大企業

オープンハウス社長の出身地や学歴・気になる噂・交友関係について調べてみた!

「好立地、ぞくぞく。」「東京に、家を持とう。」といったキャッチフレーズでお馴染みのオープンハウスをご存知でしょうか?

オープンハウスは年々注目が高まっている不動産会社で、すさまじい成長スピードから教育方法が気になるという方が続出しています。

しかし一方で、ブラックな働き方をさせているのではないかという憶測や噂も飛び交っている現状にあります。

そこで今回はオープンハウスの社長、荒井正昭氏の気になる噂に迫っていきます。
学歴や経歴を辿って社長の秘密を追及していくので、オープンハウスの成長の秘訣を知りたい方はぜひ最後までご覧ください。

荒井正昭氏の出身地や学歴とこれまでの経歴

荒井正昭氏は、群馬県新田郡藪塚本町(現在の太田市)出身です。
1965年10月29日生まれの荒井氏は2021年時点で56歳を迎えています。
オープンハウスの創業者でありながら、現在も代表取締役社長として活躍している人物です。

そんな荒井氏の両親も不動産会社を経営していました。
荒井氏の父親は週に2日程度しか出勤していなかったそうですが、家庭は裕福であり荒井氏自身も両親のように高収入で幸せな生活を送ることに希望を抱いていました。

しかし、当時は両親の会社を継ぐ意識はなかったと語っています。小さい頃に荒井氏が目指していたのは司法書士です。
東京で会社を興して年収5,000万円稼げるような人物になりたいと語っており、また結婚願望も強かった荒井氏は22歳には結婚したいといった気持ちも抱いていました。

大きな夢を持っていた荒井氏は高校卒業後に上京。
しかし、上京してからは勉強もせずに遊ぶばかりの日々を過ごしたと語っています。
その結果、荒井氏は2浪してしまい母からは群馬に戻ってくるように言われてしまうのです。

ただ東京での充実した生活を知ってしまった荒井氏は、自分で学費を稼ぐ条件のもと東京での生活を続けることを決めます。
追い込まれた状況に陥ったことでようやく荒井氏は司法書士になるべく動き出したのです。

専門学校に通って司法書士になるための資格を取得しようとするのですが、遊び事ばかりにお金を使っていたせいで学費が足りないことに気付きます。
まずは学費を稼ぐ必要があると感じた荒井氏は、稼ぐという目的だけでとある不動産会社に就職するのです。

不動産会社に営業の仕事に携わることで荒井氏は、自分の成長が会社の成長につながる喜びを実感するようになりました。
いつの間にか司法書士になる夢はなくなり10年も不動産会社に勤めた後、より実力を付けたかった荒井氏は1997年にオープンハウスを創業します。

高卒、大学2浪という学歴に関係なく実績を積み上げ、今や上場5年で売り上げ4倍を達成するなどオープンハウスは急成長を遂げました。

荒井正昭氏の気になる噂①|交友関係はホワイトなの?

急速な成長によって一気に注目度高めたオープンハウスに対し様々な噂が飛び交っています。
リーマンショックをも逆風に変えたオープンハウスは順調に右肩上がりを続けているため、どうしたら会社がこれほど成長できるのか知りたいという人も多いです。

荒井氏曰く、「オープンハウスは組織作りがうまくいっている」と語っており、中でも社員のモチベーションを維持することがまとまりのある組織作りの秘訣だと言っています。

事実、オープンハウスは非常に多様性のある組織です。
定年を過ぎても執行役員として活躍する社員もいれば、30歳の若さで執行役員を務める人もいます。

また、学歴に関しても東大法学部を出た官僚で、コンサル会社を経てオープンハウスに就職した社員もいれば、高校中退した元フリーターの社員もいるなど、実に様々です。

このようにどんな人でも前向きに働ける環境がオープンハウスの成長につながっており、幅広い人材が熱意をもって働けるように仲の良い交友関係を築ける会社を目指しているのでしょう。

かと言って、荒井氏自身は社員のモチベーションを上げる工夫は特にしていないそうです。
ただし採用の場面には絶対に顔を出し、誠実かどうかを見極めていると言います。
人と人とのつながりが重要な不動産業界だからこそ、誠実な人を雇うことが大事だと考えているそうです。

それでも、あり得ないスピードで成長していることから「厳しい教育でブラックな働き方になっているのではないか?」と疑問を抱いている人もいます。

また、Googleの候補キーワードには「ヤクザ」と出てきてしまうことから、社長の交友関係も気になってしまう人は多いでしょう。

しかし、一部上場企業の社長がヤクザであるとは考え難いですし、幅広いネットワーク力を活用してたくさんの方と信頼ある取引を行っているのですから、その噂は否定できるでしょう。

なお、荒井正昭氏の交友関係については詳しい情報は分かりませんでした。しかし、仕事に対する考え方などを聞いていると、荒井氏を慕う人は多そうです。きっと業界問わず幅広い人脈をお持ちなのではないでしょうか。

荒井正昭氏の気になる噂②|テレビとかメディアへの露出はあるの?

引用元:https://oh.openhouse-group.com/kanto/

様々な憶測や噂がネットを駆け巡っていますが、荒井正昭氏やオープンハウスがテレビに出演していないか気になる人も多いでしょう。

これまでにオープンハウスはテレビCMが放送されるだけではなく、ラジオや様々なテレビ番組でも特集されています。

これまでに取り上げられたメディアを確認してみると、社長がヤクザだと噂されているような番組はなく、そればかりか社員が熱意を持って一丸となり年収1,000万円というキャリア形成を楽しみながら、イキイキと働く姿が印象的となっています。

また、番組収録でVTRを見ていた俳優は「部活のような楽しそうな雰囲気を感じた」とも述べていました。

このように、テレビやラジオといった複数のメディアにも露出できるほどの、素晴らしい労働環境がオープンハウスにはあります。
楽しく働けること自体がモチベーションの維持につながっていると言えるでしょう。

荒井正昭氏の気になる噂③|オープンハウスのコロナ対策って問題ないの?

近年は新型コロナウイルスの影響によって積極的な営業を止めざるを得ない状況となっており、不動産業界では住宅イベントの開催も頻度を減らしているなど、売り上げの低迷につながっていると言っても過言ではありません。

そんな中でオープンハウスは、コロナウイルスを拡大させないための下記のような様々な取り組みを実施しています。

コロナ禍での取り組み

・各営業所やイベント・内覧会場にアルコール消毒液の常設
・接客スペースとキッズスペースは利用ごとにアルコール消毒を徹底
・接客テーブルに透明な仕切り板を設置
・室内換気のために出入口をできるだけ開放し空気清浄機も設置
・要望に応じてWeb面談で対応
・営業社員は携帯用消毒スプレーの所持を徹底
・社員に1時間ごとの手洗い・うがいルールの徹底
・社員の乗る車には飛沫防止のシートを設置 など

多くの取り組みによって安全が保たれていると感じられますが、こちらも人によっては「コロナ対策に力を入れているのはいいけど徹底しすぎて社員の負担になっている」「見ていて可哀そうになる」と感じる人もいるようです。

ブラックであるとの噂もありますが、事実このように万全な対策を行っているからこそ顧客の信頼につながっているのではないでしょうか

そしてオープンハウスは感染防衛策を二重、三重に施した安心感に加えて、コロナ禍であることを追い風にしようとしています。
感染を恐れて外出しづらい人のために、一軒家の魅力を伝えることに力を入れているのです。

リモートワークができる環境が備わった空間を作れること、自宅時間を楽しく過ごせる住宅づくりのコツなど、一軒家でしか得られない様々な魅力と建築時のアドバイスを伝えています。

まとめ

引用元:https://doda.jp/guide/tetsugaku/76.html

今回はオープンハウスの代表取締役社長、荒井正昭氏とその噂についてご紹介してきました。

荒井氏の学歴や経歴、オープンハウスを創業して以来の活躍に目を通してみると、周りを取り巻く悪い噂がなぜ出てくるのか疑問なほどホワイトな人物で、オープンハウスは働きやすい会社であることが分かります。

働きやすい環境は社員の成長につながる可能性を秘めています。
今後も社員のモチベーションが自然に上がる良い環境で、オープンハウスは成長していくでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。