を遵守する執着心もこの業界では重要なポイントです。

数字の羅列

まとめ

今回は、スカウトヘッドハンティングサービスを行っているレイノス株式会社についてご紹介しました。

転職を考えていると気にヘッドハンティングをされると、嬉しく思うでしょう。

しかし、ヘッドハンティングをしてきた会社が信用できる会社なのかを知らなければいけません。
どのような評判の会社なのかを知っていれば、安心してその提案にのることもできます。

スカウトヘッドハンティングサービスを行っている会社はいくつもありますが、その中の1つがレイノス株式会社です。
スカウトヘッドハンティングサービスはいまいちよく分からないという人も少なくありません。

そのため、今回の記事を通して、レイノス株式会社がどのような会社か、スカウトヘッドハンティングサービスとはどのようなものなのかを知っておきましょう。

もしレイノス株式会社からスカウトが来たら、自身のキャリアアップにつながるチャンスになるので、ぜひ話を聞いておくと良いでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。