効率的な発電ができるパナソニックのソーラーパネル!狭い屋根でも大丈夫!

ソーラーパネルは様々なメーカーから出ていて、それぞれに特色があります。
数あるソーラーパネルの中でも、パナソニックが手掛けている製品は発電効率が良いと言われています。

パナソニックのソーラーパネルは、狭い屋根でも豊富な発電量が得られるというメリットもあるので、とても魅力的だと言えるでしょう。

しかし、コストが高くなってしまうというデメリットも存在しています。
今回は、そんなパナソニックのソーラーパネルについて様々な側面から解説していきましょう。

■パナソニックの概要とソーラーパネルの実績

パナソニックは、創業100周年を迎えている老舗電機メーカーです。
“A Better Life, A Better World”を合言葉にしている会社で、「より良いくらし、より良い社会」を実現するための事業を行っています。

家電製品の開発や販売はもちろん行っていますが、その他にも企業向けのエネルギー事業まで行っているため、幅広い事業を行っている会社だと言えるでしょう。

エネルギー事業においては、ソーラーパネルを活用した太陽光発電など再生可能エネルギーを活かせる「スマートタウン」というプロジェクトも進んでいます。
それだけではなく、家庭用のソーラーパネルによって発電された電力を集約し、販売するという会社も立ち上げています。

つまり、目には見えない部分でも事業を展開しているということになるのです。

そんなパナソニックはこれまでにソーラーパネルを活用した太陽光発電でも実績を残しています。
パナソニックのソーラーパネルは、自社工場で生産されています。

そのため、品質の高いソーラーパネルを販売できているのです。
現在は、コストを少しでも抑えるためにアメリカやマレーシアに製造拠点を置いていますが、その品質に間違いはありません。

海外展開も少しずつ進めていて、アメリカのステラ社と共同で開発した太陽電池工場をニューヨークに設立しています。

共同開発がスタートしたばかりの頃は、ステラ社に「HIT」という太陽電池を独占供給する予定でした。
しかし、「HIT」の高出力や高温特性などに興味を持つ海外のソーラーパネルメーカーが増えていることから、供給先は増えていくことが予想されています。

■パナソニックを代表する機種は「HIT」

パナソニックを代表するソーラーパネルの機種は「HIT」というものです。
続いては、「HIT」がどのような製品なのかご紹介していきましょう。

【「HIT」はどのような機種なのか】

「HIT」は、パナソニックのソーラーパネルの代表格になっている機種です。

世界で初めて実用化されたアモルファスシリコンで結晶シリコンを挟むという3層構造になっています。
これまでの結晶シリコンを活用したソーラーパネルは、パネルの温度が上昇してしまうと性能が低下してしまうというデメリットがありました。

しかし、気温が高い時でも結晶シリコンより発電量がおよそ5%高くなるという特徴をもつアモルファスシリコンを採用することによって、ソーラーパネルの弱点を克服することができたのです。

そのため、1年を通して安定した発電量を実現させられるようになりました。

また「HIT」は、低反射のガラスを採用することによって、太陽光が反射してしまうことや散乱光が発生してしまうことを防げるような作りになっています。
それによって、パネルに当たる太陽光を増やすことができるため、発電量を増やせるのです。

パナソニックの「HIT」シリーズは、このような仕組みになっているため、システム容量がソーラーパネル業界においてトップクラスを実現できました。

価格は他と比べると高いように感じるかもしれませんが、性能を踏まえて考えてみるとコストパフォーマンスが優れていると言えるでしょう。

【「HIT」シリーズは発電量が多く、安定性がある】

パナソニックの「HIT」シリーズは、屋根という狭く限られている場所をギリギリまで発電スペースに変えることができます。

また、1年を通して安定した発電量を実現できる作りになっているため、安定性のある発電を求めている人にも向いているソーラーパネルだと言えるでしょう。

そんな「HIT」シリーズは、たくさんの電気を発電できる、日当たりが弱い時でもしっかりと発電できる、高温になっても発電ロスが少ない、屋根の形に合わせられる幅広いバリエーションなど多くの魅力も兼ね備えています。

ソーラーパネルのバリエーションが多いということは、どのような屋根にも設置できるようになったということです。
これまでは、限られた屋根というスペースを活かせないというケースもあったため、そのような事態をパナソニックの「HIT」シリーズでは回避できるというメリットも感じられます。

一般的な形のソーラーパネルももちろんありますが、それ以外に正方形のハーフタイプと台形のモジュールも「HIT」シリーズにはあります。

これらのソーラーパネルを組み合わせることによって、屋根全体に敷き詰められるようになりました。
そして、「ウォータードレインコーナー」というパナソニック独自のフレームも併用すればソーラーパネルの汚れを溜まりにくくすることができ、汚れによる発電量の低下を防ぐことも可能です。

【パナソニックのソーラーパネルの価格】

パナソニックが手掛けている「HIT」シリーズは、形や性能、工法などを選べる豊富なラインナップが揃っています。

従来の外つば工法だけではなく、見た目を美しくできるPS工法も選択できるようになっていて、それぞれに合う製品を展開しています。

最も出力が高いスペックを重視した機種は、PS工法の標準タイプ「P255αPlus」で255Wとなっています。
変換効率が19.9%と「HIT」シリーズの中でも最も高い数値になっていることから魅力的だと感じる人もいるでしょう。

その価格は、1枚当たり176,500円(税抜)という価格設定になっています。

パナソニックの製品は、公称最大出力が250Wを超えてくると1枚当たりの価格が17万円を超えてくるようです。
そして、公称最大出力が240Wまで下がると1枚当たりの価格が14万円まで下がります。

このことを踏まえて考えてみると、設置するための費用や出力など総合的なバランスをチェックしながら「HIT」シリーズの機種を選んだ方が良いでしょう。

ソーラーパネルの価格相場は、設置容量は3.46kW で約122.8万円、6.18kWで約176.9万円だと言われています。
これは屋根の形や構造などによって変わってきます。

どのくらいの費用がかかるのか知りたいのであれば、ソーラーパネルを設置している会社から見積もりを出してもらった方がおすすめです。

【長期保証がついているので安心】

パナソニックのソーラーパネルには長期保証がついているので、購入後の安心感も高くなっています。
無償のモジュール出力保証は25年間有効で、HIT標準タイプ、ハーフタイプ、台形タイプのそれぞれにつけられます。

無償の機器瑕疵保証も25年間有効で、HIT標準タイプ、ハーフタイプ、台形タイプにつけることが可能です。
パワーコンディショナーや接続箱、標準架台につけられる無償の機器瑕疵保証は15年間有効となります。

モジュール出力保証は、保証期間の間にモジュール出力値が既定値(10年で81%未満、25年で72%未満)になった場合や製造する時のソーラーパネル割れなどを無料で修理してくれるという内容になっています。

これらの保証を受けるためには、パナソニックが定めている方法で設置工事が行われているなど条件があります。
そのため、しっかりと保証もつけたいのであれば、パナソニックのソーラーパネルを取り扱っている施工店に依頼をした方が良いでしょう。

■他の方法で再生可能エネルギー投資するならアール・エス・アセットマネジメント株式会社がおすすめ

パナソニックが手掛けているようなソーラーパネルを設置することで発電ができ、電気代などを節約することができます。
保証もしっかりとしているため、安心して設置することもできるでしょう。

しかし、ソーラーパネルの設置には費用がかなりかかってしまうため、設置したいという思いはあっても実現できないというケースもあります。

それでも再生可能エネルギー投資に興味を持っているのであれば、アール・エス・アセットマネジメント株式会社のサービスを活用してみてはいかがでしょうか?

アール・エス・アセットマネジメント株式会社は、太陽光発電やバイオマス発電、風力発電などの再生可能エネルギーを活用した事業を行っていて、投資家に対して大きなリターンを提供できるような仕組みを整えています。

社外の弁護士や会計士などの助言を踏まえながら投資シミュレーションをしているため、投資家も安心してアール・エス・アセットマネジメント株式会社の投資事業に取り組むことができるでしょう。

またアール・エス・アセットマネジメント株式会社では、メンテナンスや資産運用状況などのレポートもタイムリーに提供できるようなレポーティングも行っています。
投資によって明るい未来を切り開いていけるようなサポートを実施しているのです。

もしも、自宅にソーラーパネルを設置することが難しいという場合は、アール・エス・アセットマネジメント株式会社での投資もぜひ検討してみてください。

パナソニックは、ソーラーパネルに関する実績もたくさん残している会社です。
アメリカやマレーシアに製造拠点を置きながら、高い品質を保てるような仕組みづくりも完成しています。
そのため、海外展開も進んでいるのではないかと考えられます。。

そんなパナソニックの代表的なソーラーパネルである「HIT」シリーズは、安定した発電量を実現できているという面において、大きな注目を集めています。
価格もそれ相応ではありますが、コストパフォーマンス非常に優れていることから導入するケースが増えているのです。

コストなどの面でどうしても導入が難しいのであれば、アール・エス・アセットマネジメント株式会社の再生可能エネルギーを活用した投資事業からスタートしてみてはいかがでしょうか?