ベンチャー企業

トキネクト-デザインで企業を支える会社を調査

デザインという言葉は、日常生活の中で耳にする機会も多く、私たちが生活を送る環境は、様々なデザインで溢れかえっています。

皆さんは、デザインと聞いてどのようなイメージが湧いてきますか?

デザインは、企業の商品やサービスを利用する消費者へ、目的を表現するための手段の1つであり、問題を解決へと導くための機能的で理論的なものです。

今回は、デザインで企業を支えている株式会社トキネクトについてご紹介します。

企業にとってブランディングは必要なの?

考える

皆さんは、ブランディングという言葉を耳にしたことがありますか?

ブランディングとは、ブランドである企業が、経済的な成長をする上で欠かせない戦略のことを言います。

高級ブランドがなぜ数十万、数百万円という高価格で商品を販売しているか不思議に思ったことがある方もいるのではないでしょうか?

例えば、新しいバッグを購入しようと考えている場合、必ずしも高級ブランドでなければいけないということはありません。

求めやすい手頃な価格で販売しているバッグも多数あるので、安い値段で購入することも可能です。

では、一体なぜ値段の高い高級ブランドの商品を購入するのでしょうか?

その理由は、ブランドには目に見えない価値が存在しているからです。

ブランディングとは、自社ブランドに対して消費者の共感性を最大限に引き出し、他社のブランドイメージや商品、サービスとの差別化を目指す経営戦略のことを言います。

企業がブランディングをおこなうことによって、以下のような効果が期待できます。

 

認知度向上

ブランディングは企業の認知度向上につながります。

企業の存在が世の中に広く知れ渡ることによって、消費者が関心を抱き、売り上げに大きく影響します。

他社との販売競争で有利になるには、より多くの消費者にブランド名を知ってもらう必要があるのです。

また、認知度が向上することによって、信頼度も高められます。

無名のブランドであった場合、商品やサービスの機能や特徴が分からないので、すぐには購入しようと思いません。

しかし、ブランドが確立されていることによって、情報を得られるので、安心して買い物ができます。

 

情報処理の簡略化

ブランドがあることによって、商品やサービスに対する情報処理を簡略化できます。

情報処理とは、日常生活・新聞・ニュース・ネット・テレビなどの情報媒体から得る情報を見て、生活を営んでいることを言います。

多くの人々は、この情報処理をより効率化したいと考えているのです。

例えば、お茶を購入する場合、パッケージに書かれてあるブランド名を見れば、大体どのような味か想像できます。

さらに、パッケージの色やイラスト、写真などのデザインによって、「何となくこんな感じ」と、イメージさせることができるのも、情報処理を簡略化する本来の意味です。

全く情報がない状態である場合、消費者は選択をするのが非常に難しいです。

デザインは、意思決定のサポートをしていると言っても過言ではありません。

 

人材確保

企業がブランディングを行うことで得られるメリットは、消費者に対してのみではありません。

ブランディングは、優秀な人材を社内に確保するために有効な手段です。

世間的に名前の知れた大手企業に就職したいと考える方は多いのではないでしょうか?

求職者が出会える会社は、数多ある企業のほんの一握りのみです。

ブランディングに成功している企業は自社のアピールポイントが整理されており、求職者のイメージにも残りやすいと考えられます。

このようにブランディングができている企業には、優秀な人材が集まりやすい傾向にあります。

 

トキネクトとはどんな会社?

パソコン

社名である「トキネクト」の由来は、「TIME」+「CONECT」で、「時を繋ぐ」という思いが込められています。

時代が流れても、デザインで過去・現在・未来を常に繋ぎ続けるために、様々なデザインを創り出すのがトキネクトです。

デザインを通して、消費者にそのものの本質やメッセージなどを伝えており、現在ではデザインやブランディングを主軸とし、ウェブサイト企画、写真・映像撮影、グラフィックデザイン、広告・名刺デザイン、リーフレット・店舗デザイン、戦略、実施、展開など、幅広くサポートしています。

 

トキネクトの宣言とは?

握手

価値を理解して企業に馴染むデザインを

企業、ブランドの価値をしっかりと理解し、それ相応の値打ちを決めることが非常に重要です。

そのため、自社のブランド価値を理解しないまま続けていると、消費者の心には全く届きません。

売り出していくには、それぞれが自社ブランドの価値を把握することが欠かせないのです。

そのため、中小企業が大手企業のブランディングを真似していると、会社的に成長するのは難しいでしょう。

 

料金設定をホームページに記載していない理由

世の中には、デザインの仕事依頼を引き受ける様々な企業があり、それぞれ経営戦略やPR方法も異なります。

トキネクトが設立するホームページには、依頼の料金設定が記載されていないことをご存じでしたか?

その理由は、消費者が求めるデザインを実現するためには、知識・経験・技術・時間などが必要であり、それに見合う対価を払うというのが自然であるからです。

最初から料金が設定されていると、消費者側が「予算内では求めているデザインを依頼できない」と思ってしまう場合があります。

しかし、トキネクトでは料金を設定しないことによって、消費者が求める要望により柔軟に対応できるのです。

予算が少ないからと言って、質が落ちるようなことはありません。

また、万が一、提案するデザイン案に納得がいかない場合、追加料金なしでヒアリングも可能なので、安心して依頼できるでしょう。

 

本来の自立を目指している

トキネクトでは本来の自立を目指すべく、社内で「考えるクセ」「作るクセ」をつけることを意識的に行っています。

それぞれが自立して仕事を行えるように、様々な講座を開き、確実な成長を目指しているのです。

いつまでも何かに頼ってばかりいると、成長はできません。

しかし、全ての作業を自立して行うわけではなく、分からない部分や知識が不足している部分は、プロの方々がサポートしてくれます。

デザイナーとして活躍したのであれば、自立を目指して成長させてくれるトキネクトがオススメです。

 

デザインが困っている誰かの助けになる

デザインは、会社の未来を変えてしまう力があるほど強力です。

世の中には、人々の心を惹き付け、魅了するようなデザインがある一方で、儲かることだけを考えた私利私欲のためだけにデザインされているものもあります。

トキネクトは、本当に価値のある商品、誰かの助けになるサービスを提供している方のためにデザインをしたいと考えています。

自分の欲望ではなく、誰かを助けたいと思う気持ちが大事なのです。

困っている方の未来の繋がるサポートをしているのがトキネクトです。

 

トキネクトの評判・口コミまとめ

パソコン

現在、ネット上にはトキネクトの評判や口コミについての書き込みがありませんでした。

しかし、会社のホームページを見ると、様々な事業を展開しており、その一つひとつにこだわりを持って取り組んでいることが分かります。

そのため、非常に高い満足度が得られるのではないでしょうか。

過去・現在・未来を繋ぐトキネクトは、今後ますます活躍が期待できます。

最新情報が入り次第、記事を追記します。

まとめ

時計

今回は、デザインで会社を支えるトキネクトについてご紹介しました。

時を繋ぐデザインを創り続けるトキネクトは、より良いサービスを提供するために、本来の意味を追求しています。

今後、どのようにデザインを活用し、活躍を遂げていくのか期待が高まります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。