サンテクレアールの「フローライト」「トリマ」「ラフランスキンケアシリーズ」って一体何?徹底調査!

皆さんはサンテクレアールがどのような会社かご存知でしょうか?

サンテクレアール株式会社は独自の研究から「乳酸菌エキスが元気な体と心を作り出す」と考え、四半世紀も前から乳酸菌エキスに着目してきたパイオニアです。次世代の健康食品として注目されている乳酸菌エキス「フローライト」や、自然の恵みを受け継いだ大豆オリゴ糖を配合している「フローライトゴールド」など、食卓に欠かせない乳酸菌エキスを販売しています。商品を通じて人の健康を考え、また人との出会いを大切にしている企業でもあるため、社会貢献に関しても積極的に行っています。

そんなサンテクレアールの会社概要や、取り扱っている商品の特徴などをご紹介します。サンテクレアールの商品や社会貢献など、気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

サンテクレアール株式会社の概要

サンテクレアール株式会社は、どのような会社なのでしょうか?まずはサンテクレアールの概要をご紹介していきます。

 

サンテクレアール株式会社の概要

サンテクレアール株式会社は、1984年3月に株式会社を設立しました。

1990年7月に乳酸菌エキス「フローライト」を発売し、このフローライトは現在もサンテクレアール株式会社の人気商品となっています。

 

その後、1995年には静岡支社を開設、1999年8月には基礎化粧品の「ラフランスキンケアシリーズ」を発売しました。この「ラフランスキンケアシリーズ」は、乳酸菌エキスを配合したスキンケアシリーズであり、乳酸菌が素肌に働きかけることで大人の肌でもシンプルステップで健やかな肌へと導いてくれます。本物の肌の美しさを導き出す商品として、現在も人気の高い商品となっています。

 

2002年9月に乳酸菌からなる大豆発酵物含有食品の「クレシェーラ」を発売し2011年7月には「クレシェーラゴールド」を発売。その後も健康へと導く商品を多数販売しています。その後も研究を重ねてより良い商品を提供し、人間の体の内側だけでなく外側からも健康を保てるようなサポートを行っています。現在サンテクレアール株式会社は愛知県名古屋市に本社を構え、静岡支社として静岡県静岡市にもオフィスを構えています。

 

企業理念から分かること

サンテクレアール株式会社ではこのような企業理念のもと、多くの商品を提供しています。企業理念から見えてくることを解説していきましょう。

・わたしたちは総健康を目指しています
サンテクレアールでは、創業した当初から健康に関して研究を行っていました。サンテクレアールの考えている健康とは体だけでなく、心、経済、家庭や社会も含めての健康だと考え、これらの環境から健康で豊かなライフスタイルを目指していくのが総健康だとしています。

・信頼ビジネスだからこだわります
サンテクレアールでは、フレンドビジネスとして人から人に商品を最良の形で伝えていくビジネス方式を採用しています。商品を誰もが手に取れる機会が多ければ多いほど、商品は売れていくことは分かっていますが、サンテクレアールは商品と一緒に信頼の気持ちを伝えなければならないと考えています。厳選された独自の商品の良さを知ってもらうためには、信頼ビジネスがベストの方法だと考えているということです。

・人との出会いを大切にしています
人と人との繋がりが信頼の輪をどんどん広げていくという考えから、サンテクレアールでは商品を通じての出会いを大切にしています。商品との出会いや人との出会いの中から生まれる信頼関係や、その信頼があってこその喜びを大切にしているため、その素晴らしさから生まれる力の大きさを知っているということでしょう。

・無限の可能性をサポートしていきます
サンテクレアールでは長年の実績と社会的信頼関係によって、会員が今後の可能性を感じながら成長していくためのサポート体制を整えています。コミュニケーションや研修などのカリキュラムを通じて、サンテクレアールの活動を楽しみながらサポートしていける体制も整えています。顧客へのアフターフォローも万全にしているため、社会的信頼関係をより強めていくことができるでしょう。

企業理念としてこのような内容を掲げていますが、社長自身もこのような考えを持っているようです。時代と共に環境が変わり便利になった反面、お互いに信頼感や喜びを分かち合うことが薄れてきているように感じているため、このような時代だからこそ、縁を大切にしてその縁に触れることや直接会うことで、本物の健康と豊かさがもたらされると考え、このような商品の提供や販売方法を取っているようです。便利になっていくと薄れてしまいがちなコミュニケーションの大切さを、サンテクレアールの商品を通じて感じて欲しいという思いが強いということでしょう。

「フローライト」ってどういうもの?

サンテクレアール株式会社についてご紹介してきましたが、ここからは取り扱っている製品について詳しくご紹介していきましょう。まずは、サンテクレアールを代表する製品・フローライトについてご紹介していきます。

フローライトとは?

フローライトは毎日の食事として取り入れたくなる健康食品です。サンテクレアールではこれまで乳酸菌に着目した研究を行ってきました。そんなサンテクレアールの研究によって生み出されたのが、フローライトです。フローライトは1本360ml入りで、その中には乳酸菌エキスがたっぷりと含まれています。

乳酸菌エキスは20世紀初めに涅槃経の経典に書かれた文章によって「醍醐」という存在が明らかになりました。この醍醐こそが乳酸菌エキスの原点であり、古くから乳酸菌エキスが活用されていたことが分かります。

現在は乳製品などで気軽に乳酸菌が摂取できるようになってきましたが、乳酸菌が作り出す分泌液の乳酸菌エキスに着目するところはあまり見られませんでした。サンテクレアール株式会社は四半世紀も前からこの乳酸菌エキスに注目し、商品の開発・研究を続け「フローライト」という商品を作り上げたのです。

 

共棲培養で高品質の乳酸菌エキスを抽出

乳酸菌エキスと言ってもより高品質なものを商品として届けるためには、様々な工夫が必要となってきます。サンテクレアールでは「共棲培養」を用いて高品質の乳酸菌エキスを抽出できるようにしました。共棲培養とは、異なる種別、そして複数の菌を同じ培養地で増殖させることを指します。

菌は元々同じ種類の菌が集まって増殖し、他の菌と戦うといった性質を持っているのですが、共棲培養を行うことによって乳酸菌同士が集まり、質の高い分泌液を生み出します。

フローライトはただ分泌された乳酸菌エキスを使っているわけではなく、共棲培養させて作り出した高品質の乳酸菌エキスを使っているのです。また、乳酸菌エキスに加えて高純度のクエン酸と酢酸も配合されています。

フローライトゴールドとフローライトプレシャス~癒~

通常のフローライト以外にも「フローライトゴールド」と「フローライトプレシャス~癒~」の2種類が提供されています。

フローライトゴールドは、通常のフローライトに米胚芽と大豆オリゴ糖が配合された商品です。サンテクレアールの共棲培養法では培地に大豆を用いており、乳酸菌エキスを精製しているのですが、熟成技術を向上させたことで自然から抽出された大豆オリゴ糖の活用に成功しました。大豆オリゴ糖は乳酸菌の働きをサポートする役割を担っており、健康的な毎日を作り出すためのお手伝いをしてくれます。

フローライトプレシャス~癒~は、第1期共棲培養における設定技術が向上したことで生み出された新しいフローライトで、より高品質の乳酸菌エキスを摂取することができます。さらにパワーアップされた乳酸菌エキスを取り入れたい方は、フローライトプレシャス~癒~が適しているでしょう。

フローライト、フローライトゴールド、フローライトプレシャス~癒~のお召し上がり方

そのまま飲用するのも良いのですが、料理の調味料として使ってみると良いでしょう。乳酸菌エキスには美味成分も含まれているため、料理の美味しさをさらに引き立ててくれます。また、酢酸やクエン酸などが配合されているため、レモンや酢を使用したメニューをフローライトシリーズに置き換えて使用するのがおすすめです。爽やかな酸味が料理のアクセントになるでしょう。

例えば、

・ブロッコリーとイカのタイ風レモン炒め
https://cookpad.com/recipe/5645030

・キャベツと鯖缶のレモン蒸し
https://cookpad.com/recipe/5633984

・レモンゼリー✿はちみつミルクプリン
https://cookpad.com/recipe/5602179

これらのような料理に使用すると、より美味しくいただけることでしょう。

「トリマ」っていったいなに?

サンテクレアール株式会社では、フローライトのような健康食品以外に健康用品の取り扱いも行っています。どのような健康用品を取り扱っているのか、詳しくご紹介していきましょう。

トリマはどういった製品か?

トリマは、お風呂の浴槽の中で使用するマットです。

昔から「冷えは万病の元」と言われているように、健康を維持・増進するためには冷え対策が重要になります。特に足や手など末端の冷えが気になっているという方も多いでしょう。全身が冷えていないとは言え、やはり末端の冷えがあるということは血液の流れもあまり良くないことが分かります。血液の巡りを良くし、体を冷やさないためには毎日の入浴がおすすめです。特に、熱いお湯ではなく37~40度のぬるめのお湯で長めに浸かることで、リラックス効果が高まります。

そんな入浴をより有意義なものにするための製品が、サンテクレアールの「トリマ」になります。トリマはシリコンゴムで作られているのですが、その中には「モナザイト」と呼ばれる鉱石が含まれています。モナザイトはアメリカやブラジル、オーストラリアなどで産出される鉱石で、鉱石に含まれているトリウム元素からトロンを放出しています。

このトロンはイオン化作用として強い効力を発揮すると言われており、欧米では物理学療法として利用されてきました。例えば、西ドイツで人工的に作られた温泉にはトロンの働きを活用し、ミネラルなどがたくさん配合された弱アルカリ性の泉質を楽しめるようになっています。

トロンによって神経痛や肩こりなどの痛みを軽減させる効能や、血液の巡りを良くすることで冷え性の改善にも期待できると言われています。トリマは自宅のお風呂で手軽に上記のような効能を得られ、毎日温泉を利用しているような感覚になれるのです。

 

トリマの使い方

トリマの使い方は至ってシンプルです。浴槽にトリマを敷いてからお湯をため、後は入浴するだけです。使用後は少量の中性洗剤を使って軽めに洗い、風通しの良いところで陰干しすれば清潔な状態を保ちながら使えます。

 

トリマの安全性は?

使用していると本当にトロンによる効果が得られているかどうか心配になる方も多いでしょう。サンテクレアール株式会社は製品に自信があるからこそ、財団法人日本分析センターという第三者機関に依頼し、トロンが本当に発生しているかを調査してもらいました。その結果、トロンの存在は確認され、なおかつ安全基準もクリアしていると判断されたのです。リラックスタイムに使えて、しかも健康維持をサポートしてくれる効能が得られるトリマは非常に魅力的な製品だと言えるでしょう。

「ラフランスキンケアシリーズ」とは一体?

サンテクレアール株式会社では多くの方の健康に加えて、美容においても製品づくりで貢献しています。「ラフランスキンケアシリーズ」は、多くの女性が憧れを抱く“素肌の美しさ”を実現できるように作られた製品です。ラフランスキンケアシリーズには5種類の製品があるので、それぞれにどういった特徴があるのかご紹介していきましょう。

クレンジングジェル

クレンジングジェルは、その名の通りジェルタイプのクレンジングです。

クレンジングというとオイルを想像される方も多いかと思います。クレンジングオイルは油性のメイク汚れをしっかりと落とせて洗浄力は強いのですが、肌が乾燥しやすく皮脂の分泌量が増えてしまう可能性もあります。乾燥肌の人が使うと、さらなる乾燥を招いてしまうことも考えられるため、濃いメイクをした時などピンポイントで使用した方が良いでしょう。

一方、ジェルタイプのクレンジングは、オイルに比べて肌に馴染みやすく負担を軽減させることができます。しかも、肌への負担はあまりないものの洗浄力が弱いクレンジングミルクに比べて洗浄力は高いため、クレンジングミルクではメイク落としとして満足できなかったという方に向いているでしょう。

ラフランのクレンジングジェルは肌に対して滑らかな感触となっており、肌に馴染んで毛穴の奥に入り込んだメイクやポイントメイクまでしっかりと落とすことができます。ジェルにはヒアルロン酸などの保湿成分や、トコフェロール(天然ビタミンE)などの肌を整える成分も配合されているため、乾燥肌の方にも使いやすい製品となっています。

 

ウォッシングクリーム

ウォッシングクリームは、クリームタイプの洗顔料になります。

近年は最初から泡立っている便利なタイプの洗顔料も発売されていますが、最初から泡立っているタイプには強い界面活性剤が含まれていたり、発泡剤が配合されているものもあるため、注意が必要です。ラフランのウォッシングクリームは泡立ちも良く、きめ細やかに泡立ってくれます。泡による肌に負担をかけない洗顔が可能で、しっかりと汚れや不要な皮脂を落とすことができます。

また、クレンジングジェル同様、保湿成分のヒアルロン酸や肌の状態を整えるグリチルリチン酸2Kなどが含まれており、洗顔後に感じられるツッパリ感もありません。

 

モイストローション

モイストローションは朝晩に使える化粧水で、乾燥しやすい角質層に対し潤いを満たしてくれます。

乾燥は肌のターンオーバーを乱し、外部刺激が受けやすい肌になってしまいます。乾燥は様々な肌トラブルを招いてしまうのはこのためです。ラフランのモイストローションによって潤いを満たせば、健やかな肌質を目指せるでしょう。

 

ホワイトエッセンス

ホワイトエッセンスは保湿に特化した美容液で、乾燥肌に悩む方には特におすすめの製品です。

ホワイトエッセンスに配合されているヒドロキシプロリンはコラーゲンの分泌・産生を促す効果が期待されています。また、同時に表皮細胞の増殖促進によって肌のターンオーバーを正常化に導く役割も果たしています。健やかな肌を目指すのに必要不可欠な成分だと言えるでしょう。また、この他にもイチョウ葉エキスやニンジン根エキスなどの成分も配合されています。

 

プロテクティブUV

プロテクティブUVは、日焼け止めクリームなのですが化粧下地としても使える便利なアイテムです。

保湿成分のトレハロースやニンジン根エキスが配合されており、乾燥肌を防ぎながら紫外線をカットしてくれます。日焼け止めクリームというと合成紫外線吸収剤が配合されており、紫外線はカットされるものの肌への悪影響につながってしまう可能性があるのですが、プロテクティブUVに関しては吸収剤を使用せず物理的にカットしているため、肌への負担は最小限に抑えられるでしょう。

ラフランスキンケアシリーズには全て乳酸菌エキスが配合されています。肌にも腸内フローラと同様にマイクロバイオームが存在していると言われているため、乳酸菌エキスが健康的な美肌をサポートしてくれることでしょう。

まとめ

今回は、サンテクレアール株式会社の概要や企業理念、「フローライト」や「トリマ」、「ラフランスキンケアシリーズ」などの製品についてご紹介しました。

医学の進歩によって年々寿命は延びてはいますが、健康かどうかに関してはまた違ってくると思います。ただ長生きしているだけではやりたいことが思うようにできないだけでなく、痛みや薬が手放せないなど様々な弊害も生じてくるでしょう。少しでも健康で元気に生きていくためには、健康を第一に考えている健康食品などを上手に取り入れていくこともポイントになってきます。

サンテクレアール株式会社では1984年に株式会社を設立し、健康に特化した取り組みを積極的に行っています。最初に誕生した商品は「食卓にフローライト」というテーマに基づいた商品で、乳酸菌エキスの原点となります。美味しい食事のバランスを整えて計算しているつもりでも、実際は足りない場合もあります。乳酸菌エキスであるフローライトは美味成分を含み、料理のアクセントになるだけでなく、乳酸菌エキスが体内で作用し、健康的な体へと導いてくれます。

今後の研究分野において、次世代の健康食品として注目されている乳酸菌エキスはさらに成長し続けると予想されています。また、この乳酸菌エキスの培養過程において熟成技術を高め、自然から取れた大豆オリゴ糖を活かした「フローライトゴールド」では、乳酸菌と酵母菌の相互関係によって相乗効果の高い商品となっています。

他にもサンテクレアール株式会社では、健康維持に必要なトロンの効果を実感できるマットや、乳酸菌エキスの効果を肌でも感じられるスキンケアシリーズの「ラフランスキンケアシリーズ」などで、体の中だけでなく外からも健康になれる商品を開発しています。

これらの商品の販売方法に関しても、商品を通じて何かの縁と縁がつながっていくため、あえてコミュニケーションを重視したフレンドビジネスを採用しています。このフレンドビジネスも、人と人とが繋がっていくことで商品が最良の形で相手の手に渡っていくということから始まり、この販売方法によってその良さや縁がどんどんと広がっていくと考えられています。時代の進歩によって便利さが重視されていく世の中である一方、コミュニケーションの希薄さが目立ってきてしまう中、あえてこのような販売方法にこだわっているのは縁と縁をつないでいき、さらに商品の良さが正しく伝わって欲しいという思いも込められているようです。

このことから商品への自信があるだけでなく、健康意識の高さも感じられます。健康を意識して生きていきたいと考えている方は、サンテクレアールの商品を実際に手に取って感じてみてはいかがでしょうか?