その他

ビットコインボルト(BTCV)とは?坂本よしたか氏も絶賛。将来性や魅力に迫る!

世の中には様々な仮想通貨が存在していますが、その中でも注目されているのが「ビットコインボルト(BTCV)」です。

資産を保有するため、仮想通貨に興味がある人も多いでしょうが、その特徴について詳しく把握していなければ始めるのも難しいでしょう。

しかも、ビットコインボルト(BTCV)は、ジャンルにとらわれない資産構築のためのビジネスノウハウを多くの人に伝えている坂本よしたか氏にも絶賛されている仮想通貨です。

坂本よしたか氏が絶賛する理由やビットコインボルト(BTCV)の魅力についてご紹介していきます。

仮想通貨や坂本よしたか氏について興味があれば参考にしてください。

 

 

ビットコインボルト(BTCV)とは?

 

まずは、ビットコインボルト(BTCV)がどんな仮想通貨であるのかをご紹介していきます。

基本データとしては、開発した組織はMINEBEST 社です。

アルゴリズムはProof of Work、承認目安時間は約10分と比較的短いです。

半減期は約6ヶ月、上限発行量は2,100万枚となっています。

ビットコインボルト(BTCV)が誕生した理由としては、仮想通貨の代表格とも言えるビットコインが関係しています。

名前に「ビットコイン」が付いているため、ビットコインと関係性があると思われるかもしれませんが、関係性は一切なく独自開発された仮想通貨です。

今や知らない人がいないと言っても過言ではないビットコインですが、安全性はまだまだ不十分と言われています。

ビットコインが持っている問題点を解消し、高い安全性能を持たせた仮想通貨が必要とされ、2019年12月にビットコインボルト(BTCV)が誕生したのです。

 

 

坂本よしたか氏とは?

 

次に、ビットコインボルト(BTCV)を絶賛している坂本よしたか氏について見ていきましょう。

坂本よしたか氏は、事業を展開しているだけではなく著書も販売しベストセラーを叩き出しています。

裕福なイメージもあるでしょうが、幼少期は極貧生活を強いられていたそうです。

1973年に愛知県で生まれた坂本よしたか氏は、両親が経営していた飲食店の売り上げが悪くなり、6歳の頃に夜逃げをしました。

その後は貧乏な生活をしながらも中学校を卒業し、様々なアルバイトを経験していったのです。

飲食店では、寝る時間も惜しんで働いたことで1年という短期間で店長になることができ、100万円もの月収を得たのです。

しかし、その後社内で派閥争いが起き、巻き込まれたことで退職することになりました。

その後も、別の会社に就職しましたが倒産したことで、32歳でコンサルタント会社を設立し事業を展開していったのです。

順調に事業を展開していった坂本よしたか氏ですが、詐欺被害に遭ったことで1,700万円もの借金を背負うことになり、再び人生の危機に陥ります。

様々な方法で借金返済のための手段を模索していた坂本よしたか氏ですが、ある日Amazonを活用した転売を知りました。

ゲームせどりから始めた転売は、2ヶ月後に月商1,000万円となり、半年で月商2,400万円も稼ぐようになったのです。

その後も、順調にAmazon転売を行い、抱えていた借金を全額返済することができました。

自身が成功した経験を世の中に発信すべく、坂本よしたか氏は自らが持っているノウハウを多くの人に教えるため、独自のツールを作成し、情報発信をしていきました。

その結果、5,000人以上の人々に総額300億円以上も稼がせることに成功したのです。

その後も、まだ発展を見せていない仮想通貨に注目し、同じように資産構築のための技術を提供し、多くの人たちの資産を増やしていきました。

 

 

坂本よしたか氏が絶賛する理由

 

資産構築の仕方を提供している坂本よしたか氏がなぜビットコインボルト(BTCV)を勧めているのか、その理由についてご紹介していきます。

坂本よしたか氏は、「ビット長者量産プロジェクト」と呼ばれるビジネスを展開しています。

多くの人が利用しているLINEを活用して多くの情報を発信しているのです。

そのビット長者量産プロジェクトにて、ビットコインボルト(BTCV)を絶賛しているのです。

多くの人に知られている仮想通貨のビットコインは半減期を迎えています。

そんな中で「超巨大バブルがスタートしている」とし、ビットコインボルト(BTCV)を紹介しています。

今後価格が上昇する見込みで、資産構築が期待できるとしているのです。

なぜ、ビットコインボルト(BTCV)を注目しているのか、その理由についても、坂本よしたか氏は説明しています。

1つ目は、ビットコインが持っている課題をBTCVがクリアしている点です。

ビットコインは、少数ホルダーによる独占状態な点や取引の取消ができない点がデメリットでした。

しかし、BTCVはその2つのデメリットを解消しています。

また、2つ目にハッシュレートの上昇が挙げられています。

ハッシュレートとは、マイニングの速度を意味しているのですが、BTCVはその速度が上昇しているのです。

そして最後は、BTCVの半減期が関係しています。

ビットコインは半減期が4年ですが、BTCVは6ヶ月という短期間です。

そのため、短期間での価格上昇が期待できると坂本よしたか氏は考えています。

 

 

将来性や魅力とは?

 

坂本よしたか氏も絶賛するビットコインボルト(BTCV)の魅力をさらに解説していきましょう。

 

【セキュリティの高さ】

仮想通貨を始めるにあたり、セキュリティ面において不安な点があり、スタートできない人も中にはいたでしょう。

しかし、ビットコインボルト(BTCV)はセキュリティの高さに定評があります。

通常、仮想通貨には「秘密鍵」と呼ばれる資産を管理するためのカギが存在しています。

一般的には秘密鍵は1つなのですが、ビットコインボルトは3つ設定しているのです。

秘密鍵が1つであれば、鍵の盗難や紛失によって資産を失うリスクがあります。

しかし、3つもあることでそのリスクを減らすことができます。

高い安全性があることで安心して利用できるでしょう。

 

【承認時間を選べる】

送金した際の承認時間は、約10分となっていますが「24時間」にすることも可能です。

時間が長くなることでメリットがあるのかと考える人もいるでしょうが、24時間にすることでハッキングのリスクを抑えているのです。

ハッキングされた場合には盗難される可能性もあり、資産を安全に保有することはできません。

しかし、承認時間を長くすることで欠点を補うことができるため安心して活用できるのです。

 

【取引をキャンセルできる】

坂本よしたか氏も絶賛する理由に挙げていましたが、ビットコインボルト(BTCV)は取引の取消が可能です。

送付先のアドレスだけではなく、送付額を間違った場合ビットコインでは取り戻すことが難しかったです。

しかし、BTCVであれば取引をキャンセルできる猶予が24時間あります。

間違った場合だけではなくハッキングといった緊急事態にも安全にキャンセルできるでしょう。

 

こうした様々な魅力があることで、ビットコインボルト(BTCV)は誕生してから期間が経っていないにも関わらず、多くの人たちに注目されています。

今後も、知名度を上げられるようなアクションが起きることで、成長が見込めると考えられるので、動向を注目していきましょう。

 

 

ビットコインボルト(BTCV)は、ベストセラーとなる億万長者シリーズを生み出した坂本よしたか氏にも注目されている仮想通貨です。

今後、さらに注目され取引所に上場することでさらなる発展が見込めます。

ビットコインの欠点を無くしたビットコインボルトは将来性もあるので、仮想通貨を始めようと考えているのなら検討してみるといいでしょう。

魅力と価値が認められれば大きな資産を構築できることになります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。