ベンチャー企業

オンライン学習サービスを提供する「サイトビジット」とは?

資格取得と聞くと、転職に役立てるためやキャリアップのためと考える人もいますが、なりたい職業に合わせて資格取得を目指す人も多いです。
特に、弁護士や公認会計士などは国家資格となり、資格に合格しなければ働くことはできません。
自身が夢見た職業に就くためにも、資格取得を目指している人たちをサポートしているのが、サイトビジットで提供している「資格スクエア」です。
資格スクエアでできることやサイトビジットが提供しているサービスについてご紹介していくので、資格取得を目指している人は参考にしてください。

1.資格取得の難しさ

資格を取得するためには勉強が欠かせません。
調剤薬局事務やレクリエーション介護士、マイクロソフトオフィススペシャリストなど、独学でも無理なく資格取得を目指せる資格は複数ありますが、弁護士や税理士、司法書士、行政書士といった国家資格は取得が難しいので、独学では学ぶことに限界があるかもしれません。
弁護士に関しては、令和元年度の合格率は10%未満でした。
3,488人の資格受験者がいましたが、合格者は284人となり合格率は8.1%だったのです。
情報元:https://studying.jp/benrishi/about-more/exam.html

この合格率から見て分かる通り、弁護士になるのは簡単ではありません。
超難関とも言われる国家資格に合格するため、何度もチャレンジする人は少なくないのです。
こうした資格に合格するための方法としては、独学やスクール、通信講座などを受けることが一般的でしょう。

独学では、参考書や問題集をインターネットや本屋などで見つけ、計画を立てながら勉強をしていきます。
時には合格者の勉強法を真似しながら勉強を進めていく人もいるでしょうが、分からないことを先延ばしにする計画通りに勉強できない、といった理由によって挫折する人もいるのです。
モチベーションを維持することも難しく、ダラダラと勉強を続けていては合格することは難しいでしょう。

そういった人たちは、予備校に通いながら勉強をすることが望ましいですが、仕事をしている人や学校に通っている人であれば時間を空けることが難しく、勉強をすること自体にストレスを感じてしまう人も少なくないのです。

通信講座では、資格取得に向けて的確なテキストや問題集を提供してくれますが、独学と同じようにモチベーションの維持が難しく不明な点を質問することもできないので、デメリットも多いです。
このように、資格を取得するための「勉強法」で悩んでしまい、思うように進まない人は多くいます。

ましてや国家資格となる弁護士や行政書士といった資格は合格する確率も低いので、自分に合った勉強法を見つけることが何よりも大切となるでしょう。

2.サイトビジッット「資格スクエア」でできること

予備校でも通信講座でもない新世代の学習法を提供しているのが、株式会社サイトビジットが運営している資格スクエアです。
オンライン学習サービスは、様々な企業から提供されていますが、どれも同じようだと感じる人も中にはいるでしょう。
しかし、資格スクエアのオンライン学習サービスには大きな魅力が隠されているのです。
資格スクエアでは、3つのメソッドで学習が進められていきます。

資格スクエアクラウド

合格者のノウハウや勉強法といった合格者のデータ、東京大学薬学部教授で脳科学の権威でもある池谷裕二氏の協力のもと作られたデータ、そして動画の閲覧履歴や確認テストなどの学習履歴のデータに基づいて学習効率を最適化できるクラウド型の学習システムを提供しています。

5,000本を超えるほどの充実した講義動画は見放題となっており、講義での疑問点はワンクリックで質問できるので安心です。
条文リンク機能もあり、気になる部分はすぐにチェックできます。
上記のデータに基づいた様々なコンテンツは、学ぶために最適なものとなっているでしょう。

脳科学ラーニング

資格スクエアが独自開発したアルゴリズムを使用して作られる問題演習機能が脳科学ラーニングです。

オンライン上に蓄積されていく学習履歴や理解を分析することで、それぞれに見合った問題を作ることができ、理解度に合わせた学習ができるのです。

理解していないのに問題集を進めていても、身にならないので資格取得は難しいでしょう。
しかし、資格スクエアであれば自分の能力に見合った問題が解けるので学習しやすい点が魅力となっています。

SQUAREメソッド

資格スクエアクラウドや脳科学ラーニングといった学習システムは資格スクエア独自の勉強法です。
これだけでは合格することが難しいのではないかと不安になる人もいるでしょうが、資格スクエアでは最短合格勉強法としてSQUAREメソッドがあります。

資格スクエアでの勉強は基本的に自主学習によって行われます。
講義を聞いてテキストを読み、内容を理解することが重要です。
そして、自主学習が終わった後には問題演習となります。
テキストを読むことも大切ですが、問題演習をたくさん行わなければ身に付けることはできません。

そのため、資格スクエアではインプットの3倍アウトプットをすることを勧めています。
また、自主学習や問題演習では疑問点も出てくるでしょう。
分からない部分を放置していては次に進むことは難しいので、アドバイスをもらうことが重要となります。
資格スクエアでは、質問をいつでも受け付けています。
勉強法の相談についても随時実施されているので、勉強計画に不安がある人でも安心でしょう。

こうした自主学習や問題演習、アドバイスを高速で繰り返すことで記憶が定着していくと資格スクエアでは考えているのです。

3.サイトビジットが提供するサービス

株式会社サイトビジットでは、資格スクエア以外にも提供しているサービスがあります。

NINJA SIGN

ビジネスを影で支えるサービスがNINJA SIGNです。
ワンストップ契約サービスを提供しており、「脱・印鑑宣言」をしているのです。
企業においては、紙での契約書を用いて契約が締結されていくことが一般的ですが、細かな作業も多いために効率が悪いと考える企業も多くいます。

NINJA SIGNでは、契約書の作成効率化を実現しただけではなく、契約書ごとのワークフローの設定や修正履歴の保持も行っています。
契約締結に関しては、電子署名機能を用いているので業務時間の削減が可能です。
オンラインの契約締結は収入印紙も必要ないのでコスト削減にもなるでしょう。
契約書の保管もNINJA SIGNが実施しているので、契約に関する煩わしい作業を無くすことができるのです。

Legal Engine

法務・財務・税務・知財特化型人材サービスを行っているのが、Legal Engineです。
転職者の支援に加えて現在働いている事務所に在籍しながら企業法務経験などができるよう、最適な企業を紹介してくれるため、新しいキャリア形成ができる場となっています。

4.今後の学習方法は変わる?!

学習方法といえば、学校などに通って学ぶことが一般的です。
しかし、新型コロナウイルスの影響によって自宅で学習する機会が増え、オンライン学習サービスが注目を集めてきました。
様々な企業がサービスを提供しており、独自のサービスを実施しています。

資格スクエアもその一つですが、資格スクエアは難関資格の合格に特化した学習サービスを提供しています。
今後も、オンライン学習サービスは普及されていくと予想できるので、学習できる環境を整えることが重要となるでしょう。

5.まとめ

国家資格を取得するためには、知識をつけることが重要です。
しかし、自分に合った学習法を見出せなければ十分な知識をつけ、試験に合格することは難しいです。

資格スクエアでは、難関資格の合格に向けて独自の学習法でサービスを提供しています。
誰もが平等に資格試験対策を受けることができる社会の実現を目指しているため、今後もさらなるサービスの提供が予測されるでしょう。
予備試験や司法試験、弁理士や司法書士、行政書士や宅建士など、資格試験の学習法で悩んでいたら、資格スクエアで学ぶことも検討してみませんか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。