中小企業

森谷祐二の森谷式翻訳術は実際使えるのか?

グローバルな現代では、英語がますます身近な存在になってきましたが、日本語から英語への翻訳は文化的なニュアンスなどの違いからとても難しいとされています。

また、日本語の表現や言い回しによって直接的に対訳できないケースも多く、これらをクリアして翻訳できるのは英語や翻訳のレベルアップが必要でしょう。

しかし、英語と翻訳のスキルを身に付けるのはとても大変であり、多くの時間が必要とされていますが、森谷式翻訳術なら短期間で翻訳者デビューが期待できるカリキュラムが受けられると話題になっています。

本当に森谷式翻訳術は使えるのか、森谷祐二さんの経歴や森谷式翻訳術の特徴などと合わせてご紹介します。

森谷祐二さんの経験から学ぶ

森谷祐二さんの経歴についてですが、最初から翻訳業に関わろうとしていたのではなく、自分の人生について考えた時に翻訳に興味を持ったことがきっかけのようです。

森谷祐二さんは前職で頑張りすぎて体を壊し、入院した際には生死の境に立たされるような命の危機状態に陥ったことがあったようです。
自分自身が”死”というものと向き合った時、自由に仕事ができる環境、英語を使うことが満たせればそれでいいという気持ちになったそうです。

しかし、翻訳に興味を持ったからといって簡単にできる仕事ではありません。
そこで、森谷祐二さんは翻訳スクールに入塾して一から学ぼうとするのですが、結果が簡単に出ることはなく、時間だけがどんどん過ぎていきました。

あまりに結果が出せないことから、翻訳者としての道を諦めかけたのですが、ここで翻訳者として最も重要なことに気が付いたのです。
この重要なことに気が付かないままだったら、翻訳者として活躍する森谷祐二さんは存在しなかったかもしれません。
足りない部分に気が付けたのは、やはりこれまでの経験が大きく関わっているのでしょう。

森谷祐二さんの年収と「翻訳」の特徴

現在は、翻訳者を育てることにも積極的に取り組んでいる森谷祐二さんですが、
翻訳者として多くの仕事を受け、活躍していた森谷祐二さんは、どのくらいの年収があり、またどのような考えを持っているのでしょうか?
ここでは、森谷祐二さんの年収や考え方についてみていきましょう。

年収

森谷祐二さんの年収ですが、はっきりとしたことは公表されていませんが、推定年収は1,000万円ではないかと言われています。

森谷祐二さんは、翻訳者としてスタートするための翻訳会社の試験を受けた後、3ヶ月で月収100万円を突破したとされているため、計算すると年収は1,000万円程度となるからです。

翻訳者は、同じ職種であっても格差がとても大きい職種とされていますが、平均年収は400万円~600万円程度です。

これと比べてみても森谷祐二さんの年収は多く、翻訳者としても稼いでいるほうでしょう。

考え方について

森谷祐二さんは翻訳者として、英語をただ日本語に翻訳するのではなく、現地で使っている言葉に置き換えることを意識しています

日本では、同じような意味でも使い方によってニュアンスが異なります。
また英語圏でも同じように、日本語の意味をそのまま訳すことができなかったり、そのままではニュアンスが変わってしまったりすることもあるのです。

つまり、翻訳者として活動するのに大事なことは、常に言葉の意味や使い方によるニュアンスを重視しつつ、意味が変わらないようにすることです。

そして、ここのポイントについて学べるのが森谷式翻訳術なのです。

森谷式翻訳術に必要なトランスクリエーション

森谷式翻訳術とは、名前の通り森谷祐二さんが考案した翻訳術です。
ここでは、森谷式翻訳術の特徴やトランスクリエーションについて解説していきます。

特徴について

森谷式翻訳術では、翻訳を行う際に必要な英語力と同時に翻訳スキルが身に付けられます

しかし、英語力やテクニックというものは、それなりの経験や学びによって身に付いていく部分もあるでしょう。
ここに成功マインドがプラスされることで、最短の目標設定が加わり、将来の見通しが立てやすくなります。

また、森谷式翻訳術では本物の翻訳者を育てることを意識しています。
AI技術の発展により、機器などで簡単に翻訳できる世の中になっていますが、ニュアンスや話がイマイチかみ合わないと感じた経験は誰もがあるでしょう。

しかし、森谷式翻訳術ではマーケティングの視点を持った翻訳技術が身に付けられます
さらに翻訳技術が備わったことをゴールにするのではなく、自由なライフスタイルを実現するというのが森谷式翻訳術の特徴です。

これにより、資格を持たなくても実力が身に付いて稼げるようになります。

トランスクリエーションについて

トランスクリエーションとは、海外でも注目されている翻訳技術のことです。

翻訳(translation)と創造(creation)を組み合わせた言葉で、トランスクリエーション(transcreation)となります。

これは、英語圏ではクリエイティブと他の文化や言語を組み合わせたことと定義されています。

言葉を簡単に直訳するのではなく、意味を込めた言葉に言い換えることで英語力に加えて日本語の表現力も求められるものとなります。

しかし、日本語での表現力も必要となるため、技術力が備わっている翻訳者はまだまだ足りていないのが現状です。

そのため、トランスクリエーションによって高い翻訳スキルを発揮できるでしょう。

森谷式翻訳カレッジはどんな仕組み?

森谷式翻訳カレッジの概要や、コースにはどのような種類があるのでしょうか?

森谷式翻訳カレッジを始めるには

森谷式翻訳カレッジを学ぶには、株式会社トランスクリエイターズで提供されている翻訳者育成スクールへの入門が必要です。
通常コース、マンツーマンコース、セルフプログラムのコースがあります。

(通常コース)
・随時受講可能
・受講期間:6ヶ月

(マンツーマンコース)
・随時受講可能
・受講期間:6ヶ月

(セルフプログラム)
・教材のみ提供
・随時受講可能
・受講期間:教材提供後1年間

通常コース、マンツーマンコースは共に6ヶ月間の短期集中であり、この期間にしっかりと翻訳者としてのノウハウが学べるでしょう。

スクールに通わずにしっかり学べるセルフプログラムのコースでは、自分のライフスタイルの一部に組み込んで、ゆっくり学べるのが特徴です。

翻訳スクールでは少ない完全オンラインスクールを開講し、卒業後のキャリアサポートも実施しているので、翻訳者としての旅立ちを応援してくれるスクールということでしょう。

気になる口コミや評判は……

株式会社トランスクリエイターズで、森谷式翻訳カレッジを学んだ人は、どのように感じているのでしょうか?

株式会社トランスクリエイターズ、森谷式翻訳カレッジ、翻訳者育成スクールなどを調べても公式サイトに口コミや評判は掲載されていませんでした。

しかし、株式会社トランスクリエイターズの公式サイトには翻訳の詳細や育成について詳しく書かれているため不安に感じる部分はありません。

不満に思ったことがあれば、改善点として掲載されることでしょう。
そのため、翻訳者育成スクールである森谷式翻訳カレッジに満足している人が多いのではないかと予想できます。

まとめ

森谷祐二さんは、自分自身の経験から翻訳者としてのスタイルがどのようにあるべきか、そして新たに見つけた方法で少しでも多くの翻訳者を誕生させたいと考えている人です。

現在、翻訳者としてかなり活躍している森谷祐二さんは、世界一分かりやすい翻訳技術を開発してトランスクリエイターズを通じて提供しています。

翻訳者として活躍するためのノウハウを知れるスクールなので、非常に満足度も高いと予想されます。

翻訳者として世界的に活躍したいなら、これらの方法を試してみてはいかがでしょうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。