IROAS(イロアス)白石達也氏の情報発信

こんにちは!

今日は、ブログやSNSなどを駆使して情報を発信している白石達也氏についてご紹介します。

現在白石達也氏は、IROAS(イロアス)の代表を務めています。

今でこそ大きな功績を残していますが、かつては自殺を考えたこともあるほど苦しい時間を過ごしていました。

そんな白石達也氏がどうして今のような実績を残すことができたのかを経歴などから読み解いていきます。

また、IROAS(イロアス)を通じて自分自身の考え方も発信しているので、白石達也氏がどのような考えをしているのかということについても見ていきましょう。

同じような悩みを抱えている人にとっては特に大きな変化を与えるであろうIROAS(イロアス)について知りたい人は、この記事を読んでみると何かが変わるかもしれません。

 

イロアス(IROAS)で代表を務める、白石達也氏とは

白石達也氏は若手実業家として成功した人物です。

しかし、白石達也氏とはどんな人物であるのか知らない人も少なくはないはずです。

ここでは白石達也氏という人物がどんな経歴の持ち主であるのかご紹介しましょう。

 

 

白石達也氏の生い立ちと学生時代

 

日本がバブル最盛期の時代である1986年に白石達也氏は東京都で生まれました。

誰もが豊かな暮らしをしていたバブル期に、大手航空会社に勤務する父と外資系でコントローラーとして働く母というエリートの家庭環境で育ちました。

このことから白石達也氏の家庭は経済的にも一般家庭より裕福であったことが伺えます。

そんな白石達也氏は、幼い頃から何不自由ない暮らしをしてきたかと思う人もいるかもしれませんが、実際のところはとても辛い人生を歩んできたのです。

白石達也氏は小学生の頃から読書が好きだったといいます。

古典や歴史、論語など小学生にとっては高度な内容の本も多く読んでいたため、同学年の子どもよりは大人びた印象があり、変り者と思われていたようです。

そして、高校時代にはその変り者扱いがイジメに発展し、精神的に追い詰められ自殺を考えるほどの酷い経験をしたと本人は語っています。

イジメの標的にされた理由としては、読書に没頭しすぎるあまり服装に無頓着でおしゃれとは無縁の恰好をしていたことが原因だったようです。

 

大学時代に起きたある出来事で企業を決意

 

白石達也氏はそんな辛いイジメに必死に耐えながらも、勉強を怠ることはありませんでした。

その結果、見事早稲田大学商学部に合格することができました。

その後の白石達也氏は大手企業に就職を希望し、さらに勉学に励んでいましたが、その最中世間を揺るがせたリーマンショックが起きてしまいます。

リーマンショックの影響で中小企業だけではなく大手企業までが倒産の危機に晒されました。

日本中が混乱している時代に白石達也氏は、大手企業に就職しても倒産の危機が訪れる可能性があり、安定した生活を望むことができないことを知ります。

また、教育の在り方に疑問を抱き始めていたことから、セミナー抗議に積極的に参加するようになりました。

セミナーでは様々な知識を学び、起業するためのノウハウもそこから得ることができました。

こうして、白石達也氏は大学在学中でありながらもFXやアフェリエイトのプログラムを開発し、情報商材の販売を行う会社を立ち上げた結果、大きな結果をの残すことができたのです。

 

 

現在の白石達也氏は?

 

株式会社エンハンスを立ち上げた白石達也氏は、これまでに学んだ多くの知識や経験からネットビジネス用の情報商材を作り出しました。

その中には「ランドオブハンモックYouTuber」などもあり、ネットビジネス業界においてはその名を知らない人が稀なほど知名度を上げました。

そして、現在の白石達也氏は自由な生活を送れるようにサポートしてくれる情報商材「IROAS」において様々なコンテンツを展開しています。

IROASではネットビジネスについての知識を学べる環境が整備されており、人間関係・語学・住居・時間・経済・健康の6つの自由を手に入れることを目的とし、ドクターや専門家、博士などの専門的な知識を有する人たちを講師に招き、講義を開催しています。

IROASはモバイルにも対応可能なため、自宅にいるとき以外でも、移動時間や休憩時間など場所や時間を選ばずに学ぶ環境を得られます。

これにより大きなスキルアップが期待できる仕組みを作っています。

IROASは新しい情報商材として多くの注目を集めており、現在では3,500人以上もの会員が存在します。

白石達也氏は実業家として成功しながらも、自分を成長させるために手掛けたコンテンツはただ学ぶだけではなく、実現することに特化している仕組みを作っています。

今後もさらに新たなコンテンツが創造されていくことが期待できるので、会員は増加していくでしょう。

 

 

白石達也氏は辛く苦しい時代を乗り越え、努力し続けることで成功を勝ち取った人物です。

現在も積極的に海外へ渡航したり、外語学を勉強するなどさらなる成長を続けているため、注目すべき人物と言えます。

 

ブログやSNSから情報を発信

白石達也氏は多種多様な情報商材を手掛けています。

ここでは、白石達也氏が今までに手掛けたブログやSNSからの情報発信についてご説明しましょう。

 

 

リバティーレジデンツ

 

「リバティーレジデンツ」は、仮想通貨に関する基本的な知識を学べます。

また、実践にも使える多くの知識が学ぶことができる情報商材です。

近年、仮想通貨ブームが起こったことで、多くの仮想通貨に関する情報商材が販売されるようになりました。

一般的な仮想通貨に関する情報商材では、特定の銘柄を推奨することが多くなっていましたが、リバティーレジデンツの場合は仮想通貨の根本から勉強できるため、より深い知識を学ぶことが可能となります。

また、「住居の自由」というテーマを持った情報商材でもあり、好きな場所で自由に生きる中で不自由ない暮らしを実現できるような情報も発信しています。

仮想通貨の知識は、住居の自由を実現するための手段であり、そのために仮想通貨投資を成功させるためのものであることが分かります。

リバティーレジデンツの最終目標は、住居の自由を実現することを理解して学ぶことで、一層意欲が増すと言えます。

 

 

ランドオブハンモックYoutuber

 

「ランドオブハンモックYoutuber」とは、白石達也氏の代表的な情報商材です。

ランドオブハンモックYoutuberは、アメリカで注目されていたダイレクトレスポンスマーケティングに関する知識を学ぶことができます。

また、人気動画配信サイトでSNSでもあるYoutubeを活用して集客する方法を学び、商品販売へとつなげていきます。

Youtubeに掲載される広告は、男女問わず多くの年齢層へアピールすることが可能であるため、高い集客力につながります。

さらに、動画の作成に関する知識や技術がまったくないという人でも、基礎から学べることができるため、安心して利用することができます。

ランドオブハンモックYoutuberでの学びを活用することで、新たな戦略を練るためのノウハウも身に付くことができるでしょう。

そのため、将来的に見て非常に有利な情報商材だと言えます。

 

 

ヒーローズジャーニー

 

「ヒーローズジャーニー」は、これまでの義務教育では学ぶことができない新時代に向けたスキルを、各分野の専門家達から学ぶことが可能です。

ありとあらゆる分野の専門家を講師として招き、SNSの動画コンテンツで講義を行うことで、誰でもビジネスモデルを構築できる専門知識を学ぶことが可能となるのです。

また、動画コンテンツはスマホやパソコンで見ることができます。

まるでロールプレイングゲームを楽しむように次々とクエストをクリアしていくことで、経済、人間関係、語学、健康、時間、場所などの6つの自由を得ることが可能となります。

さらに、ヒーローズジャーニーでは情報企業家に関する勉強や、データ分析とマーケッターノウハウに的を絞った勉強を行ます。

そのため、コンテンツ制作に必要なノウハウを学ぶことができます。

ヒーローズジャーニーではそのサポートをしてくれる情報商材もあるため、専門知識を効率的に勉強したいという人にはとてもおすすめな情報商材でしょう。

 

 

LINE@ATMシステム

 

「LINE@ATMシステム」は今や知らない人がいないほどの人気SNSアプリであるLINEを活用した情報発信ビジネスです。

LINE@ATMシステムを理解することによって、LINEやMLM、そしてインターネットビジネスを併せ持った権利収入を得られる仕組みを作っています。

LINEは通常のメールよりも開封率が高く、メルマガ登録のような手間も省けることが売りで気軽に誰でも利用できます。

ただシェアするだけで拡散が可能なLINE@ATMシステムは、白石達也氏が見つけ出したビジネスの中でもかなり大きな実績と言えます。

このことから、LINEでシェアするだけで自動的に報酬が得られるLINE@ATMシステムは、多くの人にビジネスチャンスを与えていると言っても過言ではないでしょう。

 

IROAS(イロアス)で自らの考えを綴る

白石達也氏は、教育のプラットフォームであるIROAS(イロアス)で、自らの考えを語っています。

白石達也氏のIROAS(イロアス)に対する考えなどを読みとっていきましょう。

 

 

白石達也氏がIROAS(イロアス)を創設したのは?

 

そもそも白石達也氏がIROAS(イロアス)を創設した理由は何でしょうか?

そのきっかけになったのは日本の教育システムに関して疑問を抱いたからです。

日本の義務教育は国が定めたものであり、年齢に合わせた教科書を配布してもらい、教育機関でそれに合わせた学習ができるようになります。

無償で学べる機会があるという環境は素晴らしく、そこで多くのことを学べるはずですが、その教育内容は今の時代に合わない内容となっていることに疑問を感じていました。

現在の日本の教育では、義務教育の内容は将来の労働者を増やすために必要なものばかりであり、社会に出た時にどうやってお金を稼いでいくかということに関しては学ぶ機会がありません。

そのため、一見義務教育という手厚いサポートがされているかのように感じますが、その内容が現代に合っていないと感じていたようです。

そこで日本の教育では本当に学びたいことが学べず、一生働かなければならない環境になっていると感じた白石達也氏はIROAS(イロアス)を創設し、生活を豊かに変えていくだけでなく、自由を手に入れられる教育のプラットフォームを作ろうと考えたのです。

 

 

白石達也氏が考える教育とは?

 

実際に白石達也氏は、ブログで教育についてこのように述べています。

「教育の目的とはなんでしょうか?

なぜ、人々は学び続けなければならないのでしょうか。

本質的には、教育の目的は、周りの人を幸せにすることです。

不思議なことに、幸せは自分一人が幸せでも幸せに感じません。

トレードで一言も誰とも話さずに1億円稼いでも、なんとなく虚しさを感じるのはそのためです。

教育には力があります。

世界を変える力も人を幸せにする力もあります。

教育がない人はどれだけ腕力が強くても世界を変えることも人を幸せにすることもできません。」

 

 

白石達也氏は教育に関して力があると考え、そこには重要性や影響力も高いと感じているようです。

だからこそ、教育をしっかりと受けることができれば世界を変えたり、誰かを幸せにしたりできるとも語っています。

また、幸せは自分一人が幸せであっても幸せに感じないと語るように、正しい学びによって幸せが幸せを呼ぶとも考えているようです。

どれだけ学びが重要なのかが、この文章からも伝わってきます。

 

自由を手にするために今からできることとは

自由を手にするというと、とても難しいことのように感じてしまう人もいるのではないでしょうか?

最後に、自由を手に入れるために今からできることはあるのか考えてみることにしましょう。

 

 

これからの教育のあるべき姿を考えてみる

 

IROAS(イロアス)を手掛けた白石達也氏は、今の教育に対して疑問を抱くことからスタートしました。

白石達也氏曰く、現在の日本の教育は労働者を増やすためのものです。

大学を卒業すれば、良い会社で働くこともできます。

しかし、それは高学歴でなければ自由を得られないということも表しています。

ただし、かつて起こったリーマンショックのような金融危機が起こってしまうと、どんな大企業であっても倒産してしまう可能性を秘めています。

そのため、良い大学を出て、良い会社で働くことが全てではないと白石達也氏は考えているのです。

これを踏まえて考えてみると、自分自身でこれからの教育がどのようになるべきなのかを考えることが重要になると言えるでしょう。

これは、白石達也氏自身が大学在学中に感じたことでもあるので、同じような思いを持つようにすると、自由への道が広がっていく可能性が高くなると考えられます。

 

 

自分のタイミングで学べる情報商材の力を借りる

 

白石達也氏が手掛けているIROAS(イロアス)という情報商材は、インターネット環境があればどこでも学ぶことができます。

ただし、情報商材の中には自分の利益だけを考えたものも少なくはないので、どれを選ぶかが重要になるということを忘れてはいけません。

本当に自分の将来が豊かで自由になるものを見極めることは簡単ではありませんが、白石達也氏のIROAS(イロアス)ではそれを実現できるのです。

日本の義務教育においても、英語やプログラミングなど今の時代に必要な知識を教えてくれるようになりました。

しかし、学校では基本的な知識を学ぶことはできても、安定した収入を得る方法までは教えてくれません。

それに対してIROAS(イロアス)では、専門的な知識を持つ講師から最先端の学びを受けられるので、安定した収入につなげることも可能になっています。

LINE@ATMシステムや友達5000人くんといったツールも数多く提供しているので、これから自由な生き方をしていきたいと考えている人の心強い味方になるでしょう。

 

 

誰もが自由で豊かな暮らしを実現できるような世界があることを知る

 

私たちは、社会の色々な制約に縛られて生きているため、自由であることに抵抗を感じてしまいます。

これまでの時代はそれでも生きていくことができました。

しかし、これからの時代は自由に生きていく人が活躍すると予想されています。

白石達也氏のように、世界各地を旅しながらビジネスを成功させる人も多くなるでしょう。

また、旅をしながら不労所得を得て、自由で豊かな暮らしを実現する人も今より多くなるはずです。

そのような生き方をするために今は、積極的に学ぶことが重要になっていきます。

自由で豊かな暮らしをするための学びは、IROAS(イロアス)にあります。

つまり、これからの時代を自由に生きていきたいと思っている人は、IROAS(イロアス)など白石達也が手掛けた情報商材で学んだ方が良いということになります。

 

 

自由を手にするのは、簡単なことではありません。

また、自由に生きることに抵抗があるという人もいるでしょう。

それは、日本の教育を受けてきた人であれば当たり前のことです。

しかしこれからは、自分らしく自由に生きていくことがベストだと言われる時代がやってきます。

そんな時代を自信を持って生きていくためには、IROAS(イロアス)のように自由な生き方を教えてくれる情報商材で学ぶことが必要になってくるのではないでしょうか。

 

まとめ

白石達也氏は、若くして実業家として成功を収めた人物です。

幼い頃から勉強熱心だった白石達也氏は、同い年の子どもたちより大人びていました。

そのため、他とは違うと思われて、いじめの対象になってしまうのです。

いじめは高校時代に特にひどく、精神的に追い詰められてしまいました。

そして、自殺を考えたこともあったと言います。

そのように辛い時間を過ごす中でも、死んでしまうよりは勉強をして見返したいという思いも持っていたのです。

勉強を頑張った白石達也氏は、早稲田大学商学部に入学します。

大学入学後は、大手企業に就職することを目標にして勉学に励みました。

しかし、世界中に大きな影響を与えたリーマンショックによって、大手企業に就職してもそれが必ずしも安心材料にはならないということに気が付いたのです。

リーマンショック以降白石達也氏は、自分自身で新しいビジネスを生み出そうと考えます。

株式会社エンハンスでは「ランドオブハンモックYouTuber」という代表的な情報商材も販売し、ネットビジネス界ではその名前を知らない人はいないというほど知名度が上がりました。

それからも多くの人に新しい学びをの形を提供するために、色々な情報商材を手掛けてきたのです。

 

そんな白石達也氏は、ブログやSNSを活用して情報を発信しています。

ブログでは、世界一周旅行で足を運んだ国についての情報を公開しています。

これまでに195ヶ国もの国を巡ってきた白石達也は、それぞれの国の教育現場や仕事に対する取り組み方などを見てきました。

その旅行の中で得られた情報などを盛り込んで、新しい教育システムを生み出そうとしているのです。

日本の教育には、世界の中でも目を見張るほど素晴らしい物もあります。

しかし、世界各地の教育を参考にするとより良くなる部分ももちろんあります。

白石達也氏が手がける情報商材は、そのような部分もしっかりと考慮されています。

 

そして、白石達也が手掛けている情報商材で学ぶことは、誰もが望む自由な生き方を実現するためにも必要なことになります。

IROAS(イロアス)での学びには、自由で豊かな生き方をするためのヒントがたくさんあります。

また、インターネット環境があればどこでも学ぶことができるので、自分の好きなタイミングで学べるというメリットもあります。

自由で豊かな暮らしをしたいと考えている人は、白石達也氏が発信している情報をチェックし、白石達也氏が手掛けている情報商材で学んでみると良いでしょう。