中小企業

晁 向陽氏の東立商事がこだわる秘伝の中華料理とは

晁 向陽氏は、テイクアウト専門の本格中華料理店を経営しています。
平成17年に会社を設立して以来、たくさんのメニューを開発して運営してきました。 平成21年には関東の神奈川県に初めて麗彩楼を出店し、大きく成長を遂げています。
そんな東立商事が誇る秘伝の中華料理には、どのようなこだわりがあるのでしょうか? 今回は、東立商事が運営するお店のメニューやこだわり、口コミなどをご紹介します。

晁 向陽氏と東立商事について

晁 向陽氏は、東立商事株式会社の代表取締役です。
テイクアウト専門の本格中華料理店を経営していて、関東と九州、東北などに出店しています。平成17年の7月1日に設立され、東京都の千代田区に本社を置いています。主にスーパーマーケットやデパートにて、本格中華料理の惣菜や弁当を製造し販売しています。
お店の名前は、麗彩楼と上海飯店の2つです。神奈川県に初出店をした後に関東事務所を開設し、神奈川県から徐々に県外へと発展してきました。現在では、全国に81店舗ものお店を構えています。

メニューとこだわりについて

東立商事が誇る秘伝の中華料理には、どのようなメニューがあるのでしょうか?
晁 向陽氏の中華料理に対するこだわりは工程に顕著に表れています。ここでは、中華料理のメニューとそのこだわりについてご紹介します。

メニュー

家庭では作るのが難しいとされるチンジャオロースやエビチリは、東立商事が自慢とする中華料理です。
それだけでなく、飲茶と言われるシュウマイや肉まんの他に中華サラダなど、様々な料理を製造しています。 焼きそばやシュウマイを詰めたお弁当は、ボリューミーで彩りが豊かな点が特徴です。
女性に人気があるアボカドの生春巻きや、ご飯に合う魚の黒酢あんかけなど、創作料理が多いのも魅力です。サラダや中華冷菜は、新鮮な状態で持って帰られるように工夫が施されています。
中華料理をふんだんに使ったオードブルの予約も受けています。

お店のこだわり

東立商事のこだわりは、各店舗で手作りをしている、日本人好みの味付けをしているという2点です。
麗彩楼では作り置きや工場での生産をしていません。全て店内で手作りをしているので、中華サラダや冷菜も新鮮なままお客に届けられます。またシュウマイや肉まんなどは、皮から手作りをしているため、もちもちとした柔らかな食感が楽しめます。本場の味をその場で提供できるのは、東立商事の大きな魅力です。
本場の味付けは、辛みと酸味が強く日本人の口には合わないことが多いです。しかし、本場の職人が日本の味を研究して日本人好みの味付けをすることで、日本人が食べやすいようにしてあります。
また人気の一つである弁当は、持ち帰っても食べやすいように少し濃い味付けなのもこだわりでしょう。

お店の口コミは?

ここでは、麗彩楼や上海飯店を利用した人の口コミをご紹介します。 スーパーマーケットやショッピングモールには、競争店も多いはずです。
東立商事の中華料理店を利用して、どのように感じたのでしょうか?

口コミ1

お店には色とりどりのお惣菜や弁当が並んでいて目移りしてしまいます。 惣菜の中には、豚足の醤油煮込みなどがあって珍しい感じが。 お弁当も種類豊富。油淋鶏のお弁当は、タレが別の容器に入っていて、食べる時にかけて食べるよう。 どんぶりとなっているものや、焼きそばなどの麺類もあります。 ご飯の量はがっつり食べたい向きには、少なめの感じがするかもですが、私のようなおじさんには丁度良い量。 購入したお弁当は、本体価格398円のところ、値引きシールが貼られて318円、税込みで343円。 安っ!そして美味しいお弁当でした。

引用:
https://tabelog.com/ibaraki/A0802/A080202/8019789/dtlrvwlst/B322166877/?lid=unpickup_review

お店には、彩り豊かなお弁当と惣菜がたくさん並んでいることが分かる口コミです。 お弁当の種類が豊富で、目移りしている様子が目に浮かびます。 珍しい豚足の醤油煮込みなどが売られているのは、本格中華料理店ならではでしょう。 また、値段が安価だということも分かりやすく記載されています。

口コミ2

一般的なイメージの中華料理からポテトフライのようなものまで、品揃え豊富。 にしてもボリュームあるなぁ。 具材はそんなに入ってるわけではないけど、そこそこ大きなエビが入っていて、プリッとしてました。 しっかりと味が付いているし、けど喉が乾かない程度のものだし、これはなかなか気に入ったなぁ。

引用:
https://tabelog.com/tokyo/A1327/A132703/13208211/dtlrvwlst/B265774348/

 

本格中華料理店ですが、ポテトフライのような軽食も扱っていることが分かります。 この方が購入したのはビーフンで、大きなエビが入っているのは嬉しい点でしょう。 しっかりした味付けにも満足している様子です。 気に入ったというコメントから、リピーターになる可能性もうかがえます。

口コミ3

肉系と野菜系の2種類を買いました。 驚きました。 この500円弁当が本当においしいと思いました。味付けは会社が自慢するように日本人向けのアレンジでこれは成功してる感じ。 そして、結構なボリュームもあって1個で十分。

引用:
https://tabelog.com/chiba/A1203/A120301/12044691/dtlrvwlst/B365370462/?use_type=0&smp=1

 

この方は肉がメインの弁当と野菜がメインの弁当の2種類を買われたようです。 味付けへの評価が高く、1個で十分という口コミもあるので、満足度は非常に高かったことが分かります。

 

今回は、東立商事が誇る中華料理へのこだわりをメインに紹介してきました。 東立商事のこだわりは、各店舗の厨房で1つ1つ手作りをしていることだと分かります。 また日本人好みの味付けと弁当の豊かな彩りもこだわりと言えるでしょう。 惣菜や弁当の種類が豊富で、満腹になるボリュームからお客側の満足度は高いと言えます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。