IROAS(イロアス)白石達也氏の様々な活動

こんにちは!

本日は、IROAS(イロアス)と白石達也氏について取り上げてみます。

皆さんはIROASや白石達也氏についてご存知でしょうか?

IROASというのは、これまで学ぶことを諦めてしまっていた人や、これから有益な情報を学びたいと考えている人に学べるコンテンツを提供しているサービスです。

白石達也氏はそんなIROASを立ち上げた人物でもあります。

今回は白石達也氏がIROASの立ち上げ以外にどのようなことを行っているのか、また考え方やIROASに関することもご紹介していきましょう。

ぜひIROASで学びたいと考えている人、白石達也氏に関して調べている人は参考にしてみてください。

 

世界で活躍する、白石達也氏

 

IROASの生みの親である白石達也氏は、世界で活躍している人物です。

最初に、世界で活躍している白石達也氏がどのような人物なのかをご紹介しましょう。

 

 

■白石達也氏の幼少期~学生時代は苦しい時期だった

 

白石達也氏は、1986年に東京都内で生まれました。

その時代は、裕福な暮らしが当たり前だという時代でしたが、大手航空会社に勤めている父親と外資系の会社に勤めている母親の間に生まれた白石達也の生活は平均よりも裕福なものだったと想像できます。

裕福な家庭に生まれたということは、苦労を知らずに成長したのではないかと思う人が多いでしょう。

しかし、実際には大きな苦労を経験していたのです。

なぜ苦労をしたのかというと、白石達也氏自身が勉強好きだったことが原因でした。

幼い頃から読書を好み、古典や歴史、論語など一般的な小学生にとって難しい内容の書籍をたくさん読んでいました。

そのため、変わり者だと思われる小学生でした。

読書を好むのは高校生になってからも変わらず、自分の世界に没頭していました。

高校生になると多くの人が興味を持つオシャレにも興味を示さず、いじめの標的にされてしったのです。

いじめられていた時期はとても辛く、自殺を考えたこともあったと言います。

 

 

■大学生の頃に起業を決意する

 

白石達也氏は、いじめを苦に自殺を考えた高校生活を送ってきました。

しかし、それに屈することなく勉強を続け、早稲田大学商学部に進学しました。

そして、大学を卒業してからは大手企業へ就職することを目標に勉学に励みました。

そんな中、リーマンショックが起きて日本の経済にも大きな影響を及ぼしたのです。

リーマンショックでは、中小企業だけではなく、大手企業も倒産の危機に晒されました。

その様子を見た白石達也は、大手企業に就職することだけが成功ではないということに気が付きます。

その頃、学校教育のあり方にも疑問を抱いていた白石達也氏は、様々なセミナーに参加し、起業するための知識を身に付けていきました。

セミナーで学んだ知識を生かして、FXやアフィリエイトに関する情報商材の販売などを大学在学中から行ってきたという経歴も持っています。

 

 

■大学卒業後は活躍の幅を広げる

 

大学卒業後も白石達也氏が活躍するペースは落ちることはありませんでした。

株式会社エンハンスを起業してネットビジネス用の情報商材(代表的な商品は「ランドオブハンモックYouTuber」)を開発し、ネットビジネス業界で白石達也氏の名前を知らない人はいないというほど知名度を高めました。

そしてその後、IROASという情報商材を開発します。

IROASは、人間関係の自由、語学の自由、居住の自由、時間の自由、経済の自由、健康の自由をてにいれるために必要な知識を学べる情報商材です。

これは、白石達也氏自身が自由な生き方をしていきたいと願っていたからこそ生み出せたものだと言えるでしょう。

そんなIROASは、インターネット環境があればどこにいても学べるという魅力を持っています。

これまでの情報商材とは全く違う切り口を提案しているIROASは、多くの人が興味を持ち、今では3,500人以上もの会員がいます。

そして、世界のどこにいてもお金を稼げるような仕組みを1人でも多くの人に知ってもらいたいとも考え、白石達也氏自身がその先駆けとなっているのです。

 

 

白石達也氏は、過去に自殺を考えるほど辛い経験をしてきました。

しかし、その経験がなかったら、今の白石達也氏はいなかったかもしれません。

今でも、世界各地に足を運んだり、勉強を続けたりしています。

そんな向上心があるからこそ、今のように輝かしい功績を残せているのではないでしょうか。

そしてこれからも、進化を続けていくことでしょう。

 

ブログからわかる白石達也氏の考え

 

白石達也氏は、ブログで様々な情報を発信しています。

では、ブログからはどのような考えが読み取れるのかを見ていきましょう。

 

 

■世界一周旅行で見聞を広げることの重要性

 

白石達也氏は、ブログの中で世界一周旅行に関する記事も書いています。

195ヶ国もの国へ足を運んだ経験から、世界の教育と日本の教育の違いに気がつきました。

教育事情は国によって全く異なりますが、その異なる点に着目したのです。

そして、現地で暮らす人がより学びを深めていくためにはどうしたら良いのかを考え、呼びかけを行いました。

これは、実際に足を運んだ白石達也氏だからこそできたことだと言えるでしょう。

そのような取り組みや現地で感じたことなどは、ブログでリアルタイムに発信しています。

そのため、ブログ読者と共有するまでに大きなタイムロスはありません。

 

世界一周旅行をした白石達也氏は、今でも足を運んだ国々に寄付金を送り続けています。

なぜそのような活動を続けているのかというと、海外には路上で生活をしている人がまだまだたくさんいるからです。

国によってはそのような生活をしないようにサポートする取り組みをしているケースもありますが、そこまで手が回っていないという国も少なくありません。

白石達也氏は、そのような生活を送っている人々の対して、少しでも支援をしたいと考えていることをブログに記しています。

 

それだけではなく、国ごとに違う教育についても思ったことを記しています。

日本では考えられないような制度がある国もあるので、カルチャーショックを受けたことでしょう。

しかし、ただカルチャーショックを受けるだけではなく、そこから学びを得るのが白石達也氏です。

その学びを共有するのもブログの役割となっています。

 

 

■日本の教育や仕事を変えていきたいという思い

 

白石達也氏は、ブログの中で日本の教育や仕事を変えていきたいという思いも随所に盛り込んでいます。

世界一周旅行で世界各地の文化や学びに触れる中で、白石達也氏が持つ教育や仕事に関する考え方も少しずつ変化しました。

そして、今の日本にはないような寄付活動や慈善活動などに触れることにより、これからの日本にはどのような環境が必要なのかを模索しているのではないかと考えられます。

 

私たちが普通だと考えている日常生活は、世界的に見ると普通ではないことも少なくありません。

普通だと思っていることが広い意味では普通ではないということに気が付けると、生きていく上で本当に大切なものが何かを気付いてほしいと白石達也氏は思っているのではないでしょうか。

もちろん、日本の中の普通を維持するのであれば、現代の教育が最適です。

しかし、グローバルな人材を育成し、世界レベルで活躍していくためには今のままでは難しいと言えます。

なぜかというと、現代の日本の教育は昔の教育方針を軸に作られているからです。

そのような現状を打破するためには、少しでも多くの人が現代の教育に疑問を持たなければいけません。

それは簡単なことではないため、白石達也氏がブログで発信し続けているのででしょう。

 

 

白石達也氏は、若くして成功を収めた人物です。

幼いころから、少し人とは違った見方をしてきたこともあり、他の人が気が付かないような問題点にも目を向けることができています。

その問題点や解決の糸口をブログで発信していると言っても過言ではないでしょう。

世界を俯瞰した中で日本の教育や働き方を見てみると、多くの学びを得られます。

その学びを情報商材に落とし込むだけではなく、ブログという形式で発信することでより多くの人に伝えようという意気込みも伝わってくるようです。

このようなことから、白石達也氏のブログからはこれからの日本を変えていくためのヒントを得られるということが分かります。

 

IROAS(イロアス)で出来ることとは

 

様々な教育システムを提供しているIROAS(イロアス)では、どのような情報を手に入れられるのでしょうか?

白石達也氏が提供しているIROASで出来ることをご紹介します。

今後、自分自身を成長させたいと考えている方は参考にしてみましょう。

 

 

■IROAS(イロアス)で出来ること

 

オンラインビジネススクールのIROASでは、様々なことが得られます。

その中でも注目のポイントをいくつかご紹介します。

 

・専門家による学びを受けられる

学びの自由にも特化しているIROASでは、根本的な居住の自由だけでなく、人間関係や時間、経済的や健康の自由など、様々な自由を得るための教育システムを提供しています。

それに必要な語学の自由も提供していて、ここでは24ヶ国語に対応している講師から直接語学習得できるメゾットを学ぶことができます。

ここで語学の自由を手に入れられれば、旅行先や移住先でも快適に生活ができるため、自由を手に入れられる範囲も広くなっていきます。

語学の自由を手に入れることで行動できる範囲も広くなり、そこに健康の自由も加わればさらに大きな視点で世界中を行動できることでしょう。

 

・お金を稼ぐための知識も習得できる

教育システムで自由を手に入れるための知識を習得できても、そこで生きていくためにはお金が必要です。

IROASでは、生きるために必要なお金を習得するための教育も同時に学べます。

IROASで学べるのはマルチレベルマーケティングと呼ばれる手法ですが、一般的には良い手法と思われず、ねずみ講だと勘違いされることも少なくありません。

しかし、これは海外でも採用されているビジネスモデルであり、法律的にも問題のあるものではありません。

きちんとした教育を受けて学んでいくことであり、IROASで基本から学ぶことで違いも分かってきます。

これも居住の自由を実現するための重要な部分となるので、欠かせないものとなるでしょう。

 

・人生設計を立て直すための教育

他にもIROASには様々な教育がありますが、ここでは大きな教育を主に受けるのではなく、様々な視点から教育を受けることでたくさんの知識を得られます。

様々な視点で学んでいくことで将来の人生設計を立て直したり、見直すための機会になったり、自分のこれまでの人生観を変えるほど、大きな分岐点にもなるでしょう。

また、将来描いていたことを変えていく可能性もあり、今後の人生設計に悩んだ時にはIROASで学ぶことが重要となるでしょう。

 

さまざまな「自由」を手にする白石達也氏の今後の展望

 

世界で活躍している若き成功者の白石達也氏が手掛けたIROAS(イロアス)で学ぶことで、人間関係の自由、語学の自由、居住の自由、時間の自由、経済的な自由、健康の自由などの様々な自由を手に入れることができます。

新しい学びの場を提供してくれた白石達也氏の今後の展望とは一体何なのでしょうか?

 

 

■教育に疑念を抱いたことで見えた教育の未来

 

白石達也氏は現代の教育に疑問を抱いています。

白石達也氏自身、義務教育を経て早稲田大学という名門大学に入学し、卒業した経歴を持っています。

ですが、日本の教育は働くための知識を身に付けることが目的でもあります。

大学を卒業した者だけが良い会社へと就職することができる世の中でもあるので、高学歴でないと自由な生活が手に入れられなくなる仕組みでもあります。

また、リーマンショックのような金融危機が起きることで大企業でさえも倒産の危機に陥ることが父親の影響により分かっています。

例え安定した収入を得られることが予想できる大企業であっても豊かに生活できる保証がどこにもないと痛感しているため、今行っている教育では社会に通用できる教育は受けられないと考えたのです。

大学在学中から、実践的な学びが重要だと考えた白石達也氏は、自己啓発やビジネスセミナーに積極的に足を運ぶようになりました。

そんな中でネットビジネスに活用でできる情報商材を作り、世の中に提供することを考えついたのです。

 

 

■教育を変える情報商材の提供

 

ネットビジネスにおいては学歴がなくても高収入が得られるのではないかと白石達也氏は考えました。

ですが、情報商材の多くは自分の利益だけを優先したものも多く、本当に役に立つ知識を習得できないものもあります。

そのため、白石達也氏は自身だけではなく学ぶ人たちの幸せを考えて情報商材を作り出すことを考えたのです。

IROASでは、多くのことを学ぶことができます。

義務教育においても英語やプログラミングなどの専門的な知識が習得できるよう学べる場が提供され始めましたが、安定した生活をするためのお金を稼ぐ方法を教えてくれる学校はありません。

一方IROASでは、ドクターや博士などのあらゆる専門家から最先端の学びを受けることができます。

LINE@ATMシステムでは複雑な知識を持っていなくても成果報酬を受け取ることが可能です。

そのほかにも、友達5000人くんやWEB集客ページ生成ツールなど、自身が行おうと考えているネットビジネスで活用できるツールも提供しています。

IROASであれば、学びながらお金を稼ぐことができるチャンスを掴めることになるのです。

 

 

■自由で豊かな暮らしを築ける世界

 

上記のことから、白石達也氏はIROASにおいて質の高い学びを提供していることが分かります。

既存の教育では得ることができない情報や知識を習得でき、豊に暮らすための役立つ知識をインターネットを介して学べる仕組みは、よりたくさんの人々が幸せになることを意味しています。

そのため、白石達也氏は日本だけではなく世界中の人々が様々な自由を手に入れ、新しい人生を切り開けるよう学びを通じて願っているのです。

自由で豊かな暮らしを築ける世界になるため、白石達也氏は成功を遂げた現在でも定期的に海外に足を運び、世界中の教育の現場を視察しています。

白石達也氏は学ぶことを止めずにさらなる知識を習得し、多くの人に広めるためにも、これからもIROASの中で様々なツールを提供し、多くの情報を発信してくれるでしょう。

 

まとめ

 

エリート一家のもとに生まれた白石達也氏は、これまでに様々な経験をしてきました。

良いことばかりではなく、辛い経験をしてきたことで未来をより良くできるよう情報商材の提供を考えだし、大学を卒業してからも現在まで学ぶことを繰り返してきました。

自分が学んで良かったことなどは、共有することで多くの人たちが幸せになるチャンスを増やすことができます。

そんな場を提供しているのがIROASなのです。

 

IROASでは、下記の6つの自由を手に入れるためにベーシックトレーニング、ジョブトレーニング、テクノロジーツール、収入システムを軸として学びを提供しています。

 

・人間関係の自由

・語学の自由

・居住の自由

・時間の自由

・経済的な自由

・健康の自由

 

白石達也氏だけではなく、グローバルで活躍するためのスキルやコミュニケーションテクニック、コピーライティングスキルやオンラインマーケティングスキルなど、専門的な知識に特化した様々な専門家による講習を受けることで、自分が学びたいと思っている情報だけではなく苦手な分野まで、より多くの知識を増やすことができます。

情報商材の多くは学ぶだけのものが多いですが、白石達也氏が生み出した情報商材は学ぶことと同時に利益を生み出すための方法も教えてくれます。

LINE@ATMシステムで稼いだ資金を活用してさらに多くの知識を習得することも可能です。

ですが、情報商材は手が出しにくいと感じる方もいるでしょう。

IROASにおいては、インターネット環境があればスマートフォンやタブレット一つで学ぶことができます。

学ぶにも時間がないと諦めている人にとっても勉強しやすく魅力の高い学び方となっています。

また、情報商材のシステムが分からない人もいるでしょう。

IROASのコンテンツは動画による専門的知識の習得やツールを使っての利益獲得になります。

初心者でも分かりやすい内容となっているので、幅広い人たちが利用できると考えられます。

ネットビジネスを始めたいけど、独学であれば知識不足によって失敗することもあります。

ですが、学ぶための方法が分からないのであればIROASを活用することで学校では学ぶことのできない細かな情報まで習得できるでしょう。

自分のペースで学ぶことができ、疑問や相談があればオンラインで質問することも可能です。

白石達也氏が考える今後の展望に賛同し、明るい未来を築きたいと願っているのであれば、IROASを活用して学びのチャンスを手にれてみましょう。

そのためにも、まずは白石達也氏が配信しているブログやツイッター、YouTubeなどを見て、どのような人物であるのかを確認してみてはいかがでしょうか?

無料でメルマガも配信しているので、登録をして白石達也氏の考えを把握することもできます。