ベンチャー企業

トスワークからのヘッドハンティングは未来を切り開くのか?

今回はトスワークが行うスカウトヘッドハンティング事業について詳しく説明していきます。

終身雇用が続いてきた90年代とは違い、現在はリストラを行う会社も増えており、老後を迎えるまで働けない人が出てきています。

そんな時代の背景からか、日本では転職サービスが普及してきましたが、現在は新たな転職方法として「スカウトヘッドハンティング」に注目が集まっています。

トスワークが行う画期的なスカウトヘッドハンティングの方法に驚く人は多いはずです。

そこで今回は、以下についてお伝えしていきたいと思います!

  • トスワークがどういった企業なのか
  • スカウトヘッドハンティングについて詳しく解説

 

トスワークが気になる人だけではなく、スカウトヘッドハンティングが気になる人もぜひチェックしてみてください。

 

 

トスワークの会社概要

トスワークは関係会社からスカウトを依頼を受けて、人材を集めている会社です。

クライアント企業が求めている人材を得られるように様々な人材情報をかき集めて、条件に沿った人材をスカウトヘッドハンティングしています。

条件に適合する候補者が見つかったら、その人に対して連絡を行いクライアントと働き手の双方のやり取りをスムーズにサポートしていきます。

基本的なアプローチ方法は電話となっており、トスワークから口頭で説明してもらえるため、選ばれた人は分かりやすくてタメになる求人情報を得ることができるのです。

こうして、クライアントにもメリットがありながら、スカウトを受けた人にもさらなるキャリアアップができる架け橋としてトスワークは存在しています。

 

スカウトヘッドハンティングとは?

トスワークはスカウトヘッドハンティングを行う会社ですが、人材紹介と何が違うのかを理解している人は少ないかと思います。

一見同じような意味合いとして捉えている人も多いですが、両者にはきちんとした違いがあります。

人材紹介とはホームページや求人サイトを活用し、求人案件を記載することで、応募用件にあった人をクライアント企業へと紹介していく方法です。

転職希望者本人が入力した情報をデータベース化し、その情報に企業の募集している条件が合えばマッチング成功となります。

採用が成立すれば人材紹介会社はクライアントから報酬をもらえることができますが、不採用の場合には報酬は発生することなく、クライアント側の不採用時のリスクも回避できるようになっています。

一方スカウトヘッドハンティングは、トスワークのようにクライアントから受けた条件を元に、ヘッドハンターが人材のリサーチを行い直接連絡を行いスカウトしていきます。

人材の対象となる人物は転職希望者だけではなく、現在働いている人にも声がかかるのです。

クライアントが求める条件に合致すれば様々な人をスカウトしていくので、スカウトが行きやすいとされるエグゼクティブ層だけではなく、どんな人にもスカウトされる可能性を秘めています。

スカウトヘッドハンティングを通して転職に成功すると、クライアント側は良い人材を手に入れ、また転職者もより良い会社に転職できるという形で双方に利点があります。

また、スカウトヘッドハンティングの採用方法と特徴は以下の通りです。

  • 指名型スカウト
  • ロングリスト型

指名型スカウトはスカウトした人材が特定されているものの、候補者が働いている企業がクライアントに近しい存在であるが故に直接声を掛けることが難しい場合に使われる手法です。

スカウトヘッドハンティングを通すことで、現在所属している企業に影響を与えにくく候補者も転職しやすい形を作っています。
一方ロングリスト型は候補者がいない場合に行われる方法です。

ヘッドハンターにリサーチをしてもらい候補者を絞り込んでもらうことで、クライアントの新採用に結び付けていきます。

日本ではまだあまり知られてはいないスカウトヘッドハンティングですが海外ではメジャーな転職方法として扱われています。

特にアメリカでは一般的なものであり、「身近に持つべき友人は、医師・弁護士・ヘッドハンター」と言われているほど、ヘッドハンターを通しての転職は非常に身近なものです。

スカウトで選ばれる人の共通点

ヘッドハンターがハンティングする人材には2つの共通点があると言われています。

・人生の価値観が企業に適している人
・企業に適したスキルを持っている人

以上の2つがヘッドハンターが狙い定めており、よりクライアントの期待に応えるような人材を集めているのです。

特にヘッドハンターはスキルよりも価値観を大事にして選ぶ傾向にあります。

企業の価値観と個人の価値観の合致ができるようにするために、企業の多くは自社の理念を重視しています。

そのため、声をかけられるように努力しなくても良いのです。

スキルがない人であろうともおのずと声がかかるようになっており、経験を多く積んできた人以外にもたくさんの良い転職を実現
してきています。

突然転職エージェントからのヘッドハンティングされたら、不安に感じてしまうかもしれません。

しかし、積極的に受けることで良い働き先での就職につながっていきます。

トスワークのメリットとデメリット

ヘッドハンティングにはメリットもあれば、デメリットも存在しています。

メリットにはこのようなものが挙げられます。

・自分を認めてくれる企業に出会える
・給与や福利厚生など待遇アップが期待できる
・新鮮な環境で仕事ができる
・入社直後に役職に就けることもしばしば

現在の会社を辞めてより良い環境で働けるため、好待遇で働ける可能性は大きいです。

転職を考えていなかった人でも、ヘッドハンティングをされたことがきっかけで現状でも良いのか考えることになるでしょう。

デメリットに関しても4つあります。

・人間関係に馴染みにくい
・新しい環境にストレスを抱えがち
・期待されることで大きなプレッシャーとなる
・求めている業種や職種でなくなる場合もある

このようなデメリットが挙げられます。

ヘッドハンティングで期待され入社したは良いものの、期待されているだけあった悩みを抱えてしまう人も多いようです。

また、企業には実際に働いてみないと分からないこともあるので、一度職場を見学する機会を設けてもらうとデメリットにつなが
りにくくなるでしょう。

総括

スカウトというのは見ず知らずのヘッドハンターからスカウト受けるため、最初は躊躇ってしまう人が多いです。

しかし、電話や面談できちんと事情を説明してくれるトスワークは、自分に適した企業とクライアント会社の距離を縮めながら、より良い転職の実現を目指せます。

メリットがある分デメリットも存在していますが、職場を見学する時間を設けてもらうなどして、スカウトに相談しながら転職を進めていくことも可能です。

トスワークは今後の日本社会を大きく支える企業として成長していくことでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。