小僧寿し元社長、木村育生の経営哲学を探る

木村育生

小僧寿しの元社長を務めていた木村育生氏は、
独自の経営哲学を持つ人物でもあります。

今回は、木村育生氏の経歴や経営哲学などを見ていく中で、
木村育生氏がどのような人物なのかを探ってみることにしましょう。

木村育生氏の経歴

小僧寿しの元社長を務めていた木村育生氏は、
1958年7月8日にこの世に生を受けました。

1982年には慶応義塾大学商学部を卒業後、
アメリカにあるミシガン州立大学へ留学します。

その後1984年には、テキサス州ヒューストンにある貿易会社に入社しました。

しかし、1985年2月には日本へ帰国し、
株式会社I.Q.Oを設立し代表取締役に就任したのです。

その後、株式会社I.Q.Oを設立は、ゼネラル通信工業株式会社、
株式会社インボイスと社名を変更していきます。

また2005年には、日本プロバスケットボールリーグ代表取締役会長に就任し、
自分自身の資産管理や運用をするための有限会社木村育生を設立しました。

株式会社インボイスは2005年にソフトバンクとの合弁会社株式会社インボイスとなり、
木村育生氏は代表取締役に就任しました。

その後、有限会社木村育生がイコールパートナーズ株式会社に変更されます。

そして、すかいらーくに対してTOBを行って株式会社小僧寿しの株式を取得し、
社長を務めることになったのです。

木村育生氏の経営哲学

多くの実績を残してきた木村育生氏は、独自の経営哲学を持っています。

次は、木村育生氏の経営哲学をご紹介しましょう。

木村育生氏は従業員を上手く使うことこそ、事業を成功へと導くために重要だと考えています。

そして、従業員を増やしていくことも肝要だと考えているのです。

会社が大きな利益を上げるためには、人手がある程度必要になります。

もしも大きな利益を得たいのに少ない従業員しかいなかったら、
一人ひとりの負担が大きくなり、プラスの結果を得ることは難しくなってしまうでしょう。

そのような状態になってしまうと会社を成長させることはできなくなってしまいます。

そのため木村育生氏は、従業員を増やし、従業員を上手く使うことが重要だと考えているのです。

このような考えを持っていることから、
木村育生氏が社長を務めている会社は一人ひとりの従業員が自分から動けるようになっています。

頑張ったらそれなりの報酬を出すなど達成感を与えられる仕組みもあります。

木村育生氏は、従業員のやる気を高められるような取り組みを経営の中に取り入れているのです。

木村育生氏が持つこれからのビジョン

若い時から様々な実績を残してきた木村育生氏は、
経営者としての才能がある人物だと言えます。

株式会社小僧寿しの本部取締役と社長を務めていた時期には、
小僧寿しの業績を高めることにも成功しています。

このことから、経営者としての手腕を発揮できる場で
大きな力を見せてくれる人物だということが分かるでしょう。

そんな木村育生氏は、現在クロスチェックという会社の代表を務めています。

クロスチェックでは、
請求を一元化した請求書の提案やWebサイトからの確認と発行、
不要な契約・問題点のチェックなどオフィス内の業務を効率化したり、
様々な問題を解決するために必要なサービスを提供しています。

これらの業務に対するサービスは今までありませんでしたが、
IT化が進む現在だからこそ大きな意味を持つサービスだと木村育生氏は考えました。

そのように新しいサービスを提供していくという意志を持っていることもあるので、
今後も様々なニーズに応えられるようなサービスを発信していくのではないでしょうか?

木村育生氏は様々な実績を残してきた人物です。

従業員を増やし、従業員を上手く使うことによって
企業は成長していくという経営哲学の持ち主でもあります。

その考えがあるからこそ、社長や起業家として実績を残せたと考えられます。