アールエスアセットマネジメントの再生可能エネルギー事業とは?

2019年現在、日本では様々な場所でエコ活動が行われています。

太陽光発電、風力発電などの自然界の力を活かして電気を発電したり、環境に汚染を軽減する発電方法など、様々な再生可能エネルギーを用いた生活が進んできています。

そんな再生可能エネルギーを事業の主軸にしているアールエスアセットマネジメントは、地球環境に優しい企業として知られています。

今回は、アールエスアセットマネジメントが行う事業を一つひとつご紹介していきながら、アールエスアセットマネジメントの強みについてご紹介しましょう。

再生可能エネルギーやアールエスアセットマネジメントに興味を持っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

アールエスアセットマネジメントが提供する再生化可能エネルギー投資とは?

アールエスアセットマネジメントでは、再生可能エネルギーを用いて投資を行ったり投資をサポートする活動がメインになっています。

再生可能エネルギー投資は日本人が利用している株式投資や不動産投資よりも運用がしやすいと言われています。

株式投資となると市場に大きく左右されてしまい、タイミングの選択に失敗すると失敗につながりやすい投資です。

市場の動向をよく観察し株価を定期的に確認しておかないといけないため、運用するには大きな手間がかかってしまいます。

また、不動産投資となると利用者がいて初めて投資額とそれ以上の金額が戻ってくるため、他の不動産よりも注目されるように工夫して多くの人を集めなくてはいけません。

老朽化が進んだ物件となると自然と価値が落ちたり、利用数が落ちてしまうので修繕工事や改装工事などを行い、定期的に大きな出費がかかってしまうのです。

この他にも日本には様々な投資方法がありますが、再生可能エネルギー投資は、これらの投資の中でも群を抜いて運用がしやすく初心者にもおすすめです。

再生可能エネルギー投資では、太陽光や風力、水力、バイオマスなどあらゆる自然界のパワーを電力に変えていくことから始まります。

それらの中でも普及が進んでいる太陽光での発電では、生み出された電力を投資用として電力会社に売電することができるようになっており、同時に家庭でも利用できるものであるため、お得な生活を送ることができるようになっているのです。

また、再生可能エネルギー投資は利用を始めた年から売電価格を補償する固定価格買取制度を実施しています。

固定価格買取制度は利用したとしから20年間同じ価格で電力を売却できるようになります。

この制度によって、株式投資のように市場に左右されることがなく、安定して売電を行っていけるのです。

そして、投資を継続していくために必要なことは、定期的なメンテナンスや部品交換、整備の壊れた部分の修復のみとなるので、株価の管理や利用者数によって運用が難しくなることはほぼありません。

アールエスアセットマネジメントのアレンジメント事業では、この再生可能エネルギー投資を投資にすら触れたことないような若い世代に伝えられるように、多くのスタッフが再生可能エネルギー投資の魅力を日本中に発信しています。

アールエスアセットマネジメントの業務内容について

アールエスアセットマネジメントの再生可能得エネルギーを用いてアレンジメント事業とインベストメント事業を中心にして運営を行ってきました。

アレンジメント事業

アレンジメント事業とは、アセットマネージャーと呼ばれる投資家から資金を集めて、再生可能エネルギー投資の運用を行う業務となっています。

この業務はアセットマネジメントとも呼ばれており、今以上に地球環境に恵まれた日本にしていくために必要な業務となっています。

再生可能エネルギーの力を活用して投資を行い、未来に大きく貢献する事業内容ですが太陽光発電投資は固定価格買取制度によって運用が安定しているという事実がまだまだ知られてはいません。

アールエスアセットマネジメントでは、若い世代のスタッフが奮闘し多くの若者にも太陽光発電投資の魅力が伝わるように、魅力を広めています。

より多くの人が再生可能エネルギーの投資家になってもらえるように、流動リスクが少ない事実を伝えながら、アセットマネジメントとして初心者にも投資ができるチャンスを提供しています。

アールエスアセットマネジメントでは、太陽光設備の設置候補地の選定、設備の設置、運用後のメンテナンスまでを一括して経験豊富な提携企業に任せているので安心です。

効率が良い発電設備を用意するためにかかる初期コストを抑えて、継続的に資産管理のコストを軽減しています。

また、アールエスアセットマネジメントでは、金融機関からの責任財産限定型ローン借入内で利用できる案件のみを投資対象としているため、投資で大きな負担を背負うようなことはさせません。

投資にはレバレッジをかけることができるようになっているため、投資した金額の何倍にも呼ぶリターンにすることが可能です。

レバレッジによってハイリターンな再生可能エネルギー投資を実現し、多くの投資家が満足できる投資にできるようにアレンジメント事業は進められています。

そしてさらに、アールエスアセットマネジメントは運営管理業務として、特別目的会社による資金運用状況や設備メンテナンス状況などをいち早く投資家に提供できるようにレポーティングを行っています。

レポーティングでどのくらいの投資リターンが得られたのか一目見て分かるようになっているため、投資で儲かる楽しさを実感できるでしょう。

投資家の希望溢れる未来の創造につながるように、運営管理業務を重要な業務として取り扱われています。

インベストメント事業

アールエスアセットマネジメントのインベストメント事業は、既に太陽光発電設備を保有している企業に対して匿名組合の出資を行う事業になっています。

インベストメント事業により、さらに安定した収益の獲得につなげており、多くの投資家が利用しています。

この事業の仕組みとしては、投資家が借り手に対して投資をするとアールエスアセットマネジメントを通じて売電による収益が得られるようになっています。

また、アールエスアセットマネジメントでは投資シミュレーションを用意しており出資者との協議を行いながら、投資ストラクチャーの構築を最適なものへと進化させることができるようになっています。

こうしたことで、投資家の投資リスクの軽減を図り、多くの投資家にさらに便利かつ儲かる運用を手掛けてきたのです。

アールエスアセットマネジメントの事業分野は多々に渡る

アールエスアセットマネジメントでは、様々な再生可能エネルギーを取り扱い、開発や企画、運用が進められています。

太陽光発電

2019年現在最もメジャーな分野として存在しているのが太陽光発電です。

アールエスアセットマネジメントでは一番得意としている分野を太陽光発電として、既に多くの場所での運用実績を積み重ねてきました。

導入が進められてきた場所は日本全国に渡り、北海道から九州まで、そして現在施工中の案件も含めると多くの設備導入を手掛けていることが分かります。

案件の中には東京ドーム10個分以上にも相当する広さにて太陽光発電システムを導入する案件や、住宅地付近の狭い場所を活用した案件、立地が悪いとされて傾斜面や凹凸面の場所での設置など、様々な土地を活用して導入を図ってきました。

どんな場所でも運用を手掛けることができることから、アールエスアセットマネジメントは多くの投資家から選ばれています。

風力発電

アールエスアセットマネジメントの風力発電事業は、2019年現在導入や投資としての運用はされてはいません。

しかし、開発が進んでおり小さな風車でもたくさんの電力を得られる設備の開発や、風の力を最大限に得られる水上での発電装置となる洋上風力の開発に力を注いでいます。

2020年12月には石川県羽咋郡にて3ヶ所の導入工事が完成する予定になっており、アールエスアセットマネジメントの風力発電事業が現実的になってきました。

風力発電は発電システムの充実と規制緩和により、今後さらに市場が拡大されていくと言われているので、より多くの投資家が注目していくことになるでしょう。

バイオマス発電

アールエスアセットマネジメントではバイオマス発電と呼ばれる、生ゴミや間伐材、廃油、下水汚泥、家畜糞尿などの不必要な資源を焼却して電力を生む事業にも取り組んでいます。

火力発電よりもCO2の排出量が少なく地球環境に優しい発電方法となっています。

風力発電と同様にまだ実際の導入実績はありません。

しかし、2020年の3月にアールエスアセットマネジメント内で初めてのバイオマス発電は茨城県神栖市にて施工が完了する予定となっています。

火力発電の大きく頼っている日本の発電方法に大きく転換を及ぼしていくでしょう。

地熱発電

アールエスアセットマネジメントは地熱発電の開発も進めています。

日本での運用は設備の設置が厳しく現状難しいとされている地熱発電ですが、日本の地下には地熱発電に最適な環境が揃っていると言われています。

マグマの熱を応用し膨大な電力を獲得することができるため、アールエスアセットマネジメントが上手く開発に成功したら、大きな注目を浴びることができるでしょう。

アールエスアセットマネジメントは再生可能エネルギー事業をいくつも展開し、投資ができるエネルギーとして世に広めてきました。

これから先も、多くの投資家に満足されるように利益性の追求や、運用の容易さを武器にエコで環境に配慮した事業を届けてくれることでしょう。