木村育生はいかにして社長になったのか|起業のやり方をまとめてみた

木村育生は慶応義塾大学商学部卒業後、
アメリカへの留学と貿易会社の勤務経験を経て株式会社I.Q.Oを設立するなど、
素晴らしい功績を残してきています。

現在は、企業に役立つ様々なサービスを提供する
株式会社クロスチェックの代表取締役社長を務めています。

現在は、起業は以前ほど難しいものではないと考えられるようになってきました。
今回は、社長として活躍する木村育生氏と、
起業のやり方を紹介しようと思います。

木村育生は起業家の1人

一昔前までは、会社の設立は事務所を設けるために初期費用として多くのお金がかかり、
専門知識や経験が必要不可欠でした。

木村育生は法人を設立して独立し、多様な事業を手掛けていきました。
彼は会社が従業員が豊かな暮らしをするためにあるものだと考えており、
働き方改革を踏まえ、従業員に寄り添った形で経営を行っています。

木村育生は初期投資や時間をかけて起業へと至っていますが、
近年はどのように起業するのが主流なのでしょうか?

現在は起業しやすい時代になっている

近年はAIをはじめとする技術の進歩や既存の産業構造の変化、
長寿命化の影響で起業を考える方が増えてきていると言われています。

特に最近では、一般のサラリーマンや主婦がフリマアプリを使って起業したり、
事務所を借りずに起業したりするケースも増えてきました。

中でも、コワーキングスペースを活用し、
事務所を借りずに起業する方法が一般的になりつつあります。

コワーキングスペースはオフィス環境の共有ができる場所のことで、
職業や仕事の異なる人々が集まってシェアできる場となっています。

コストをかけずに起業できるだけでなく、
周りにいる企業家とのコミュニティが築ける場としても親しまれており、
新しいビジネスチャンスを見つけることもできるでしょう。

また、資金調達法として注目されているクラウドファンディングは、
インターネットが普及した現代ならではの方法であり、
ネットで自身が手掛けるプロジェクトやアイデアなどに何らかのリターンを設け資金調達する方法です。

融資を受けたい場合でも、最近は起業家を後押しする動きが活発で、
良い条件で借りられるケースが多いです。

国や地方自治体においても起業家支援として補助金を用意しています。

独立したい方や自分のビジネスを展開していきたい方にとっては、
起業しやすい時代になっているのです。

現在の起業のやり方

事業承継で会社を購入する

近年は、労働者不足に伴い後継者が見つからずに悩んでいる会社も数多くあります。

そんな中、自分自身が会社を引き継いで社長になるという方法があります。

会社を引き継ぐという形を取ることによって、
コストや時間をかけずに始められるだけでなく、
取引先や実績、信頼なども構築された上で社長を務めることができるのです。

副業から始める

ネットを上手く活用してブログやSNSなどでアフェリエイトをしたり、
ネットショップを開設したりと、お金をかけずに始められる方法です。

副業として始めて、
将来的にそれが本業につながるようステップアップしていくこともできるでしょう。

SNSを活用して起業する

TwitterやInstagramなどのSNSで起業する方も急速に増えています。

スマホを持っていればどこにいてもいつでも起業できるため、
誰にでも始めることができます。

新しい何かを始めたいと思ったら、まず行動を起こさなければなりません。

木村育生は現在、株式会社クロスチェックの社長として幅広く活躍しています。

自分なりのアイデアや裁量を活かし、
事業モデルを考えた上で商品やサービスを作り上げていこうと考えたからこそ、
彼も起業に至ったのでしょう。

多額のコストをかけることなく起業しやすくなっている現代は、
木村育生のように自身が思い描く形を実現するチャンスが待っています。