太陽光発電で把握しておくべき事項とは?便利な一括査定サイトもご紹介

太陽光発電設備に必要な初期費用の目安

まず、太陽光発電を始めるのに必要な設備の費用について確認しておきましょう。
設備費用を抑えることができれば売電で初期費用を回収しやすく、資産を増やしやすい流れが作れます。
日本は世界と比べると太陽光発電設備の費用が高い傾向にありますが、ここ数年で安くなってきています。
太陽光発電設備の種類によって初期投資の費用が変わるので、ここでチェックしていきましょう。

・5kWの住宅用太陽光発電設備
自宅の屋根に取り付けられることの多い住宅用太陽光発電設備は、容量5kWほどのものを指します。
働きながら太陽光発電投資をしている方は、住宅用太陽光発電設備を設置している場合も多いです。
メーカーによって費用は変わりますが、およそ170~220万円が相場となっています。
発電容量が多いほど費用が多くなる傾向になるので、予算に合わせて選ぶといいでしょう。
また、屋根の状態や設置する地域の環境によっても設置すべき設備が変わるので注意が必要です。
特に、雪の多い地域では雪の重さに耐えられるだけの強度を持った太陽光パネルを用意しなければなりません。
その分費用も多くかかるので、周辺環境に応じて初期費用の予算を多めに考えておくといいでしょう。

・10kW以上の産業用太陽光発電設備
住宅用太陽光発電設備と比べると初期費用は多くかかりますが、その分たくさんの電気を発電できる点が特徴です。
15kWほどで自宅の庭や空き地に設置する場合、約250~300万円が初期費用の目安となります。
広い土地に設置する50kWの設備では、初期費用の目安がおよそ750~1000万円です。
土地の広さによって設備できる容量は変わり、自宅の空いた場所へ設置する時は15kW程度が適切でしょう。
基礎工事は設備の大きさに関係なくかかるため、大きい設備を設置した方が設置した容量の単価は安くなります。

・土地付き太陽光発電設備
自宅に太陽光発電設備の設置場所がない方や、発電に向かない環境に住む方は、土地付き太陽光発電設備の購入も選択肢として考えられます。
効率よく発電できるように整備された物件も多く、太陽光発電設備専用土地の販売は増加しています。
この場合、設備費用や工事費用の他に物件の土地代もかかってくるため、初期費用は最低でも1000万円以上必要です。
他の設備を比較するとより多くの費用がかかりますが、土地と設備をセットで購入すると安くなる場合もあります。
発電に適した場所で効率よく発電できる方法で設置されているので、よりたくさんの電気を発電して売電収入も増えるでしょう。

 

土地付き太陽光発電設備のメリット

太陽光発電設備の中でも土地付きの設備は注目度が高く、全国の様々な場所から物件が出ています。
その名の通り土地が一緒になった太陽光発電設備ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか?
ここでは、土地付き太陽光発電設備のメリットについて詳しく解説していきましょう。

・安定した収入が得られて土地代を回収できる
不動産投資も物件を購入して運用していくものですが、家賃収入が多ければ早期に初期費用を回収でき、家賃収入がそのまま資産となります。
ただし、家賃収入が投資での収入になるので空き室があると収入が減ってしまうリスクも考えられるでしょう。
一方で、太陽光発電は空き室の可能性がない物件になるので、安定した収入を得ることができます。
月によって発電量に多少の変動はあるかもしれませんが、大幅に収入が減少する可能性は低いです。
安定した収入があれば土地代を回収でき、売電収入をそのまま資金として蓄えることが可能です。

・年間の利回りが高い
太陽光発電設備の年間利回りの目安は約9~12%となっており、他の投資方法と比べると高くなっています。
利回りが良いかどうかは、資金を増やしたいと考える時に重要なポイントにもなります。
ただ、環境によって上手く発電できない場合や季節による発電量の変動によっては利回りが低くなる可能性も考えられるでしょう。
しかし、土地付き太陽光発電であれば十分な発電ができる物件を自分で選べるので、発電量の安定した物件であれば利回りを保つことができます。
また、産業用太陽光発電設備の耐用年数は17年と定められていますが、設置してから17年間ずっとそのままで良いというわけではありません。
太陽光パネルは汚れによって性能が落ちてくるので、定期的なメンテナンスが必要となります。
メンテナンスには費用がかかりますが、長く安定的に発電し続けるためには不可欠です。
土地付き太陽光発電の場合は、メンテナンス費を加味しても発電量が安定していることで利回りを下げすぎずに運用できます。

・遠くの土地でも遠隔管理できる
より効率よく多くの電気を発電できる物件を選びたいと思った時、自分が住んでいる場所から遠い物件を購入する可能性もあります。
遠方にある場合はどのような状態になっているのかすぐに確認できず、不安に思う方もいるでしょう。
しかし、太陽光発電設備と一緒に遠隔監視システムを設置すれば、わざわざ遠くの土地へ行かなくても設備の状態を確認できる点が大きなメリットです。

 

土地付き太陽光発電設備の購入には一括査定が便利

自分で全国のたくさんある物件の中から、1つひとつ確認して探していくのは時間や手間がかかります。
普段働きながら投資をしたいと考えている方は、忙しくて物件探しの時間を確保できないこともあるでしょう。
そんな時は、全国の土地付き太陽光発電所からピッタリの物件を探してくれる一括査定サイトが便利なので詳しく解説していきます。

・検討している土地の価値を確かめられる
太陽光発電は広くて日当たりの良い場所であればどこでも良いわけではなく、周辺の環境も大きく影響してきます。
例えば、周りに木が多く日当たりによっては陰になってしまう場所や、近くに川や公園などがあって虫が多い場所などは発電しにくいでしょう。
虫が多いと設備を傷つけてしまったり、汚れの原因になってしまったりするので注意が必要です。
物件探しにはインターネットを活用する方も多いですが、写真だけでは詳しい環境の情報を把握できません。
一括査定サイトを使えば土地の状態や発電量のシミュレーションなども確認できるので、土地の価値を知りたい方におすすめです。

・基本情報を入力すると簡単に査定できる
物件を探す時には、基本的に必要となる情報をいくつか入力するだけで、時間をかけずに一括査定をすることが可能です。
サイトによって必要な情報は異なりますが、予算や希望土地のエリアなどを入力するケースも多いです。
信頼できる業者だけを厳選した一括査定サイトが多いので、安心して任せられる業者を選ぶことができるでしょう。

 

投資運用の相談はアールエスアセットマネジメントがおすすめ

 

設備や物件選びも重要ですが、投資として運用していくために知識や情報を持っていないと上手く資産を増やすことはできません。
自分で計画を立てて運用について考える方法は、時間や手間がかかり副業として太陽光発電投資をしたい方には向かないでしょう。
そこでおすすめしたいのは、再生可能エネルギー投資のサポートを行うアールエスアセットマネジメントです。
ここでは、投資運用の相談におすすめのアールエスアセットマネジメントの事業内容や強みなどについて詳しく解説していきます。

・アレンジメント事業
アールエスアセットマネジメントの中心事業となるアレンジメント事業は、太陽光発電を始めるのに必要な設備設置エリアの選定・設置工事などを行います。
さらに、設置した後のメンテナンスも実施しているので、トータル的なサポートを受けられるのです。
業務は全て提携会社に委託しており、知識や経験の多いプロに任せることで質の高い投資運用を進められます。

・インベストメント事業
太陽光発電事業に対する投資を行う事業であり、太陽光発電設備を持たない方でも事業への投資が可能です。
匿名組合出資という複数人で投資する方法を取っているので、出資した金額以上のリスクを負うことがなく安心です。
少ないリスクで安定した収入を得ることができ、クリーンな電力を作り出す太陽光発電会社への貢献にもなります。

・アールエスアセットマネジメントの強みは?
これまで全国80ヶ所以上で発電所を開発し、クリーンで安全な電力を多く生み出してきました。
効率良く発電できる土地を選定する能力が高く、安定した発電量を提供している点が強みです。
また、アールエスアセットマネジメントの運用資産額は急成長を遂げており、2019年には1500億円を突破しました。
再生可能エネルギーの需要が高まっていることも急成長要因ではありますが、資産運用の知識や経験が活かされてた結果とも言えるでしょう。
多くの実績を残しているからこそ様々なニーズに対応でき、急成長を続けているのです。

太陽光発電投資で安定した収入を得るためには、設備や土地などに注意しながら必要な費用・売電収入をシミュレーションすることが大切です。
土地付き太陽光発電設備を購入する時は、土地の価値を見極める一括査定サイトを活用しましょう。
アールエスアセットマネジメントは知識や経験が豊富なので、初めて太陽光発電投資をする方が相談する時におすすめです。